Rosa†Antica(ロサ・アンティカ) - アンティーク・レトロ雑貨店店主、女優、人形作家、由良瓏砂のブログ

07« 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »09
08

19

04:57
Mon
2019

No.0262

真夏のホラーナイト!

8月末に急遽参加することになったイベントが2つ程ありますので、日程も間近ですが、告知させて頂きます。
まず一つ目は、野毛のゴシックバープラシーボで開催の、《真夏のホラーナイト!》。

プラシーボのマスター、だいすけさんとの出会いは、数年前に遡ります。
中華街のギャラリーソコソコでのグループ展に参加した際に、お客で来られていたのです。
しかし、お店には伺う機会のないまま、数年が過ぎました。
友人がプラシーボにたまにお手伝いに行っていると聞き、それなら遊びに行きたいな、と思ったのが去年くらい。
今年になって、横浜に用事があって行った時に初めてプラシーボに立ち寄り、妖し気な雰囲気と細部に到る拘りが、すっかり気に入ってしまいました。
棚に並んだハーブの充実度が、並大抵ではありません。
オリジナルカクテルはタロットカードや12星座、ギリシャ神話の神々をモチーフにしていて、いずれも気になるものばかり。
シーシャのフレーバーも色々あり、楽しめます。
だいすけさんとスタッフたぬきさんは、《哲学者の薔薇園》にもいらして下さいました。
先月、とある撮影でお店を使わせて頂いたのですが、その時「ホラーナイトで朗読か何かやりませんか?」とお声掛け頂きました。

朗読作品ですが、アンブローズ・ビアスの作品か、蘭郁二郎の作品かで迷っております。
もしかしたら両方読むかもしれません。
入場料等はかかりませんので、お近くの方、お気軽に遊びにいらして下さいませ!

**********
《真夏のホラーナイト!》

EB0gxTRUEAAvKRN.jpg

日付:8月19日(月)~24(土)
場所:ゴシックバー・プラシーボ
    神奈川県横浜市野毛町1-5 港興産ビル1号館 2F
    045-242-1322
参加アーティスト:櫻井園子、太田翔、NeQro、由良瓏砂、王冠作家YUMIKO

8/21(水)19:30位から、ホラーストーリーを朗読します。
由良瓏砂デザイン・制作のatelier Asphodelのアクセサリの販売もございます。

PB030959.jpg

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
08

16

15:22
Fri
2019

No.0261

うかい鳥山 ほたる鑑賞お食事会

先月、山の中で深夜まで及ぶ撮影がありました。
車に戻ってさて帰ろう、という時「蛍がいる!」とちょっと騒ぎになりました。
私は残念ながら見えなかったのですが、木の上の方で光っていたみたいです。
「蛍見るの初めて」という方が何名かいて、鎌倉で何度か見たことのある私は、そうか蛍って珍しいんだ、と思いました。
子供の頃は何匹か捕まえてきて、虫かごで飼っていたこともあります。
とはいえ、考えてみたら私もここ何年か見ていません。最後に見たのは、いつだったかしら・・・。
光るものが大好きな相方も喜びそうだな、と蛍の見られるイベントを調べてみました。
椿山荘は終わっていましたが、私がずいぶん前から気になり続けている(こちら参照)うかいグループの、うかい鳥山亭で8/18まで、蛍が見られるとのこと。
これは行くしかない!と《哲学者の薔薇園》周辺の方々を中心に、賛同者を募りました。
ドレスコードは「和装」。
今年は着物を極める、と言いつつ1月以降全然着ていない私には、着物を着る絶好のチャンスです。

サイトを見てみましたが、部屋数や席数の情報がありません。
予約の時に「8名の個室ならお取りできます。それ以上ですと12名です」と言われ、人数が確定したら連絡します、ととりあえず8名の個室を予約。
結局当日は7名になったので、ちょうど良かったです。

夏の着物をしばらく出していなかったので、何があったかな、と前日くらいに確認すると、持っていた筈の単の着物が殆ど見当たりません。
浴衣にしようかな、とも思いましたが、高級なお店に行くのですからやはり着物で行きたいところ。
一番涼しげな蝶柄の着物に、帯揚げ代わりのスカーフとブローチで、洋風テイストを加えました。

