Rosa†Antica(ロサ・アンティカ) - アンティーク・レトロ雑貨店店主、女優、人形作家、由良瓏砂のブログ

06« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »08
06

12

04:11
Fri
2020

No.0317

《哲学者の薔薇園》及川晶子コラボ オンライン展示会&トーク

日が経つのはあっという間ですね。
毎週土曜の配信が、早くも明日に迫っております。

明日は、幻想画家の及川晶子さんのオンライン展示会。
配信では何度も色々な方とコラボしていますが、展示会という形式は初めてなので、ちょっと緊張します。

及川さんの作品を初めて拝見したのは、毎年有楽町の交通会館にて開催される、IFFA(国際幻想芸術協会)展だったでしょうか。
アリスを思わせる緑色のワンピースの少女を中心とした、シュルレアリスティックな部屋の絵に、とても惹かれました。

69138.jpg

及川さんは《哲学者の薔薇園》オカルティズム講座を何度か受講して下さいました。
非常に深い知識と素晴らしいアンティークのコレクションをお持ちで、趣味嗜好が合うこともあり、是非作品をご紹介させて頂きたいと思いました。

今回のオンライン展示では、お手元にある、展示ではもうほとんど見る機会の無い作品をご紹介下さいます。
何と、オンライン販売も可能とのこと!
トークでは、作品についての他、好きな文学・芸術やこだわりに溢れたライフスタイルについて、お伺いしたいと思います。
皆様、是非ツイキャスのサポーター登録及び通知設定の上、ご視聴下さいませ。

6/13(土)20時~
ロサ・パルティ キャス

後で別撮りのものをYoutubeにもアップしますので、こちらのチャンネル登録もお願いします!

EZmIxo8VAAASrTS.jpg

【及川晶子プロフィール】

大学卒業後から混合技法で絵を描いています。

画歴

2007 『PARAISO展』 スパンアートギャラリー 銀座
2008 12/7(水)~2009/1/1(日) 『KUMUKUMU Gallery』 NY
2009 4/20(月)~26(日) 『第9回 鉛筆派展 アートスペース・リビーナ 北青山
4/29(水)~5/11(月) 『FANTASTIC ART SHOW-TOKYO-2009 幻想芸術展ー東京ー2009』
5 『少女幻想綺譚-その存在に関するオマージュ』 Bunkamura Gallery 渋谷
7/17(金)~25(土) 『IFAAミニチュアール展』 ギャラリーベルンアート 大阪
10/26~31 『2009年IFAAパリ展』 パリ、フランス
11/24日(火)~12/5(土) 『アリス百花幻想』 スパンアートギャラリー 銀座
12/7(月)~12/12(土) 『PARAISO展』 スパンアートギャラリー 銀座
2011 1/17~22、1/24~30 『IFAA/OBLIQUE展』 青木画廊LUFT 銀座
7/11~16 『ムネモシュネ劇場』 スパンアートギャラリー 銀座
7/11~16 『FANTASTIC ART SHOW2011』 交通会館ギャラリー 有楽町
2012 4/24~29日 『FANTASTIC ART SHOW KYOTO 2012 幻想芸術展-京都-』 同時代ギャラリー 京都
『EXPOSITION L'ART GENSO PARIS 2012』
『装丁画展』『CDジャケット展』 パレットギャラリー 麻布十番
『村上春樹展』 屋上ギャラリー枝香庵 銀座
他多数

69139.jpg

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
06

05

23:23
Fri
2020

No.0315

《哲学者の薔薇園》6月予定

少しずつ、街が平常時に戻りつつありますが、まだまだ予断を許さない状況です。
《哲学者の薔薇園》では、予約制にて営業を再開しますが、引き続き毎週土曜はオンライン営業を行っていきます。
実際には足を踏み入れにくい、という方も、画面越しに見るだけなら安心です。
お気軽に遊びにいらして下さいね。

--------------------
★6/6(土) 20- 有我悟ライブペイント抽選&タロットリーディング、知育菓子制作、新入荷商品紹介

先日の「妖神乱舞朗読&ライブペイント」配信にて有我悟さんが完成させた絵を、欲しい方に抽選でプレゼントします。
また、有我さんのタロットリーディングも。
平行して知育菓子を一つ完成させる予定です。
新入荷商品は、タッセルやレースなど。
配信中、その場でご購入申し込み頂けます。

