Rosa†Antica(ロサ・アンティカ) - アンティーク・レトロ雑貨店店主、女優、人形作家、由良瓏砂のブログ

07« 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »09
06

30

02:42
Sun
2019

No.0252

Neither/Neither Worldのこと

Neither/Neither Worldは、サンフランシスコのバンドです。ジャンルは、ダーク・サイケとかダーク・フォークなどと言われています。
日本では、インディーズレーベルSSE COMMUNICATIONSから1996年にCDアルバム「ABYSS」がリリースされました。
故・北村昌士氏の主催するSSE COMMUNICATIONSで、当時私は時々アルバイトをしていました。
報酬はCDの現物支給。
好きなバンドばかり所属していたレーベルでしたので、全くそれで構わなかったのです。
LIBIDOの故・成田弥宇氏の弟さん、成田昌彌さんとバンド活動をしたりしていた私ですが、その頃マリア・ガヴァメント嬢との朗読パフォーマンスユニット「散開星団」や「HAGIA+SOPHIA」の活動を始め、イベントのオーガナイズをしたりもしていました。
北村さんやZ.O.A.の森川さんといった、大ファンだったミュージシャンを恐れ多くもお誘いさせて頂いた、新宿URGAでのライブは満員となり、大成功を収めました。
そして、北村さんから「Neither/Neither Worldが来日するので、ライブを企画しないか」と持ちかけられたのです。

「少女の夢みる暗い童話の世界」というような、SSEの新譜紹介を見てこれは聞くしかない、と思い、バイト代として真っ先にNeither/Neither WorldのCDを希望した私。
CDを耳にするや、たちまち文字通り深淵から響いてくるような楽曲と、ウェンディの蠱惑的な歌声に魅せられた私には、願ってもない申し出でした。
「Missing Mass―虚空の聖域―」これが、企画したライブのタイトルです。

missingmass-flier

Neither/Neither Worldは当時、ボーカルWendy、ギターGrawer、ドラムスTim、ベースSean、ハモニカLemonという編成でした。
オランダ系アメリカ人のウェンディは、メンバーの誰よりも背が高く、強い眼差しと真っ赤な唇、レザーの衣装を身に着け、挑発的なパフォーマンスを見せてくれました。
にも拘わらず、それは微塵もエロスを感じさせることの無い、強烈なタナトスの香気を放っていたのです。

当時私は、三鷹にある木村龍氏の人形教室「いおぎい国天使商会」の講師もしていました。
ツアーの経費を節約する為、ウェンディ以外のメンバーが泊まれるところを探していたので、龍さんに相談し、教室に泊まってもらうことにしました。
龍さんの人形を見て彼らは感激し、ジャケットに写真を使わせてくれないか、というような話もしていました。


2004年 東高円寺UFO CLUB

初来日から数年間、彼らは毎年のように日本ツアーに来ていて、その度に会いに行き、オフの日には横浜のマリンタワーを案内したりしました。
ウェンディの旦那さんだという、車椅子のアーティスト、ピートが一緒だったこともありました。
家にプールがあるという話にも驚きました。
いつも来てもらってばかりなのだから、いつか遊びに行きたいな、と思っていたのですが、未だに私はアメリカに渡ったことがないままです。
そして、私の英語力は一向に上達しないままだったので、まともなコミュニケーションも取れないまま・・・。
最も、全然英語が出来ない龍さんはちゃんと彼らと仲良くなっているので、語学力なんて必ずしも必要なものではないのかも知れません。

RIMG0019a.jpg
2008年 People's Records主催ライブ

彼らが日本に来ることが稀になり、いえ、もしかすると私が知らないうちに来ていたのかもしれませんが、何年かが経ちます。
私より英語に堪能なマリアちゃんは、アメリカに旅行したり、メンバーともやり取りをしていて、Neither/Neither Worldは今活動していないという情報を知らせてくれました。
先日、久しぶりにウェンディからメッセージが来ました。
新しい音楽を作っているのだけれど、病気になり、治療の為の募金を募っている、という内容でした。
すぐに、協力したいという旨の返信を送りました。
45ドルをPaypalで送ってくれれば、Neither/Neither Worldの限定版とお礼状が届くとのことです。
もし、募金しても良いという方がいらしたら、是非ご協力をお願いしたいと思いますし、そうでなくても彼らの音楽を聴いてみたいという方がいらしたら、是非購入してあげて下さい。
以下、メッセージの原文です。

