Rosa†Antica(ロサ・アンティカ) - アンティーク・レトロ雑貨店店主、女優、人形作家、由良瓏砂のブログ

12« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »02
01

10

04:00
Fri
2020

No.0289

《哲学者の薔薇園》オカルティズム講座第八回「黄金の夜明け団の儀式魔術」レポート

12月はかなりのイベントの多さに、ブログに書きたいことも全然書ききれなかった感がありますが、オカルティズム講座のレポートだけは外せない!
遅くなりましたが記しておきます。
12月20日は本来、大野英士先生による「オカルティズム文学の系譜」を開催予定だったのですが、大野先生と連絡がつかず、急遽中村心護氏にお願いしたのが11月も終わりのこと。
快くお引き受け下さった中村氏には、本当に感謝の言葉もありません。
ゴールデンドーンは、そもそも講座スタート時に12ヵ月分のカリキュラムを作成した時点で取り上げる予定だったのですが、私も長南氏もそこまで詳しくないのでどうしよう、と考えた末、今期は取りやめることにしたのでした。
その後、ゴールデンドーン系の魔術師である中村氏と講座を通じて知り合い、お願いできることになったので、なるようになったという感があります。

オカルティズム講座では、講義と実践のどちらも行っていきたいという私の意向があるのですが、中村氏の提案もそれに沿ったものでした。
つまり、小五芒星の追儺儀式を皆でやりましょう、と言うのです。
いつも通り、スライド資料も作ってきて頂き、プロジェクターで投影しながら進めました。
この日のドリンクは、黄金の夜明け団がイギリスの団体なので紅茶で、とのことでしたので、クリスマスが近かったこともあり、ルピシアのクリスマスブレンド「ノエル」をお出ししました。

黄金の夜明け団の儀式魔術20191220_200110_0020

まずは、黄金の夜明け団(The Hermetic Order of the Golden Dawn)についての説明から。
黄金の夜明け団は、フリーメイソンのメンバーであった3名、ウィリアム・ウィン・ウェストコット、マグレガー・メイザース、ウィリアム・ロバート・ウッドマンによりイギリスで設立された魔術結社で、活動期間は1887年から1905年まで。
カバラの生命の樹を、教義の中心としています。

黄金の夜明け団に加入すると、まず魔術名(マジカルモットー)を付ける事になります。
例を挙げると、ウエストコットは「賢明なる勇気」、クロウリーは「ペルデュラボー(我耐え忍ばん)」など。
中村氏の魔術名は「アイビス」で、朱鷺の意味だそう。
前にいた魔術団体でも、鳥の名前を付けておられたそうです。

黄金の夜明け団の位階制度では、生命の樹になぞらえた10の位階が採用されています。
実は、この組織は三つの団によって成り立っており、「黄金の夜明け」はファーストオーダーのみを指すそうです。
セカンドオーダーは「紅薔薇黄金十字」と呼ばれる上位階級、サードオーダーは霊的存在のみ所属できる階級です。

また、組織で行われるのはイニシエーション(秘儀参入)と呼ばれる儀式。
この儀式を通じて、自分の中にいる様々な構成要素を統合します。
統合には以下の三種類があります。
目的は、人間としてのポテンシャルを最大限に発現することです。

魔術的統合=浄化、聖別、統合
錬金術的統合=分離、純化、再結合
心理的統合=分析、直面、個性化(自己実現)

また、カリキュラムには、以下のようなものがありました。

理論:四大、象徴、占術、瞑想、タットワ、カバラ
セレモニアル・マジック:集団で行う
リチュアル・マジック:個人で行う
実践:LBRP(小五芒星の追儺儀式)

つまり、ファースト・オーダーで行える魔術は、LBRPのみ。
セカンドオーダーでは、以下の実践が行えます。

プラネタリー・マジック、召喚魔術、エノキアンマジック、ゲーティア

ちなみにクロウリーの魔術名は、既に高度な実践を行っていた彼が、いつまでもそれをやらせてもらえないことにじっと耐えていた為に付けたのだとか(笑)。
黄金の夜明け団のメンバー間の軋轢のお話なども、面白かったです。
例えば、師匠マグレガー・メイザースと弟子アレイスター・クロウリー、その秘書イスラエル・リガルディー。
師匠モイナ・メイザースと、その弟子ダイアン・フォーチュン。
魔術師たちはどういう訳か人格破綻者が多かったようで、唯一?まともだったフローレンス・ファーは、耐え切れずやめてしまったのだとか。

時間ぎりぎりまで講義を行ってから質問タイム、最後に実践です。
私が家から持参した魔術用具も合わせ、杖、短剣、聖杯、香炉、燭台、ベルなどを、テーブルのそれぞれの方角に合わせてセッティング。