18時からの予約でしたが、バスが00、20、40分初とのことなので、念の為17:15集合に。
ここで時間通りに集まったのが4名。
20分のバスで、先に向かいます。
バスはマイクロバスではなくて、観光バスのような大型のバスでした。それが1時間3回も走っているのだから、お客の多さが分かります。
途中「うかい竹亭」でお客を降ろし、そこからはすぐでした。駅からは10分くらいでしょうか。

2019811うかい鳥山亭_190812_0025

着いたとたん、まるで古都の町並みのような、風雅な建物の数々に唖然としました。
山の中にこんな場所があるなんて、まるで隠れ里です。

2019811うかい鳥山亭_190812_0026

苔むした門を入ると、入口に大きな水車がありました。

2019811うかい鳥山亭_190812_0030

うかい鳥山亭のエントランスは、ホテルのような開放的な場所で、物販コーナーが併設されたウェイティングスペースもあります。

2019811うかい鳥山亭_190812_0023
皆が揃う前の一枚。

やがて、次のバスで2名到着。お部屋に案内して頂くことにしました。
参加者7名中5名が和装です。
男性2名の浴衣がアリス柄と宇野亜喜良デザインという素敵センス!
スタッフさんについて歩いていくと、「鮎焼き小屋」があったり水車も幾つかあったり、とにかく敷地が広大。

2019811うかい鳥山亭_190812_0034

広さを聞くと、なんと敷地面積6000坪、座敷数は150近いとか!!
席数は一体何席あるのでしょう。本当に驚きました。
うかいグループは「とうふ屋うかい」からスタートしたものと思っていましたが、ここ鳥山亭が発祥なのだそうです。
調べてみたら、1964年創業とありました。

2019811うかい鳥山亭_190812_0033

案内された個室の外にも池があり、錦鯉が泳いでいます。
殆どの方が日本酒が飲みたいということで、竹に入った竹酒を注文。
私はソフトドリンクの、梅蜜の水割りにしました。

2019811うかい鳥山亭_190812_0035

お飲み物が運ばれて来たあたりで、最後の一名が到着。コースがスタートしました。
この日のメニューは、「いろり炭火焼き 鶏・佐久鯉の洗いのコース」

2019811うかい鳥山亭_190812_0036

まず運ばれて来たのは、先付けの長芋そうめん、胡麻豆腐、冬瓜、海老もろこし揚げ。
包丁で切っているという長芋そうめんの細かさ!まさに職人技です。
彩り、喉ごし、食感、味わいの全てが計算しつくされた美しさでした。

2019811うかい鳥山亭_190812_0037

向付は、佐久鯉の洗い。
氷の上に並べられた花弁のような鯉が、これまた美しい。
1週間ほど前から、地下水で泳がせているのだそうで、臭みがなく甘みが感じられるお造りでした。
手前は蓮の実。初めて食べた気がしますが、シャキシャキした不思議な食感でした。

2019811うかい鳥山亭_190812_0038

次に、鮎の塩焼き。柔らかいので丸ごと食べられます、とのことで、頭から齧ります。
野趣豊かな、滋養に満ちた一品でした。

2019811うかい鳥山亭_190812_0039

次はいよいよ炭火焼き。
スタッフさんによって運ばれて来た炭と網がセッティングされました。
籠いっぱいの食材から、まずはじゃが芋串が置かれます。
続けて大きな鶏串。焼け具合を見ながら、一通り焼けたらたれを付けて再度焼きます。

2019811うかい鳥山亭_190812_0040

椎茸は焼くのは片側だけで、旨みが窪みの方に溜まるのだそうで、これが本当に美味しい。
手羽中、獅子唐と、一通り食べるとお腹いっぱいなりました。
鶏つくね汁を頂いたら、あと一歩。