I wanted to tell you we are doing a fundraiser for our new recording that the proceeds will go to medicine for me. If you want to donate it would be great. you can send paypal to wendybuildswebsites@gmail.com and you will get a special limited edition copy and a thank you note and limited edition neither neither world stuff :)

参考サイト

所属レーベルのプロフィール
http://www.zoskiasoundsrecordings.com/Artists/NeitherNeitherWorld.html

Facebook
https://www.facebook.com/NeitherNeither-World-151194284961956/

レコチョク
https://recochoku.jp/artist/2001020125/song/?narrow=0&sort=05

Rate Your Music
https://rateyourmusic.com/artist/neither_neither_world

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
06

13

02:03
Thu
2019

No.0248

Fairy wish初夏のランチ会

9日、私が経営しているアートサロンカフェ《哲学者の薔薇園》の営業場所の一つであるサロン・ド・シャルーンオーナーの小松さんのお誘いで、長野県茅野市にあるロリータブランドFairy wishのランチ会に行って参りました。
Fairy wishのイベントにお邪魔するのは、2017年のクリスマスランチ会以来ですので、約1年半ぶりということになります。
Fairy wishのランチ会やお茶会などは2ヶ月に一度くらいのペースで開催されていますが、なかなかタイミングが合わなかったのです。
小松さんはほぼ毎回行っています。すごい。
今回は、お友達の黒色すみれのヴァイオリニスト、さっちゃんがゲストで来られるとのことで、それも楽しみでした。

当日は9:30に京王八王子付近で待ち合わせ。相方と二人で小松さんの車に乗り込みました。
いつも車の中で寝てしまうのが申し訳なくて、最近はまっている「サ行抜きコント」をしていたのですが、そのうち寝ていなかった相方が眠り込んでしまいました。
私も頑張って起きているつもりが、いつの間にか寝てしまってたようです・・・。

茅野駅で水鏡さんをピックアップして、会場のレストランのある山の方へ上っていきました。
ところが、目的地に着いた筈が、辺りは殺人事件が起こりそうな霧の山荘みたいな感じの場所。
おかしいな、と、相方が送ってくれた場所の住所をGooglemapに打ち込むと、全然違う場所が表示されました。
首を傾げながら、新たに指示された場所へ向かいました。
やっと、お店へ到着!
が、しかし。そのお店はオープンしている気配がありません。
なんと、相方が調べてくれたのは、過去のランチ会の会場だったと判明。
ガソリンの残量を心配しつつ、再度先程の道を辿ります。
やっとのことで会場へ到着したのは、当初の開始時間を30分程も過ぎた頃でした。
てっきり先に始めているかと思ったら、待っていて下さったみたい。
ご参加の皆様すみませんでした・・・。



会場はオーベルジュ・ドゥ・シェマリー、とのことでしたが、なんか看板が違うな、と思っていたら、オーベルジュテラと改名されたようです。
客室4部屋のこじんまりしたオーベルジュのダイニングは、高原らしく暖炉のある天井の高い部屋でした。

RIMG0019f.jpg

デザイナー愛梨穂ちゃんとさっちゃんは、会場から17live配信してました。
オードブルは、丸いお盆のようなプレートの上に、絵画的な盛り付けがされていました。ハムは白馬豚だそう。

RIMG0004f.jpg

続けて涼しげなガラスの器に入れられた、枝豆のポタージュ。ムースの上には菜花が散っています。

RIMG0005f.jpg

メインがハンバーグかパスタ、という不思議な選択肢。私はハンバーグにしました。
前日から煮込んだ、濃厚なデミグラスソースが美味しかったです。
デザートプレートは、チーズケーキとバニラアイスの上に飴細工のもしゃもしゃが。

RIMG0009f.jpg

食後に、さっちゃんによるヴァイオリンのミニ演奏がありました。
黒色すみれの新曲、サーカスの少年と少女のお話がとても気になったので、歌が聞いてみたくなりました。
さっちゃんの弾くヴァイオリンはとても楽しそうなので、見ているこちらもニコニコしてしまいます。

D8skuM6UEAAr9jJ.jpg
集合写真!