EZRZyRVVcAAFbdU.jpg

EZmIwjFU8AAIo5w.jpg

★6/13(土) 20- 及川晶子コラボ オンライン展示会

幻想画家・及川晶子さんとのオンライン展示会&トーク。
及川さんのあまり見る機会の無いレアな作品と共に、こだわりに溢れたライフスタイルを伺いたいと思います。

EZmIxo8VAAASrTS.jpg

★6/15月 19:30- 喫茶茶会記コラボ

第三月曜日は恒例の、四谷喫茶茶会記での営業です。
前回の配信では、話題がどんどん際どい方向へ向かっていってしまいました。
今回は東京のディープなお話を、あまりディープになりすぎない程度に(笑)

EZmIyYGU0AAO8uW.jpg

★6/20(土) 20- 聖書読書会

出エジプト記続きから読んでいきます。
そして今回は新約聖書からも、エピソードを取り上げてみようと思います。
前回ZOOMのみで入れない方が続出した為、今回はまたZOOM+ツイキャスに戻します。

0315-1JYUN923_7_TP_V.jpg

★6/21日 13- ゴシックと魔法のカフェバー・プラシーボコラボイベント ミィドソンマル(夏至祭)

※リアル店舗での開催です。
野毛ゴシックバー プラシーボとのコラボイベントです。
スウェーデンの夏至祭で出されるお料理などが頂けます。
詳細は後日!

EZmR8VMUcAcwnkT.jpg

★6/27(土) 20- オカルティズム講座第十三回「由良瓏砂オカルティズム朗読会 W.ブレイク」

2019年5月~2020年3月まで神保町スピノールギャラリーにて開催した「オカルティズム講座」。(2020年4月はオンライン開催)
今期は、オカルティズムにより興味を持って頂けるよう、更にバラエティに富んだ内容を企画していきたいと思います。
まずは幻視者として知られる詩人・画家、ウィリアム・ブレイクの作品朗読会を行います。
オカルティズム講座を受講されていた方はもちろん、初めての方も是非ご視聴下さいませ。

_190525_0006.jpg

※6/21以外、ツイキャス等でのオンライン営業となります。
リアルタイムのご視聴ができなくても、アーカイブ及びYoutubeにてご覧頂けます。
ぜひ、サポート登録/チャンネル登録お願い致します。

Rosa Partiキャス
https://twitcasting.tv/antica_rosa

Rosa Parti/《哲学者の薔薇園》Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCItljJznk80BYxtrmU_v7bg

サロン・ド・シャルーンは、予約制にて営業致します。
布を実際にご覧になりたい方は、お問合せ下さいませ。

喫茶茶会記及びプラシーボは、店舗営業しております。
マスクや消毒液のご用意もございますので、お気軽にご来店下さい。

◆◇◆◇アクセス◆◇◆◇

サロン・ド・シャルーン
〒160-0022 東京都 新宿区新宿1-19-6 ISビル601
http://chatlune.jp/

ゴシックと魔法のカフェバー・プラシーボ
〒231-0064 神奈川県横浜市中区野毛町1-5
045-242-1322
http://bar-placebo.jp/

喫茶茶会記
〒160-0015 東京都新宿区大京町2-4
03-3351-7904
http://gekkasha.modalbeats.com/

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村

05

14

03:48
Thu
2020

No.0311

井上雅彦/神崎盛隆作品朗読キャスby由良瓏砂×黒い瞳

自粛期間も大分長くなってきましたね。皆様如何お過ごしでしょうか。
9日のオンラインお茶会では、ZOOMでのお茶会の様子をツイキャスにて配信、ということを試したのですが、動画が重すぎて止まってしまい、仕方なく途中から完全ZOOMに移行しました。
参加希望者には招待を送るという形で、参加者が入れ替わりながら2時間半程開催。
どうも回線だけではなく、ZOOMとツイキャス両方を起動していた為、マシンに負荷がかかっていたということもあったようです。

ともあれ、ツイキャスの配信者が増えていることも事実なので、オンライン営業の為の他の方法を模索していて、Twitterライブというものを初めてやってみました。
これがなかなか良い感じ。
時間制限もなく、ツイッター画面から遷移せずにそのまま見られますし、コメントも打てればアーカイブも残せます。
これで布が結構売れたので、よし!と思って今度はFacebookライブに挑戦。
Instaglamは第一回のプレゼント企画で怪しまれたトラウマがあり、そもそも誰だか分からない人も多いのに比べ、Facebookは身元が分かっている人が多い為安心感があったからです。
ところがこれが全然ダメでした。
もちろん、リアルタイムで見ている人が少ないのは仕方ないことです。
でも、アーカイブに残っているのにほとんど反応が無いのです。
最もこれは、私が普段Facebookをほぼ使っていないことが原因かも知れません。
諦めずに試行錯誤してみようと思います。

