Rosa†Antica(ロサ・アンティカ) - アンティーク・レトロ雑貨店店主、女優、人形作家、由良瓏砂のブログ

03« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »05
03

30

23:45
Mon
2020

No.0304

鵺的『バロック』

私の所属事務所では、月に数回、演技ワークショップを開催しています。
その講師として時々いらして下さる笹野鈴々音さんは、ホラー女優として定評のある方で、先日レポートを書いた『犬鳴村』にも出演されていました。
その鈴々音さんが出演された、演劇ユニット鵺的の第13回公演『バロック』を今月初め、下北沢スズナリにて観劇してきました。
チラシや宣伝文句を見ても、絶対私が好きな舞台だ!と確信できました。

下北沢に着いたのが結構ギリギリだったので、劇場まで走って滑り込みセーフ。
早い段階で完売したとあって、客席は当然満席。
開場早々に、轟音が客席を襲います。
ゴシックな洋館のセットの中を、台詞を喋りながら階段をゆっくり下りてくる鈴々音さん。
到底台詞が聞き取れるような音響ではないのですが、舞台上に集音マイクが設置してあるのか、声が響いて聞こえます。
シーンが変わると、男女が話しているのですが、先程とは一転して聞かせたくないのかと思うような話し声で、音圧の差に戸惑います。
屋敷を解体する話が進んでいて、執事と解体業者、保全に努めてきたNPO団体の担当者とが会話しているのですが、どうやらこの屋敷には何かいるらしい・・・。

兄弟たちの屋敷での幼少時のエピソードが差し挟まれる。
取り壊しの決まった屋敷で最後の晩餐を、との母の意向で、久しぶりに集まった家族たち。
事なかれ主義の父と病気で先の長くない母、父の不倫相手である秘書、屋敷に取り憑いた幽霊である伯母、その伯母に焦がれるあまり狂ってしまった長兄、妹への近親愛に苦悩する次兄と進んでその愛に身を投じる長女、養子である三男と相思相愛ながらそれを秘する次女・・・。
それぞれの関係性と心の裡が描かれてゆく。
外は嵐となり、有り得ない程に続く轟音、突如揺れ出すシャンデリア・・・恐怖がいや増してゆく。
落雷により落ちる照明。懐中電灯とスマホの明かりだけが、登場人物たちを照らし出す。
位相空間の断絶が起こるも、何故か解体屋のみがその間を自由に行き来する。
そして、呪われた血の秘密が明るみに出る・・・。

役者陣皆素晴らしかったです。
福永マリカさんの演じ分けとか。鈴々音さん演じる母親の理不尽さとか。
それに、次女を演じた春名風花さん!
Voyantroupeの『Paranoia Papers ~偏執狂短編集Ⅳ~』で拝見した時も思いましたが、台詞回しが舞台女優らしくて非常に聞き取りやすい。
次兄はチャラ男と見せ掛けて実は誰よりも苦悩していたという、そのギャップに抉られました。
お父さんと解体屋さんは、とても良いキャラで重いストーリーに笑いのアクセントを差し挟んでくれました。

この物語が素敵なのは何といっても、私の大好きな『恐るべき子供たち』と同じく、真の主役が屋敷であるところ。
「天空の城ラピュタ」でラピュタを壊すのが人間のエゴに思えて物凄く納得いかなかった私は、『バロック』のラストが好き。
人間なんてほんのちっぽけな存在で、たからこそ足掻いたり苦しんだりする姿が、愛おしく感じられるのだと思うのです。
「死が二人を結び合わせてくれますように」と、二組のカップルの為に、願わずにはいられませんでした。

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
03

17

23:56
Tue
2020

No.0302

彩の国シェイクスピア・シリーズ第35弾「ヘンリー八世」

日本を代表するシェイクスピア俳優といえば、吉田鋼太郎。
吉田氏の舞台を一度観てみたい、と思いながらも、なかなか機会を得られずに今まで過ごしてきました。
そんな時、アルバイト先の同僚に紹介して頂いた工藤俊作さんが、吉田氏の演出によるヘンリー八世の舞台に出演されるという、またとないお話を聞きました。
チケットは既に完売していたのですが、関係者チケットならまだ予約可能ということで、お願いしました。

観劇前に予習しようと、ヘンリー八世の戯曲を入手しようと思いましたが、意外とマイナーらしくて適当なものが見つかりません。
離婚問題でカトリックから英国国教会が分裂するきっかけになった、ヘンリー八世ですが、シェイクスピアの取り上げ方はそこまで劇的ではなかったようです。
時間的にも余裕が無かったので、読むのは諦めました。