それから、皆で倶楽部ギャラリーマザーツリー オープンガーデンへ向かいました。
このつい前日、PCのフォルダの整理中、数年前に近所の薔薇を撮った写真を見ていて、記憶よりも画像が不鮮明だったので、今ならもう少し綺麗に撮れるのに、と思っていたところ、小松さんから薔薇を見に行くらしいと聞いて、とても楽しみにしていました。

RIMG0020f.jpg

ところが行ってみると、オープン時間の16時を過ぎてしまっていて、入れないとのこと。
ですが、オーナーの岩崎さんは、私たちを見て何かを感じて下さったらしく、ギャラリーに招じ入れて色々とお話して下さいました。
お話を伺うと、地域活性化の活動や、ネット上のアートの公募展など、様々な活動をされているようで、この日もフルートとピアノのコンサートがあったのだそう。
なんだかとても運命的なものを感じました。
薔薇がちょうど見頃だったのですが「この季節の薔薇は大地の力で咲きますが、秋薔薇を咲かせるには庭師の技術が必要なのです」というお言葉がとても印象的でした。

RIMG0031f.jpg

急ぎ足でお庭を拝見させて頂きましたが、どの花もあるべき姿で、瑞々しく美しく咲いているように思いました。

RIMG0034f.jpg

そして、茅野駅前のFairy wishのお店「ふしぎの森の洋品店」へ。
お店の中は可愛いもので溢れていて、もうどれもこれも素敵!
トリッチトラッチさんのすずらんのヘッドドレスやレースのバブーシュカは本当に魅力的でした。それにBell de Poupeeさんのお花のアクセサリたちも。

D8nO8uUU8AEdxy5.jpg

愛梨穂ちゃんとさっちゃんと、前回も行ったはらぺこ家族というお店でご飯を食べてから解散。
帰りの車では、水鏡さん交えてサ行抜きコントやワードウルフをやっていましたが、最後はまたも爆睡してしまいました。小松さんごめん!
そしていつもお誘い下さってほんとに有難うございます。
次はいつ行けるかしら。
茅野の自然と触れられ、素敵な人たちとお会いできる、愛梨穂ちゃんの心尽くしの企画、とても楽しみです。

D8njtrtUcAAjDon.jpg
Fairy wish「プリンセスレーシーボレロ」「エンジェルゴブランスカート」を着用してます。

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
03

12

01:03
Tue
2019

No.0228

3.11の私的記録

2011年3月11日に発生した東日本大震災の記録を残していたことを思い出し、1年以上ぶりにmixiにログインしました。
以下は2011年3月21日に記された、私の日記です。
ちなみに当時、職探しをしながら配膳のアルバイトなどで糊口を凌いでいました。
「新しく始めた仕事」というのは、繋ぎで見つけたポスティングの仕事です。

**********
忘れたり消えたりしないうちに、地震発生時の記録を記しておこうと思います。

3/11、新しく始めた仕事の研修の為、12時半頃池袋に到着。
14時過ぎ仕事を終え、ファミリーレストランへ。
14:46地震発生。揺れが段々大きくなり、店内のお客の大多数が外へ飛び出す。
荷物を置いたままの人も多く、無用心だなと思う。
悠雅くんに「地震大丈夫?」とCメール送信するが、返信なし。
その後も余震が続く為、外に出てみるが人がところどころに固まっている他はそれ程の混乱はなし。
16時半から新宿で仕事だったので、もう少しお店にいようと思うが、「電車が止まっている」との声が耳に入り、駅に向かう。
駅では改札口前で駅員が「電車は全線停止、振替輸送もありません」とアナウンスしている。
駅前は人々でごった返している。どうしようか少し迷うが、16時過ぎに地図を確認して新宿まで歩き始める。
明治通りを南下しつつ、絶え間なく悠雅くんの携帯、家の電話、勤務先に架け続けるが全く繋がらず。
メールチェックしたところ、悠雅くんからの地震発生直後の安否確認メールを受信。
家の状況を確認するメールを返信。
道路はやや混雑しているが、歩道はそこまでの混雑はなし。
大久保通りで曲がり、新大久保駅前を通って17時頃新宿駅西口へ。
停めてあった自転車に乗り、勤務先に到着。