ということで、16日の朗読配信です。
この日は、井上雅彦氏の短編集「綺霊」から何編かと、朗読作品を募集したところ名乗りを上げて下さった神崎盛隆氏の詩作品を何編か、朗読予定です。

51A07JX2BHL__SL250_.jpg

井上氏の作品のうち一つは、以前に紙芝居仕立てで朗読したことのある「裏窓」。
これは、私が切り絵を作りました。
もう一つ「ボール箱」という作品も紙芝居仕立てで朗読したのですが、こちらは絵を描いたのがElizABETHちゃんだったので、今私の手元にありません。
それで自分で描こうかと思っていたのですが、当日までに間に合わない可能性が大です。
もし間に合わなかったらゴメンナサイ。

瞳ちゃんは以前にも朗読した、彼女のお気に入りの作品である「履惚れ」を朗読予定です。
MONT★SUCHTと井上伯爵がコラボしたのは、2014年8月に高円寺マチモで開催した「Freak philia An excessive thing」。
その頃隔月で開催していた、モントザハトカフェというカフェイベントの一回でした。
ところが写真を探してみたところ、何故か開場や参加者の写真が一枚も残っていません。
当日に販売したメニュー「血みどろマフィン」「血菓子」の写真だけは何枚もあるのに・・・。

P8094401.jpg

P8094400.jpg

辛うじて、瞳ちゃんのブログから何故か猫耳を着けた井上伯爵の写真を発見。

2014-08-09 21_21_44-1

神崎さんの作品は、私と瞳ちゃんでセレクトして、昨夜ZOOMで練習しました。
最初に読ませて頂いた時に「ローゼンメイデンっぽい」と感じたらその通りで、当時神崎さんが見ていたローゼンメイデンの雰囲気が作品に反映されているようです。
稽古自体はつつがなく行えたのですが、瞳ちゃんのところの回線が不安定な傾向があり、週末ともなれば更に不安定さが増すことが懸念されます。
これでまた当日止まってしまったらどうしようもないので、ソーシャルディスタンスを保ちつつ配信する方法を考えております。

それでは皆様、5/16(土)20時より、ツイキャスにてお待ちしております!
https://twitcasting.tv/antica_rosa

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
05

08

03:22
Fri
2020

No.0310

《哲学者の薔薇園》5月予定

気付いたらゴールデンウィークも終わり。
皆さん自粛期間中、如何お過ごしでしたでしょうか。

私は例年、連休関係なく仕事ということが多いのですが、今年も例に漏れずでした。
4月にオープンしたロサ・パルティも徐々に賞品が増えていっておりますので、是非覗いてみて下さいね。

さて、今月の《哲学者の薔薇園》オンライン営業日です。
**********
5/3(日)22:00-23:30 朗読&コラボキャステスト 井上雅彦「四時間四十四分」「蝿遊び」
5/5(火)20:00-22:30 知育菓子作成、新入荷商品紹介

5/9(土)20:00- お茶会(テーマ:少女映画)
5/16(土)20:00- 黒い瞳コラボ 井上雅彦作品他 朗読
5/18(月) 19:30 喫茶茶会記コラボ
5/23(土) 20:00- 聖書読書会
5/30(土) 20:00- 未定
**********
※全てツイキャスでのオンライン営業となります。増えるかも?

5/9お茶会の、ZOOM参加者募集致します。
ZOOMでのお茶会風景をツイキャスにて配信しますが、ご本人の姿は映さなくてもOKです。
今回はドレスコードも設けず、お茶やお茶菓子も自由です。何ならお酒飲んでも大丈夫です。
(羽目は外し過ぎないように!)

トークテーマの「少女映画」も、あくまで瓏砂の希望ですので、あまり囚われず、お気軽にご参加下さいませ!
参加表明はコメントにてどうぞ。

また、これから朗読配信にて、作家活動されている方の作品も紹介してゆきたいと思っておりますので、朗読シナリオ大募集します!
対話形式だと嬉しいですが、詩でも物語でもOKです。
5/16には井上雅彦氏の作品を中心に朗読。
「裏窓」「ボール箱」は紙芝居形式にて朗読致します。
井上氏によれば「蝿遊び」はレアらしいので、こちらも読もうかなと思っております!