黄金の夜明け団の儀式魔術20191220_200110_0016

中村氏が一通りお手本を見せてから、皆立って、東西南北を向き短剣代わりに手刀で五芒星を切り、呪文を唱えました。

黄金の夜明け団の儀式魔術20191220_200110_0012

小五芒星の追儺儀式で行うのは、場の浄化です。
私は呪文は低く振動させる方なのですが、中村氏は英語で唄うように唱えていて、非常に格好良かったです。
これが正解、というのはなく、魔術師によって唱え方が異なるのだとか。

黄金の夜明け団の儀式魔術20191220_200110_0008

今回の講座は、私には非常に分かり易く面白かったです。
中村氏は他の場所でも魔術講座をされているので、そのうち伺ってみたいと思います。

黄金の夜明け団の儀式魔術20191220_200110_0015

さて、今月1月17日は、今までも度々登場しているカバラがテーマ。
といっても広すぎるので、概略をざっとお話した後、タットワ瞑想を実践しようと思います。
講師は私、由良瓏砂です。
ご予約フォームはこちらになります。
初めての方も大歓迎です。是非いらして下さいませ!

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
01

05

23:29
Sun
2020

No.0288

エディプスの禁忌

開けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

本来でしたら、新年のご挨拶と共に、今年の抱負などを書き記したいところですが、noteに先に書いてしまいました。
宜しければそちらをお読み頂ければと思います。

そして昨年はシェアスペースSENさんの「ねこの下僕」展で幕を開けましたが、今年は有難いことに、8月のクトゥルフ展に引き続き、ギャラリー幻さんでの企画展「エディプスの禁忌」にお誘い頂きました。
今回私は旧作の姉妹の人形「テルル」と「セレン」他、大好きなジャン・コクトーの「恐るべき子供たち」をモチーフにした作品を出展予定です。
また、レセプションでは速瀬れい作「銀の螺旋の夜」「金の孔雀の夜」を朗読させて頂きます。
お気軽に遊びにいらして下さいませ!

**********
Gallery 幻 では近親愛をテーマとした企画展「エディプスの禁忌」を開催いたします。
ギリシア神話のオイディプス(エディプス)は父を殺し母と婚姻するという預言のもとに生まれた。そして、事実その通りの運命をたどることになった。
子供が異性の親に性愛感情を抱き、同性の親に嫉妬や憎悪する――人間の成長過程に内在するそんな近親相姦的欲望と葛藤をフロイトは「エディプス・コンプレックス」と呼んだ。呪われた宿命として万人の無意識にあらかじめ刻み込まれた預言。多様な性愛の形が称揚される現在にあっても忌避される近親愛。そのことが返ってその欲望の根源性を示している。
一方、近親愛は推奨すべき神聖なものとされることもある。民俗学者・柳田國男は古代より女性が男性の親族や近親者に呪術的な力を付与するとされていたことを「妹(いも)の力」と名付けて論じている。家族的愛情を越えた霊的な繋がり。切れることのない絆にして逃れられない呪い。
かつて、澁澤龍彥は近親愛を自己愛の変形と見抜いた。近親愛への想像力は誰よりも近く永遠に別れられない肉親、つまり自分自身への洞察を常に孕んでいる。それゆえ、近親愛はこれまで多くの文学や芸術にイマジネーションを与え、傑作を生み出してきた。澁澤はまたそんな近親愛を「手の届かない永遠の未来に突き放すべき真のユートピア」と讃えてもいる。その届かない文学的ユートピアを継承すべく、ここに作家8名による作品展を開催する。



会期 2020年1月10日(金)-1月26日(日)
休廊日 火・水曜
時間 15:00-20:00
観覧料 無料

出展 川口ヱリー / 瀧川虚至 / 艶子 / Dollhouse Noah / 七菜乃 / 古川沙織 / 真子 / 由良瓏砂

企画・会場 Gallery 幻 >>地図・アクセスはこちら

SNS用ハッシュタグ: #エディプスの禁忌

★レセプション
1月18日(土) 17時~20時
•参加費:1,000円(1ドリンク付) / 予約不要 / 差し入れ歓迎
•参加予定作家:未定
•平服&立食の親睦会。一般のお客様どなたもお気軽にご参加ください

★作品通販
•当店オンラインショップにて >> https://gallerymaboroshi.booth.pm/
•受付期間
1月19日(日)12:00 - 1月26日(日)17:00