2019811うかい鳥山亭_190812_0041

麦とろご飯、味噌汁、香の物は量が控え目だったので、何とか食べ切りました。
そういえばとろろに麦を合わせるのって、何故なんでしょうね。

2019811うかい鳥山亭_190812_0042

水菓子は水ようかん。楓の葉が敷かれています。

お食事が終わったのは、21時過ぎ。
最終バスが21:50だそうなので、それまで蛍を鑑賞できます。

2019811うかい鳥山亭_190812_0001

両側に色とりどりの行灯が置かれた、水路の上に渡された板を歩いていくと、水辺に蛍が光っている、はずなのですが、最初は明るくて良く見えません。
でも水路の入口に蛍小屋が設置されていて、その中に沢山飼われているらしく、かなり間近で蛍を眺められました。
奥まで行くと蕎麦を打つ為の水車小屋があり、線香花火が置いてあります。

2019811うかい鳥山亭_190812_0004

花火を楽しんでからまた水路を戻ると、今度はところどころに、小さな明かりが見えました。
今いるのはゲンジボタルよりも小さなヘイケボタルなのだそうで、明かりもごく控え目なのです。
予想を遥かに上回るお店とお料理、おもてなしの素晴らしさを満喫して、帰路に着きました。
うかいグループのお店、都心にも何軒かあります。
きっとまた行こう、と思いました。

2019811うかい鳥山亭_190819_0047

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
08

06

23:58
Tue
2019

No.0260

夏の温泉旅・後編 草津

翌日は、父の立てる物音で目が覚めました。
時計を見ると、まだ5時台です。
いくら私が最近早起きになったとはいえ、短時間睡眠の日が続いているのでもう少し寝たいなあ、とごろごろしているうちに、日が高くなってきました。
父はさっさとお風呂から上がり、「天気良くて気持ち良いから朝風呂行ってきなよ」と私と母に声を掛けつつ、「散歩に行ってくる」と出掛けてしまいました。
そう言われたら行かなきゃ勿体ないかな、と私もお風呂へ。
昨夜とはうって変わった眩しい日差しの降り注ぐ露天風呂は、またも貸し切り状態。
しばしのんびり浸かった後、朝食までまだ時間があったので、少し歩いてみることにしました。

manza0033.jpg

「牛池」という標識が出ている方に少し歩くと、すぐに山道になり、大きな洞のある木の根があったり、少し広くなっているところにベンチのようなものが置いてあったりします。
このまま池まで行きたいところでしたが、朝食の時間が迫っていたので、旅館に戻りました。

manza0034.jpg

朝食は、やはり豪華でしたが、量的にはそこまで多くもなかったので、夕食の時には遠慮したお味噌汁と御飯も頂きました。
この日は草津に行くのだそうで、10時前くらいに出発。
万座温泉の湯畑の前を通りました。荒涼とした岩肌が剥き出しで、硫黄の臭いが強く立ち上っています。
硫化水素ガスの為、立入禁止になっているようです。

manza0037.jpg

万座温泉から草津温泉までの途上には、白根山があります。
昔、湯釜の辺りをハイキングして、本当はいけないのですがモウセンゴケを採取したことがありました。
しかし、白根山方面への分岐点の三叉路になっているところで、警備員さんに止められました。
「知ってますか?」何のことかと思ったら、彼は一枚のプリントを手渡してきました。
それには、「草津白根山周辺通行規制のお知らせ」とあります。
白根山は2018年に噴火していて、現在、噴火警戒レベル2の為、湯釜を中心とした半径1kg圏内は、駐停車禁止なのだそうです。
また自転車、オートバイ、オープンカーの通行も禁止です。

この通行規制区間のドライブが、今回の旅行で一番印象に残った体験になりました。
湯釜の水は、相変わらず美しいエメラルドグリーンだったのですが、あちこちにドライブインや駐車場が打ち捨てられていて、もの寂しい様子です。
ドライブインの一角には、トンネルのようなシェルターがあります。噴火の時に降ってくる土砂を避けるのでしょう。
ところどころで工事をしていて、赤信号で止められたのでそのタイミングで写真を撮りました。