サポーター登録も、ぜひ★
ロサ・パルティ キャス

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
04

28

22:05
Tue
2020

No.0309

《哲学者の薔薇園》オカルティズム講座第十二回 「「呪物としての人形 形代を作る」レポート

今月で、1年間12回続いたオカルティズム講座がラストを迎えました。
緊急事態宣言下での最終回はスピノールギャラリーでの開催がもはや不可能でしたので、4月17日(金)20:00~22:00、ツイキャス配信にて実施。
今までの配信で一番視聴者様が集まって下さいました。
実技パートでは和紙を用意して頂き、実際に形代を作って穢れを移したのですが、結構あっという間に終わりました。
そういえば、実技部分はいつも時間取るかな?と思って余裕を持たせてタイムテーブルを組むと、思いの外早く終わってしまう、ということが多いですね。

配信の録画がアーカイブにございますので、是非ご覧下さいませ。

[前半][後半]



それにしても、人形作家として最終回は形代作りを実施しようと、カリキュラムを組んだ当初から思っていたのですが、まさか本当に厄災を払う必要がある事態になろうとは・・・。
2クール目はしばらくスピノールギャラリーでのリアル開催は難しそうなので、オンラインで出来ないか考えてみます。

以下は当日お話した内容をざっくりと。

**********
★人形の歴史

古代においては、縄文時代の土偶、古墳時代の埴輪などは、家のお守りや、身分のある死者の副葬品としてが作られたと考えられる。
平安時代には「源氏物語」などの中に、「人形(ひとがた)」という身代わりについて記される。
3月はじめの巳の日に人間の形をした形代(かたしろ)や人形(ひとがた)を木や紙や草で作り、それで身体をなでたり息を吹きかけたりして身のけがれや災いを移し、川や海に流して子どもが無事に成長できるようお祈りした。
これが流し雛の由来であり、室町時代ごろに3月3日に定まってゆく。
「にんぎょう」と読まれるようになったのは、鎌倉時代くらいから。

「源氏物語」「枕草子」では、雛=ひいな についても書かれる。人形の代名詞。語源は「小さくて可愛い」。人間の雛形の意味。
「桃の節句」ともいうが、桃酒を飲んで厄払いする習慣は中国から来た。
桃は「陽の木」と呼ばれて陰気さを払うと言われる。
また、江戸中期には9月9日の重陽の節句に「後の雛」と呼ばれる雛祭りをするところもあった。
現在でも瀬戸内海や四国には行うところがある。

平安時代には疫病が流行ると、1m以上ある大きな人形「草人形」を作って道や県境などに置き、禍の霊を宿らせて遠方に捨てに行ったり川に流した。

形代は陰陽道から出ていて、神の代わりをする人間が、人形で代用されるようになった。
また、よりまし(尸童、依坐)が、こけしの原型だという座敷童になった。
さまざまな種類の人形も生み出された。
山車の上に載っている人形も、神霊を下ろす為の依代である。

木製の呪術用人形は、政敵を葬る為に用いられた。呪術的方法で怨敵の魂を人形に入れ込み、これを焼く、切る、釘を打つ、辻に埋めるなどした。藁人形の原型のようなもの。
呪文や九字を書いて効果を高めるようなこともした。

「なで物と云うは、是も陰陽師に祈祷を頼む時、陰陽師の方(かた)より紙にて人形を作り遣わすを取て、身を撫でて陰陽師の方へ送れば其人型を以って祈祷する事有り、さて後に河へ流す也」(『貞丈雑記』 ※江戸時代後期の有職故実書)
撫物は撫でることによって、その人の穢れをすっかり移し、それを川へ流す、焼くなどの処分をして、穢れを他方世界へ送り出す呪物のことである。「償物(あがもの)」ともいう。

未開社会の神話・呪術・信仰に関する集成的研究書である、ジェームズ・フレイザー『金枝篇』によれば、呪術には大別して2種類がある。
一つは「類感呪術」で、その原理は「類似は類似を呼ぶ」または「結果はその原因に似る」ということである。(類似の法則)。模倣呪術ともいえる。
もう一つは「感染呪術」で、その原理は「かつて互いに接触していたものは、物理的な接触の止んだ後までも、なお空間を隔てて相互的作用を継続する」(接触の法則)。
この二つを併せて「共感呪術」という(共感の法則)。
人形の形は類似、撫でるという行為は接触の法則に則っている。