★特別カフェメニュー
展示の世界観をイメージしたカフェメニューが登場
※詳細準備中

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
12

26

23:23
Thu
2019

No.0287

椿山荘ル・ジャルダン アフタヌーンティ

毎年、私のお誕生日からクリスマスとお正月、そして相方の誕生日まで、怒涛のうちに過ぎゆく3ヶ月なのですが、振り返ってみると、今年の11月12月は例年にも増してイベントの多い月だったように思います。
そんな中の11月23日、小松さんが株主優待券で割引になるというので、椿山荘ロビーラウンジ、ル・ジャルダンのアフタヌーンティに行ってきました。
知人の中元かおりさんがデザイナーを務めるクラシカルなアパレルブラント、セラフィムが私は大好きで、セラフィムのお洋服で揃えたお茶会をやりたい、と前々から思っていました。
それで、お茶会のドレスコードをセラフィムにしましょう、と提案していたのですが、結局参加者があまり多くなかったこともあり、この日は諦めることに。
前夜にセラフィムから急遽変更し、今は無きアパレルブランド、田園詩のクラシカルなスエード調ワンピースに、ベロアのヘッドドレスという装いにしました。
人気のアフタヌーンティにもかかわらず前もっての予約が出来ないそうで、小松さんに早めに行って席待ちをするようお願いされた私は、小雨の降る中約束の時間より30分程早く、江戸川橋の駅で降りて椿山荘へ。
ロビーラウンジ「ル・ジャルダン」受付でウェイティングリストに入れて頂き、どのくらいで入れるか聞いたところ、約1時間半くらいとのことでした。



ロビーには大きなクリスマスツリーがあり、その前にはクリスマスの町並みを再現したアンティークなジオラマが設置されています。
町には列車が走り、遊園地の遊具が動いていて、とても楽しそう。見ていて飽きません。

20191123_191127_0011.jpg
20191123椿山荘_191226_0033

そういえば以前、向かいの東京カテドラルのクリスマス・ミサに行った時、ミサまでの時間をル・ジャルダンで過ごした時がありますが、その時もこのジオラマを見た記憶があります。
その時は、ラウンジで女優の銀粉蝶さんが歌っていたのが印象に残っています。
ロビーには、リュージュのオルゴールを納めた飾り棚もあり、シンギングバードやクリスマス・ベルなど、流石のコレクションと思わせられました。

20191123_191127_0005.jpg

やがてメンバーが集まり出しました。
そのままロビーで待つこと1時間ほど、電話で呼ばれ、いよいよラウンジに入ります。 
この時期のアフタヌーンティメニューは、柚子レモンアフタヌーンティ。
お飲み物を聞かれてメニューを開くと、フレーバーティやハーブティも並んでいます。が、まず最初はオーソドックスにダージリンにしました。
ドリンクはポットサービス。しかも、お代わり自由というのがとても嬉しいです。

20191123_191127_0010.jpg

ケーキスタンドには、二人分のフードが盛られています。
定石通り、三段になったケーキスタンドの一番下から食べ始めます。

20191123_191127_0009.jpg

ぷみさんが、下から順に食べて戻ってはいけない、というルールがあるのだと教えてくれました。
柚子やレモンを使用したお菓子たちはどれも魅力的でしたが、アフタヌーンティで最も心が躍るのは、やはりスコーン。
バニラ&柚子と、ホワイトチョコレートの2種類があります。
ドリンク2杯目は、アーモンド&チェリーのフレーバーティを頂きました。
期せずして、1、2杯目のセレクトが、ぷみさんと一緒でした。
この辺りで、こじんまりして見えたアフタヌーンティセットが、意外とボリュームがあることに気付きます。
粉ものが多いからね、と言われましたが、そんなものでしょうか。
ドリンク3杯目は、柚子の和の香とさっぱりした甘さに合うかなと、緑茶ベースのブレンドである、モルゲンタウをオーダー。
マンゴーの天然アロマと、薔薇の花びらがブレンドされているそうです。
食べ終わった時には、お腹がパンパンになっていました。
紅茶が全体的に少し薄めだったのが気にはなりましたが、とても優雅なひとときを過ごさせて頂きました。

20191123椿山荘_191226_0016

3月まで有効な優待券はまだありますし、アフタヌーンティも12月はホワイト、1月はベリーベリーと変わっていくようなので、また行きましょう、と約束して解散。
今度はセラフィムのお洋服で集まれたらよいな、と思います。

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
12

21

23:53
Sat
2019

No.0286

サバイバルゲーム in Hill's

11月半ばの日曜、いつも絵画モデルを務めさせて頂いている洋画家の野川さんにお誘い頂き、サバイバルゲームに行ってきました。
昔、職場のサバゲチームに入っていて、スナイパーをしていた私ですが、職場を離れてからはすっかりサバゲに行く機会もなくなってしまいました。
銃を撃つのも、去年だったかに吉祥寺のシューティングバーに行ったくらい。
その時も、命中率が格段に下がっていたのにショックを受けました。
フィールドのやぐらの2階に置いてある缶を、1階の通路から狙撃して見事落として皆にびっくりされたスナイパーの腕は、見る影もありません。