manza0041.jpg

やがて規制区域も抜け、温泉街に近づいてきました。
父はまた、絵を描くスポットを探して先の方まで行くというので、母と温泉街を散策することにしました。
白根神社から、湯畑の方へと下っていき、「温泉入る?」「昼間から入らないよ」「じゃあお茶でもする?」などと会話しながら、ガラス工芸のお店などを覗いているうち、西の河原公園の辺りまでやってきました。
西の河原って、賽の河原じゃないのかな?と思っていたら、やはり以前は賽の河原という表記だったのが、変わったそうです。
なかなか凄みのある光景だったので、せっかくだから行ってみよう、と、公園内へ。

manza0051.jpg

中には川が流れ、所々に緑色の水溜りがあり、鳥居が立ち並ぶ神社やお地蔵さん、祠があり、河原にはあちこちに石積みがしてあります。

manza0047.jpg

manza0048.jpg

manza0056.jpg

川の水に手を入れてみると、温かいのです。奥には有料の露天風呂もあるようでした。
ビジターセンターに立ち寄ってから引き返し、父と合流。
父のお気に入りらしい、本家ちちやでお土産に温泉饅頭を買い、湯畑へ。

manza0058.jpg

ここで、ちょっとした事件が起こりました。
父が階段を降りながら「そこで記念写真が撮れるようになってるんだよ」と説明していると、横で「ドサッ!」という音が。
母が階段を踏み外し、転んでしまったのです。
びっくりした父と私は「大丈夫?!」と慌てました。
母の腕には痣が出来ています。でも母は「大丈夫、大丈夫」とけろっとしています。
日頃鍛えている成果でしょうか。手首も膝も、捻ったり大事には至らなかったようで、一安心しました。

manza0059.jpg

最近写真は撮らないんだ、という両親と、ただ一枚の記念撮影を撮って、お昼にすることに。
朝食の量が多かったので、お茶だけでいいや、と思っていた私は「ぐーてらいぜ」という喫茶店を提案しました。
草津最古の宿 日新館の風呂場を改装したという、趣のある建物です。

manza0062.jpg

私はチーズケーキとコーヒー、両親はピザをシェアして昼食を採り、寛ぎました。

manza0065.jpg

両親は万座でもう一泊するのですが、私は翌日仕事の為、一足先に電車に乗って帰らなければなりません。
電車の時間は調べていたのですが、両親がやけにもっと早い電車に乗れ、と勧めるので、仕方なく駅へ向かうことに同意しました。
せっかくの久しぶりの旅行だというのに、こういうところがうちの両親は変わっているなあ、と思います。
車で山道を走っていると、山の天気は変わりやすい、の言葉通り、さっと空が陰り、雨がぱらついたりします。
道の駅に立ち寄り、ベルツ記念館を少し見てから、長野原草津駅まで送ってもらいました。

駅の近くに諏訪神社があるのに、通りがかりに気付いた私は、両親と別れてから、歩いて行ってみました。
すぐ隣には、大國魂神社もあります。

manza0072.jpg

手水鉢で手を洗い、低い位置に張られたしめ縄を潜ります。
お詣りをしてから、敷地内の遊具に何となく引き寄せられました。

manza0074.jpg

青く塗られた滑り台、ブランコ、鉄棒に、とても旅情をそそられました。
その横にあったベンチに腰を掛け、しばしの間、旅の余韻を楽しんだのでした。

manza0075.jpg

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
08

02

22:55
Fri
2019

No.0259

夏の温泉旅・前編 碓氷峠、万座

7/30、31の二日間、両親と旅行に行ってきました。
ここ10年くらい、旅行はもちろん実家に泊りがけで帰ることもなかったのですが、今回の旅行が実現する経緯は、以下のようなものでした。
数年前から、母とベトナム旅行に行きたいね、と話しているのですが、諸般の事情でなかなか実現することができません。
何かで埋め合わせられないか、と考えていたところ、今年はアルバイト先の保養施設が全国十数箇所、安く利用できるということになりました。
招待するので行きませんか?と両親に声をかけ、一度は決まりかけたものの、やはり私が仕事を休めず、お流れに。
母からは「私たちは天気を見て直前に予定を決めるので、一緒に行くのは難しいと思う」と連絡がありました。
今までなら諦めていたところですが、今は何としてでも行きたいと思い、再度誘ってみたところ「お父さんが今月末、万座に行くと言っている」とのこと。
幸い休みが取れたので、「行きたい!」と主張し、連れて行って貰うことになりました。