予定されていた謝恩会などのキャンセルが相次ぐ中、一組のみ一時間ほど遅れて到着し、懇親会を開催。
勤務中も皆携帯で情報確認、連絡を取り続ける。
メールもネットもダメだが、mixiのみ繋がるとの声も。
メールチェックするとZaroff石井さんより「人形は無事です」との連絡。
実家に安否確認メール。ほどなく、無事だったとの返信あり。
悠雅くんからは「死を感じた。壁にヒビが入り、家の中は雪崩がすごい」とのメール。
営業担当者らは帰れないお客様の為、一フロアを開放する準備をしている。
皆帰り道を心配する中、大江戸線は復旧したとのニュース。
予定より一時間ほど早く帰される。
山手通りには帰宅者らしい人の姿も多く、何となく大晦日の風景を連想した。

家はガラス製品や陶器などが多少壊れたり欠けたりしていたが、大事なものはほぼ無事。
本棚が倒れたとのことだったので人形の損傷を覚悟していたのだが、大きい方の本棚は無事で、自作の人形は少々破損があったものの作家ものの人形はみな無事だったのが何よりの幸いだった。
水槽も水が周囲にこぼれて半分以下になっていたが、魚もエビも亀も元気だった。
片付けに追われる中、翌日の仕事がキャンセルとの連絡。
TVは落下した際に液晶が壊れて黒点やラインが出ている状態だが、ずっと点けたままの状態にしておいた。
どこのチャンネルもCM無しで地震の報道が続いている。
被害状況が明らかになるにつれ、予想以上の災害だったことが実感されてきた。仙台の親戚の安否が気になる。
とりあえずリビングと寝室を片付け、重いものや壊れやすいものは下に下ろし、被災地域などの友人やメンバーに安否確認メールを送って2時過ぎに就寝。
夜中にも、何度か余震で目が覚め、ぐっすり眠れなかった。



ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
03

09

01:05
Sat
2019

No.0227

CHAMBER OF RAVENお茶会

先日、《哲学者の薔薇園》のお客様であるぷみさんが主催された、荻窪のCHAMBER OF RAVENでのお茶会に行って参りました。
お店自体の記事は、私がライターをやっている「レトロ喫茶東京」に掲載致しましたので、宜しければご覧下さいませ(→こちら)。

こちらのブログ記事の写真は、相方のスマホで撮った写真中心に載せてゆきます。

CHAMBER OF RAVENはスクエア・エニックスの元社員の方が2018年7月にオープンしたお店だそうです。
まるでロールプレイングゲームの世界に出てくるような雰囲気で、しかも館内での撮影もOK、と聞いていたので、じゃあRPGに登場するパーティに扮して行ったら面白いかも?などと提案していました。
剣士とか魔法使いとか道化師とか言い合っていたのですが、結局そんなに綿密な打ち合わせもできず、私も当日になって慌ててコーディネートを決める始末。
最初は完全にドレスで行こうかと思っていたのですが、お茶会の後予定ができたので、危機裸裸商店でオーダーしたゴブランのコルセットワンピースとミニハットにしました。
予約した個室に案内されてしまった!と思ったのは、ブルー系の色調で統一されたお部屋だった為。
これだったら青系のコーディネートで行けば良かったです。



CHAMBER OF RAVENのスタッフさんたちは皆、ゴシックな衣装を身に纏う、お屋敷に相応しい美麗な女性ばかり。
しかも接客態度がとても丁寧で、気持ち良いのです。
お料理もとても凝っていて美しく、本格的でした。
長南さんが頼んだ「人魚の涙」というノンアルコールカクテルが、このお部屋の色合いにぴったりでした。