そもそもシェイクスピアの戯曲、私意外と読んでないかも知れません。
ハムレット、マクベス、オセロー、リア王、ロミオとジュリエット、真夏の夜の夢、ヴェニスの商人、十二夜、そんなものかな?
たぶん私の好み的には「テンペスト」が外せないと思うんですが、まだ未読です。
お芝居で印象に残っているのは、和泉元彌さんと羽野晶紀さんが演じた「ロミオとジュリエット」。
ロマンチカの原サチコさんがパックを演じた「真夏の夜の夢」も、素敵でした。

コロナ騒ぎで演劇やライブなどが次々に中止になっている中、上演してくれる有難みを感じつつ、初めての彩の国さいたま芸術劇場へ。
駅周辺にはあまり施設などもなく、がらんとした感じ。

ERxISiyWkAEmAYn.jpg

劇場の入口から、奥の方にある大ホールへ。

ERxITwCXsAAYopn.jpg

席に着くと、舞台には大きな階段が設えられた豪華なセット。
シンセサイザー?の音が上層から降ってきて、見上げると鍵盤奏者が生演奏をしています。
音の連なりに誘われるように、物語が開幕。

冒頭、ヘンリー八世のベッドシーン、周囲を取り囲む登場人物たち、どこか悲劇的で不穏な空気が圧し掛かる。
貴族たちの枢機卿に対する不信感を述べるシーン、長い台詞回しを見事に操るバッキンガム公と、ノーフォーク公。
ウルジー枢機卿の暗躍により、バッキンガム公は投獄され、処刑される。
優しく気高い王妃キャサリンと、枢機卿との対立が描かれる。
だが、王が見初めたアン・ブーリンとの再婚は、枢機卿にとっても望ましいことではない。
枢機卿は首尾よく王妃を追放。次いでアン・ブーリンとの再婚を阻止しようと企むが、その手紙を王に見つかり、失脚。
改心し死んでゆく枢機卿。
追放されたキャサリン王妃も、頼るものもなく死んでゆく。
ラストはエリザベス一世の洗礼式。
カンタベリー大司教クランマーの祝福を受け、豪華な行列が客席を縫って降りてくる中、観客は前もって渡された旗を振り、王と王妃を歓迎する。

休憩挟んで3時間越えの大作だったのですが、前半の悲劇調と後半の喜劇調が、とても対比的でした。
最初、キャサリンが慈悲深い王妃という設定の割に性格がきついように見えて、うーんと思っていたのですが、ウルジーとの対決シーンで王妃としての誇り強さを露わにすることで、柔弱さを表に出せない立場の苦しみが心に迫ってきました。
また、王に言い寄られて絶望するアン・ブーリンの姿にも、自らの運命をどうすることもできない苦しみに涙を誘われずにはいられませんでした。

一方、後半は喜劇的な演出多し。
吉田鋼太郎氏演じるウルジーが、やはり圧倒的でした。
失脚し身ぐるみ剥がれるシーンでは、あまりの嘆き悲しみように哀れというより滑稽さが勝って客席が沸き立つ。その表現力!
また、カンタベリー大司教に対するヘンリー王のあしらい方が、こうするしかなかったのだなと思いながら演出の妙で笑いを誘われました。
というのも、大司教という立場にしては、演者の金子大地さんが初々しすぎるのです。
さすがにちょっとミスキャストではないかな、と思いました。

阿部寛氏のヘンリー王は、生まれながらの王の威厳と風格があり、はまり役だと感じました。
意思の強さと思慮深さを兼ね備えた王に見えましたが、それでも腹黒いウルジーの企みを見抜けなかったり、非の打ち所のない妻である王妃を追い出したり、観ていて歯痒い。
演出が巧みでしたのでカタルシスはありましたが、シェイクスピアの戯曲にしては、主人公の姿がそこまでドラマチックに描かれているとは言えないかもしれません。
どちらかというと、群像劇の印象が強いお芝居でした。

工藤さんはどの役か知らずに行ったので、見つからなかったらどうしよう、と思っていたのですが、メインキャストのサフォーク公でした!
渋い貴族役で、背が高いので軍人姿がとても格好良かったです。
終演後、楽屋にご挨拶に行ったら、一緒に写真を撮って下さいました。

ERxIU8dW4AAy7qk.jpg

工藤さんから翌日以降の公演が中止になったと聞き、まさに滑り込みで観劇が間に合ったことが奇跡に思えました。
残り3日4公演と、その後に予定されていた大阪及び九州公演も、中止になったそうです。
一体、どれだけの人が涙を飲んだことでしょう。
新型コロナウイルスの蔓延が一刻も早く収束するよう、祈るほかありません。