当日は早朝に出発するので、前日から来るように言われ、仕事後に鎌倉の実家へ。
実家の門を潜る時、門灯のところに集まる虫を狙ってヤモリがよくへばりついているので、習慣的に上を見ました。
すると、ヤモリはいませんでしたが、代わりに結構大きな蜂の巣があり、アシナガバチがびっしり群がっています。
相変わらず自然と共存している家だなあ、と呆れました。
母の用意してくれた晩御飯を頂きながら、蜂の巣のことを伝えると、母も父も知らなかったとのこと。
郵便屋さんや宅配業者の人も何も言っていなかったので、今まで誰も気付かなかったようだ、との話でした。

翌朝、6時過ぎに目覚め、身支度して外に出ると、片手にスズメバチ用の殺虫剤、片手に植木鋏を持った父が「蜂の巣を退治するから車に乗ってて」と言います。
しかし、服装は普段着。顔にタオルを巻いているだけです。
「ビニールとか被らなくて大丈夫?」
でも父はお構いなし。あっという間に駆除を終え、車に乗り込んで来ました。
畑仕事などで慣れているのかもしれません。

私はドライブが好きです。特に助手席に座って景色を眺めているのが大好きです。
運転免許は持っていますが、自分が運転に向いていないと悟ってからは、ハンドルを握ることは諦めました。
ただ、車に乗っているとどうしても眠気が襲ってきて、起きていようと努めるのですが、いつの間にか眠ってしまいます。
今回の旅行の最初の目的地は、碓氷峠の見晴台とのことでした。父が、上毛三山をスケッチしたいというのです。
途中SAで朝食を摂り、昼近くに軽井沢へ到着しました。
万平ホテルの脇を抜け、碓氷峠へ。
去年の軽井沢旅行で、眼鏡橋を見に行ったのを思い出します。
駐車場に車を停め、見晴台まで上っていきました。

RIMG0005k.jpg

晴れてはいますが、山の方は少し靄がかかったようになっています。

RIMG0016.jpg

群馬県と長野県の県境の標識が立っています。

RIMG0017k.jpg

父が絵を描いている間、母と近くの熊野神社へ行ってみました。

RIMG0014m.jpg

この神社も県境にあり、長野県側が熊野皇大神社、群馬県側が熊野神社となっていて、本宮は境目に。

RIMG0009k.jpg

社殿や社務所もそれぞれの側にあり、宮司さんも別にいるのだそう。
日本武尊を導いた、八咫烏が祀られているのは、熊野皇大神社。

RIMG0006k.jpg

弟橘比売命を偲び、「吾嬬者耶」と嘆いた詠嘆の処は、熊野神社にあります。

RIMG0011k.jpg

つい最近、古事記を読み返し、「日本誕生」という映画を観たので、ここがあの、と感慨深いものがありました。
再び見晴台へ上り、コッヘルでお湯を沸かして1パックずつ個包装になっているコーヒーを淹れ、デニッシュやチョコレートをつまみました。
家族で旅行の時は、大抵このお茶セットを持ち歩きます。
中にはコーヒー以外に、紅茶や緑茶のティーバッグ、紙コップ、おやつなどが入っているのです。

軽井沢でどこかに寄ろうか、という意見が出つつも特に積極的に賛成がなかったので、万座へと向かうことになりました。
今度は旧三笠ホテル、白糸の滝の横を通り、峰の茶屋へ。
先程見えなかった浅間山を望むポイントを探したい、と父が言い、しばらく走って浅間六里ヶ原休憩所で車を停めました。
雄大な浅間山をしばらく眺めつつ、ソフトクリームを食べながら、スケッチする父を待ちました。

RIMG0019k.jpg

嬬恋牧場でも小休止。
ここは、先程の日本武尊と弟橘比売命に因んで、愛妻の鐘というのが設置されています。
大声で愛の言葉を叫ぶ女の子たちがいて、馬鹿馬鹿しくも微笑ましく眺めました(笑)。