野川さんとは、前のチームのメンバーが一緒にサバゲをしていましたが、私がご一緒するのは初めてです。
本当は10月に行く予定だったのですが、台風で翌月に延期となりました。
ご一緒したのは同じく野川さんの絵画モデルをしているオルガさん。
野川さんとオルガさんは、6月くらいに一度ゲームに行かれたそうです。
朝、北上尾駅のターミナルに集合。
野川さんの車に拾ってもらい、上尾Hill'sというフィールドに向かいます。
ところがなんと、マラソンの列が横切るのに引っ掛かってしまいました。
列が途切れるまで、待つこと小一時間・・・。

やっと到着したのは、もうお昼も近く。
装備を整え、スタッフの方の説明を受け、もうお弁当が来たので先にお昼にすることにし、食べてからまずは試射。
野川さんは銃をハンドガンも入れると6、7丁も持ってきて下さっていて、オルガさんと私に貸して下さいました。

サバゲ_191221_0007

最初にお借りした銃はフルフェイスゴーグルにぶつかって上手く構えられなかったので、トンプソンをお借りしました。

サバゲ_191221_0005

参加者は、赤と黄の2チームに分かれてゲームをすることになります。
各チームの人数は、30人くらいでしょうか。私達は黄チームになりました。
午後の最初のゲームは、スパイ戦という、味方の中に敵のスパイが数名混ざるといういきなりトリッキーなゲームでした。
各チームが並び、後ろ手を組んで目を閉じます。
スタッフさんが手を握った人がスパイです。
スパイが決まったところで、各チーム砦に集まり、ゲームスタート。
障害物に隠れて相手チームと撃ち合うのですが、他の人と同じところに隠れてしまったので、すぐ傍にいる人がスパイだったらどうしようとヒヤヒヤ。
結局跳弾にやられて退場しました。
跳弾が結構馬鹿にならず、大体これにやられます。
野川さんが「障害物から少し離れた方がいいよ」とアドバイスして下さったので、そうしたらかなり当たりづらくなりました。

サバゲ_191221_0001
銃を構える野川さん。流石、様になってます。

スパイ戦の後はフラッグ戦、殲滅戦など何ゲームかやりましたが、どうも突撃できません。
ついつい同じ障害物に取り付いたまま、その場でゲーム終了するか、退場する羽目に。
これが勘が鈍るということか!と言う感じです。(まあ、チームに居た頃も3回位しか遊んでいませんが)
人数が多くて出にくかったというのものありましたが、オルガさんはかなり前に出ていて、凄いなと思いました。
あとは相手の場所が分からない!特に塹壕の中。
とこから撃たれた弾か分からない弾に被弾して退場というのは、結構悔しいものがあります。

そんな感じで全然活躍できないまま終わってしまいましたが、でも楽しかった!
レギュレーションの問題で以前使用していたM16が使えなくなってしまったので、新たな自分の銃が欲しくなりました。
また機会があったら行きたいと思います。
お誘い下さった野川さん、ご一緒して下さったオルガさん、有難うございました!

サバゲ_191221_0002

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
12

19

02:16
Thu
2019

No.0285

アンティークフェアin新宿 第36回、開催されます!

会場側の都合で、突然開催中止となったアンティークフェアin新宿
会場を変更し、無事開催の運びとなりました。

new-top05.jpg

日時:2019年12月24日(火)・25日(水)・26日(木)の3日間、11~18時(最終日~17時)

場所:ベルサール新宿セントラルパーク
    東京都新宿区西新宿6-13-1 ベルサール新宿セントラルパーク

36area-s.jpg

ロサ・アンティカのブースは、A-5になります。

西洋アンティーク中心の骨董市としては長い歴史を誇る、アンティークフェアin新宿。
なくなってしまうのはあまりに惜しいイベントですので、続行が決まってほっとしました。
主催の長部さんはじめスタッフの皆様には、本当に感謝です。

お客としても何度も通ったし、出店し始めてからは今回ではや9回目!
そんな大好きなイベントです。
アンティークといってもかなりお値打ちな品々も沢山あり、ワンコインで買えてしまうものもありますので、お散歩がてら是非いらして頂きたいです。
丁度クリスマスですので、クリスマスプレゼントを探しに来られてはいかがでしょう。

EMDbd_6UEAIvXLe.jpg

ロサ・アンティカでは、いつものお人形と西洋雑貨、アクセサリの他、布類も少しお持ちします。
割とたっぷり目の生地もありますので、お洋服を作られる方にもお勧めです。
家具の張り替えや、撮影用などにも。

皆様、会場でお会いしましょう♪

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村