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
03

09

03:50
Mon
2020

No.0300

犬鳴村

先月、神保町スピノールギャラリーにて、井上雅彦氏の新刊「珈琲城のキネマと事件」のブックトークを開催しました。
その打ち上げの席で井上氏が映画「犬鳴村」の試写会に行ったというお話をされていました。
私は残念ながら詳細を聞き漏らしたのですが、後味が悪いラストだったとか。
いずれにしても、清水崇監督作品で、都市伝説を題材にしたホラーということで、非常に興味を持ちました。
《哲学者の薔薇園》の常連で、翻訳家の夏来健次氏(通称鵺さん)が早速観に行ったというので、羨ましく思った私。
相方を誘ってみるも「ホラーは嫌だ」と呆気なく断られたので、お世話になっているホラー好きの作曲家、KANAMIさんをお誘いし、首尾よく了解を取り付けました。

当日は、私がレトロ喫茶取材に行きたいばっかりに、錦糸町という馴染みのない街の映画館で待ち合わせ。
封切後間もない割にそこそこ空いている気もしたけど、普段そんなに映画館に行かないので、普通どの位の客入りなのか分かりません。

さて、以下感想になりますが、ネタバレ含むと思いますので未見の方はご注意下さいね。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


前半は結構怖かったです。
ジャパニーズ・ホラーならではのじめっとした質感。
特に衝撃的だったのは、ある登場人物が降ってくるシーンなんですが、後半により一層びっくりさせられました。
隣のKANAMIさんなんて「わっ」って声が出てました。

この状況、主人公も相当怖かったと思う。
なのに何故かその後、トンネルを越えて村に入る決意をする。
何でやねん。

そこで、以前から主人公を見守ってきた男が登場。
謎解きターンに入り、怖くなくなるやつです。
少なくとも怖さの種類が変わって、スリラー的怖さになります。
恐怖って結局、正体不明だから恐怖なんですよね。

古い映像を観るシーン、「女優霊」を思い出しました。
これも違う意味で怖かったなー。

トンネル脱出のシーンは、ギャグだと書いているレポートがありました。
確かにあれは不可解。
逃げられるのにわざと逃げないみたいな撮り方。
ラストもホラーでは良くある感じでした。

でも全体としては、程良くまとまっていたと思います。
あまりはっきりとは描かれませんが、被差別部落のような因習的な要素に、新旧の都市伝説、タイムパラドックスまで混ぜ込み、かなりのてんこ盛り状態。
それを特殊能力を持つ主人公目線で描いているお陰で、説明的になり過ぎずにストーリー展開できたのかなと思います。
(犬神筋とかも絡んでるのかな、と思いましたが、ちょっとその辺りは断定できません)

ところで、冒頭の明菜が小屋の前にいるシーンで、一瞬明菜の下腹辺りが血に染まっているのが見えたのが気になりました。
ところがKANAMIさんに聞いても鵺さんに聞いても「見ていない」と言います。
ネットで調べても出てきません。
何となくYoutubeを見ていたら、冒頭の数分間が公開されているではありませんか。
見てみると、ちゃんと映っています。
鵺さんに話したところ、ブログのネタにして下さいました。

どんぺりもってこい

KANAMIさんは「邦画は洋画に比べると、映画館で見る用に作られてないのが勿体無い」というようなことを仰っていました。
私もそれはよく分かります。
あまりスペクタクル的な要素がないというか、日常的な題材のものが多いのかな、と。
折角の大画面を生かせるよう、ドラマと差別化することが出来たら良いですよね。
エンドロールのドローン撮影は、そういう意味ではとても良かったと思います。

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
02

29

02:11
Sat
2020

No.0298

ホラー水族館「海の妖女“セイレーン”~生きている恐怖~」

一昨年、「七人ミサキ」を見にいったサンシャイン水族館で、またホラー企画をやるということで、チケットが天から降ってきましたので(比喩表現)、前回と同じメンバーで行くことになりました。
今回はテーマが「セイレーン」とのこと。
そう、オデュッセウスが美しい歌声を聞きたくて堪らず、でも聞くと海に引き込まれてしまうので、マストに自分を縛り付けてその海域を通過したという、海の精霊です。
セイレーンには人魚の姿で描かれるものと、ハーピーのような人間の顔を持つ鳥の姿で描かれるものがあります。

海の妖女“セイレーン”~生きている恐怖~」の会期は3月8日まで。
まだ1週間ほどありますので、これから行かれる方はネタバレに注意して下さいね。
(事前情報がない方が、楽しめるかと思います)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