万座は、昔スキーに来た記憶はありましたが、両親は毎年のように来ていたそうです。
今回は5年ぶりくらいだ、とのことでした。
いつもは万座プリンスに泊まる事が多いけれど、今回の宿である万座亭へは、初めて泊まるのだそう。
改修中ということで、鉄骨が組まれた外観が少し残念でしたが、古風な良い宿でした。

RIMG0024k.jpg

夕食は品数も多く、上品に盛り付けられて、濃い目の味付けながら十分美味しく頂けました。

RIMG0025k.jpg

温泉は硫黄が強いので金とプラチナ以外は外して下さい、とのことで、指輪とピアスを外して入りました。
露天風呂はほぼ独占状態。
雪のちらつく温泉に入ったことはありますが、雨の降る中で入る温泉は、初めてだったかも知れません。
翡翠色のお湯に、心ゆくまで浸かることのできるのは、最高の贅沢でした。

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
07

27

01:41
Sat
2019

No.0258

インダストリアル・ダイエット

先週の日曜、同じ事務所の神部ゆみちゃん、モントザハト・INIBURAメンバーの黒い瞳ちゃんと鎌倉へ遊びに行ってきました。
最初は海水浴のつもりだったのですが、いつまでも梅雨が明けないので今回は諦めて、足だけ入るに留めておきました。
その時に水着を着れる体型になっていない、というような話になりました。
私もここ数ヶ月、ずっと変わらなかった体重が1~2kg増えて戻らなくなっていたのですが、瞳ちゃんはキープしていた体重から4kg増えてしまったとのこと。
誰かと一緒にやった方がダイエットの成果出そうだよね、ということで、瞳ちゃんとダイエット部を発足させました。

まずは名前を決めようと、しばし思案。
瞳ちゃんがインダストリアルバンドをやっているのもあり、「インダストリアル・ダイエット」は?と思い付きました。
名前が先にありきでしたが、エクササイズの時の音楽はインダストリアル系にしよう!ヨガやストレッチの時はアンビエント系も良いよね!と盛り上がる。
ダイエットしながら好きな音楽を楽しんだり、新たなお気に入りを発見できるなんて、最高ではないですか。

やっているのは、毎回の食事とトレーニング内容の申告。
これ、かなり抑止力あります。
自分一人だとついつい「まあいいや」と食べてしまったり、さぼってしまったりすることも、報告しなきゃとなると我慢がきくのです。
それと、書き出していると自分がどれだけ食べてしまっているかに自覚的になれます。
私の場合、甘いもの食べ過ぎです。アイスとかケーキとか・・・多い時は朝昼晩食べてます。
瞳ちゃんはビール飲み過ぎ。最近はハイボールやワインに変えている模様。

そして、週一くらいで集まって、トレーニングをすることに。
今夜が第一回目の開催日でした。
稽古場を借りてエクササイズ、その後ランニングをしよう、と計画を練りました。
さて何をかけようかな、とわくわくしながらCDを選びます。
Laibachなど3枚ほどセレクト。
ランニングするなら荷物が邪魔かも、と、一度家に帰ることにして、CDとランニングシューズは家に置いてきました。
ところが瞳ちゃんから「靴買うの忘れた」と連絡が。今日は走るのはいいか、ということになりました。

19時に稽古場に到着し、瞳ちゃんが持ってきたF.M. Einheit「Sensation Death」のCDを流しながら、。まずはヨガから。
トレーニング内容は瞳ちゃんにお任せです。
モントザハトの稽古の時はストレッチが中心でしたが、もう少しハード目にということで、幾つかの筋トレメニューを。
でも意外と時間が余ったので、最後は私がダンスレッスンで稽古していたダンスの動画を見て、踊ったりしていました。
達成できる目標があった方がいいね、となって、何かの課題曲を決めて、それに振りをつけるというのをやってみようということになりました。

「インダストリアル・ダイエット」メンバーもゆるく募集しております。
参加条件は「痩せたい」「個人情報を守れる」「ポジティブ・シンキング」の3つだけ。
興味がある方、是非ご参加下さいね。



ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村