20190302_190303_0008.jpg

私と相方は通常メニューのフレーバーティとハーブティー、パンケーキとスコーンを頼みましたが、結構お腹いっぱいになりました。
ところが小松さんが、これじゃ足りない、追いパンケーキでもいける、などと言い出し、でも甘いものばかりなので今度はしょっぱいものを、と追いから揚げと追いソーセージを追加すると言います。
そしてスタッフさんを呼び、オーダーの段階で「追いから・・・あっ」
皆大笑い。
そんな感じで、和やかに会食は終わりました。

5882b.jpg

混んでいるから90分の時間制、ということだったのに、スタッフさんが「次の予約は入ってませんので、ごゆっくりどうぞ」と仰って下さり、食事後に皆で館内を探検しました。
どこを撮っても絵になるポイントばかりです。

20190302_190303_0010.jpg

私がカメラで、レトロ喫茶東京用の写真を撮っていたら、相方が「そこに座って」とポーズ等の指示を出し始めました。
館内の何箇所かで撮ってもらった写真を見せてもらうと、非常に出来の良いものばかり。
前は人物を撮るのがあまり上手くなかったのに、と吃驚しました。

20190302_190303_0029.jpg

20190302_190303_0033.jpg

20190302_190303_0055.jpg

20190302_190303_0053.jpg

20190302_190303_0058.jpg

私ももう少し色々撮りたかったのですが、流石にそこまでの時間の余裕は無く。
しかも情報量が多過ぎて処理しきれなかったので、これはまた改めて行かないと、と思いました。
今回は他の方々に限定メニューのオーダーをお任せしてしまったので、次回は是非頼んでみたいです。



ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
02

28

03:30
Thu
2019

No.0225

人狼殺はじめました

ついこの間、コンピューターゲームは基本的にやらないと書きましたが、人狼殺というゲームを始めてしまいました。
オンラインゲームに手を出すのも、ほとんど始めてです。
人狼ゲーム自体は、《哲学者の薔薇園》で度々やってはいたのですが、何しろ人数が揃うことがあまり無い。
4人とかだとすぐに終わってしまうのです。
ご存知の方も多いと思いますが、人狼は村人の中に潜んでいる人狼をあぶり出すゲーム。
うまく人狼を見つけ出して全滅させられれば村人陣営の勝ち、人狼と村人が同数になれば人狼陣営の勝ち。
使うのは対面の場合は基本的にカードもしくはアプリのみ、各人の話術が勝敗を決する、という、非常にシンプルかつ奥深いゲームです。
私がやっている仕事は役者やコールセンターオペレーター、販売など、話術が必要になるものばかりですので、人狼得意!って言える位じゃないといけないのですが、残念ながら素直すぎる性格の為か、あまり勝てません。
もうちょっとスキルを身に付けたいな、というのもあり、ついに手を出してしまったのです。
話術以外にも観察力、洞察力、論理的思考力などが必要になる、非常に知的要素の高いゲームです。
とは言っても現実的にはそんなに時間が取れないので、ぽつぽつとやってみています。
初戦は酷かった・・・私は占い師を引きました。
対面だとフリートークですが、人狼殺は話すターンが順番に回ってくるので、1分の持ち時間になるべく沢山話さなくてはなりません。
でも、占い結果以外に何を話せば良いのか良く分からず、さっさとトークを終わらせてしまったら、疑われて吊られてしまいました。
一方、相方は家にいる間ずっと人狼殺を流して聞いていたので、進行なども慣れていて、最初からめちゃくちゃ話し慣れた感じで、メンバーからも信用されてました。
今のところ、私と相方は同じIDを使ってプレイしていますが、そのうち自分のIDを取得するかも知れません。
対面でも《哲学者の薔薇園》で引き続きやりたいと思いますので、やりたい方は遊びにいらして下さいね!

ゲームで遊ぶと通信量が無料!【格安SIMのAIRSIMモバイル】


ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村