天児(あまがつ)
「あまがつというものは小児の守りなり。練の絹にて人形を縫い綿を入れたるもの也。「ほうこ」もあまがつのこと也」(『貞丈雑記』)

天児は3歳くらいまでの幼児の守りとして、その枕もとに置いた。平安期の貴族家庭で盛んに用いられた。
T字型に組んだ竹の胴に、白絹(練絹)の丸い頭をつくり、目、鼻、口と髪を描き、衣裳をつけて飾り、幼児を襲う災いや汚れをこれに負わせる。


這子/婢子(ほう こ)
「白絹の四隅を縫い合わせて綿を入れ腹の部分でくけて胴にすると、四隅が手足となる。
目鼻口を描き、男の子のものは口を開かないように、女の子のは口を開いているように描く」(『御産之規式』 室町時代)

這子(ほう こ)は子どもが生まれた時に贈られる身代わり人形。頭には絹糸の黒髪を垂らし、金紙で束ねてある。
次第に庶民の間にも広まり、江戸時代には天児を男の子、這子を女の子に見立てて飾るようになり、男雛と女雛へ変化した。

室町時代に入ってからの這子は、子供がハイハイした形になる。
しばしば赤い色で作られたが、子供の恐ろしい流行病であった疱瘡(天然痘)の神、疱瘡神が赤い色を好み、這子につくと考えられた為である。
赤べこやさるぼぼも、疱瘡神除けの意味がある。


大祓(おおはらえ)とは、伊弉諾尊の禊祓を起源とし、中臣(なかとみ)の祓とも呼ばれる。
祓とは、天津罪・国津罪などの罪や穢れ、災厄などの不浄を取り除き、身を清めるために行う神事。
12月の大晦日に行う祓が「大祓」もしくは「年越しの大祓」、6月の大祓は「夏越(なごし)の大祓」と呼ばれている。
他に、天皇即位後の最初の新嘗祭である大嘗祭の前後や、疫病や災害の発生した時に臨時に執り行うこともある。

大祓詞(おおはらえのことば)は、大祓において穢れを落とすために唱えられていた言葉。日本で最も古い祓詞とも言われる。 
形代に名前を書き、体の悪いところを撫でて、茅の輪くぐりを行い、人形を清流に流す。

茅の輪くぐりの由来は日本神話に遡る。
素戔嗚尊が宿を借りようとしたところ、裕福な弟の巨旦将来は断ったが、貧しい兄の蘇民将来はもてなした。
数年後、素戔嗚尊が再訪し、蘇民将来に茅で作った輪を腰に下げるよう教え、疫病を流行らせたので、茅の輪をつけていない者は皆滅んだ。
(『釈日本紀』(しゃくにほんぎ)。鎌倉時代末期の『日本書紀』の注釈書)

現在のような大きな茅の輪は、江戸時代頃から広まった。
無病息災を祈りながら茅の輪をくぐり、身を清める。
くぐり方は一般的には、茅の輪の前に立って軽く礼をした後、まず左回りに回る。
元の位置に戻りもう一度礼をして、右回りに回る。
もう一度霊をして、再度左回りに回った後、ご神前に進む。

日影丈吉によれば、東京では昭和30年代まで、12月になると氏神の社から氏子へ、世帯数だけの形代が配られ、それに家族の名前を書いて届けると、大晦日のどんど焼きの日で焼かれたという。


★人形(ひとがた)・形代(かたしろ)の作り方

人形1枚につき1名分。
氏名、年齢を数え年で書く。神社によっては、住所や年月日を書かせるところも。
誕生日を迎えている方は実年齢+1歳、誕生日を迎えていない方は実年齢+2歳。
書き方に決まりはないが、頭に年齢、体に名前、など。筆と墨が良いが、なければ消えないもので書く。
作った人形で、頭からつま先までの全身を撫でる。悪い部分があれば、重点的に。息を3回吹きかけて、重なった穢れを人形へ移す。
他人に触らせないよう気をつけ、燃やすか川に流す。(川に流したものが人の手に移らない環境であれば)
神社で入手した形代であれば、神社に返す。

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村