当日、水族館前で待ち合わせ、受付に行ってチケットを見せると、入場時間の区切りはありましたが、いつでも入って大丈夫です、と言われました。
その為なのか、それとも前回はハロウィンの時期だったのが効果的だったのか、入口には前回あった入場の列がなく、ガランとしています。
コースも前回とは逆に、上階から下階へと降りてゆくスタイル。

2020216_200228_0001.jpg
さすがにホラーの部分は撮ったらまずそうなので、水槽の写真を貼っておきます。

入ってみると、ごくごく普通の水族館の状態です。
いや、よく見ると普通ではありません。
水槽や魚の説明板以外に、セイレーンについての説明のパネルが置かれ、セイレーンらしき姿の描かれた古書や図版などが展示されています。
それが、かなり精巧なのです。もしかするとこれは実際にある古い文献なのかな、と思ってしまうほど。
セイレーンの骨格標本的なものまでありました。
私の友人知人の画家や造形作家には、妖怪画や標本作品を製作されている方も多いので、もしかしたら知人が作っていたりするのかも知れません。
ジョン・ウィリアム・ウォーターハウスが描いた「オデュッセウスとセイレーン」のプリント布もありました。

2020216_200228_0007.jpg

「ブオー」という鳴き声が聞こえたので、セイレーン?!と思ったらアザラシのようで、でも水槽が布で覆われていて、見られませんでした。残念!

2020216_200228_0013.jpg

しばらく進むと、「ここからは先日捕獲された、本物のセイレーンが展示されています」とスタッフさん。
いよいよ、本格的なホラー体験が始まるようです。
スタッフさんが「セイレーンが脱走しました!危険ですので気をつけて進んで下さい!」と叫びます。
ただ、台詞がいささか棒読みで、緊迫感に欠けるのが残念です。
実際、お化け屋敷専門のスタッフではなく、水族館のスタッフなのではないかと思うのですが、どうなんでしょう・・・。

セイレーンだけでなく、殺された哀れなスタッフたちの死体が転がる、物騒なエリアを、スタッフさんに「急いで走り抜けて下さい!」と急かされつつも、なるべくじっくり見ながら通り抜けました。
スタッフさんに「鍵を掛けるのを協力して下さい」と言われた相方が言われるとおりにしたところ、実は逆に蓋が開けられていて、飛び出したセイレーンが身体に当たるというハプニングも。

「七人ミサキ」の時もあった、「見つかるからじっとして動かないで」と言われてじっとしているすぐ前を、セイレーンが獲物を探しながら間近を通り過ぎてゆく、スリル満点のシーンも。
倒れている犠牲者が突然起き上がるびっくり演出も、当然あります。
「珍しい貴重なセイレーンを捕獲」したはずが、エリア内にセイレーンが何匹も動き回っていた、というのはご愛嬌。
ここに展示されているセイレーンは人魚型ではなく、鳥タイプです。
水族館なのに?って思われるかも知れませんが、魚だとお客に近づけませんからね。

さて、一同無事脱出できましたが、前回同様、近くにお客さんもスタッフさんも大勢いるので、怖さという意味ではそんなにはありません。
暗いところを通り抜けていく箇所が、ちょっとだけ怖かったかも。
出口のところには、セイレーンに襲われて怪我をした館長の写真入りの挨拶文が。
館長お茶目です(笑)

DSC06537.jpg
私だけ顔嵌めパネルで写真を撮られ、しかもやたら似合うと言われる。

今回残念だったのが、併設のカフェでのコラボスイーツがなかったこと。
帰りにサンシャインシティに寄って、お食事をして帰りました。

2020216_200228_0015.jpg
相方の頼んだカマンベールチーズのライスグラタン。カロリーの暴力!

なんだかんだ楽しかったので、次回作にも期待したいと思います。
クラゲが綺麗だったなあ。

2020216_200228_0011.jpg

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
01

31

21:02
Fri
2020

No.0292

新年の鎌倉

日々の流れの速さに幻惑されているうち、1月も終わり。
書き留めておきたいことは沢山あったのに、到底追いつけずにおります。
とりあえず年明けは毎年恒例の、実家への挨拶に行きました。

元旦は大抵遅く起きて「桃太郎電鉄」をやりながらダラダラ過ごすので、鎌倉に行くのは2日。
妹一家と弟が一緒になることが多いのですが、今年はそれもなくて残念。
バスの本数があまりなかったので、裏駅から歩いていくことにしました。
父が手入れをしている峯山のある、北条家常盤亭跡地は、私が大好きだった場所。
奥の方の林に「時間の森」と名付けて、セルフポートレートの撮影をしたりしていました。
でも、この季節は枯れ草ばかりで、あまり趣がありません。

202012_200201_0044.jpg

この道沿いで一際目を引くのは、まるでダリがデザインしたかのような、前衛的な白い建造物。
出来た当初はイタリアン・レストランでした。
その後オーナーを変えつつ営業していた筈ですが、今はどうやら廃墟のようです。
あまり人の通らない場所にあるので、仕方ないことかもしれませんが、非常に勿体無い。

202012_200201_0043.jpg

30分程歩いて、鎌倉山の麓にある、実家に到着。

202012_200201_0041.jpg

挨拶をしながら玄関に入ると父が出てきて「お母さん腰が痛いって寝ちゃったよ」と言います。
両親ともかなり高齢ですので、あちこち具合悪くなっているようです。
顔を見にいくと「ごめんね、お料理出してるから食べて」と。
父が注いでくれた大吟醸を形式だけ口にし、御節料理を頂きました。

202012_200201_0042.jpg

小松さんと「初詣がてら打ち合わせしましょう」となんともざっくりした約束をしていたので、姪たちへのお年玉を託して、早々にお暇しました。
実家の近くにあるアンティークショップ、ジョグラールさんがものすごくカッコいいので、ちゃっかり扉の前で写真を撮らせて頂く。

202012_200201_0013.jpg

小松さんと駅ビルのカフェで落ち合い、鶴岡八幡宮へ。
八幡宮の境内には時々行くけど、本殿まで行くのなんていつぶりかしら。
小町通りは混んでいそうなので、若宮大路を行くことにします。

202012_200201_0038.jpg

途中までは割とすんなり進みましたが、本殿が近くなるとやはり通行規制が掛かり、進みが遅くなります。
名物の鶴岡八幡宮警備員の真っ赤なコート姿を隠し撮りしたりしつつ、ゆっくり進んでいきました。

202012_200201_0037.jpg

大分陽も傾いて来た頃、本殿前に到着。
カトリックの私は本当は御詣りしてはいけないのですが、最近はあまり堅苦しく考えないようにしています。
私が神仏にお祈りすることといったら、世界平和だったり、なるべく沢山の人々の幸せだったり、人類の生命体としての進化だったり、何かとスケールが大きいので、多分どこで祈っても大丈夫。

御詣りも終わって、販売所で破魔矢だのお守りだのおみくじだのを「何か買う?」と言い合いつつ、物色。
小松さんによれば、鶴岡八幡宮のおみくじは凶が出やすいのだそう。
そんなのあるのかな、と思いましたが「有名ですよ」と小松さん。おみくじの中身は、神社側で操作可能なんだそうです。
どうせ操作するなら、人気が出て買う人が増えるように大吉とかを多めにしそうなものですが、凶が多いのには何か理由があるんでしょうか・・・。

八幡宮を出る頃には、辺りはもう真っ暗。
ご飯を食べながら打ち合わせしよう!と、ミルクホールへと向かいます。
途中洋菓子店の「紅谷」に売っている「鎌倉の鐘」というバタークリームのお菓子が欲しくなり、引き返して入ってみましたが、残念ながら売り切れ。
紅谷のラインナップは他にも「あじさい」というラスクや、「クルミッ子」というエンガディナー風のお菓子など、どれもお勧めしたいものばかり。
クルミッ子の箱入りが辛うじて残っていたので、自家用に購入しました。

ミルクホールは数年前に改装して建物は新しくなったはずですが、中の雰囲気は依然と変わらず、アンティークで落ち着きます。
意外にも、小松さんは初来店とのこと。
去年の夏に来た時に「オペラライス」というホワイトソースのライスを頼んだのですが、今回はビーフストロガノフと、ゴルゴンゾーラのニョッキにしました。
小松さんは名物らしきハヤシライスを注文。

202012_200201_0033.jpg

運ばれて来たビーフストロガノフ、どうも見た目が私の知っているビーフストロガノフと違います。
肉の細切れが入ったオレンジ色っぽいソースが乗った、カレーのような見た目。
トマトクリーム風味という私好みで美味しかったので、まあこれはこれで良しとしましょう。
小松さんとは、今年から本格的に着手する、生地類や古着などのECショップの運営のお話を。
私も毎年のように、アルバイトを減らす減らすと言いながら実現できずにいましたが、とうとう今年からは願いが叶いそうです。
皆様にも、今年が良い年になりますよう、改めてお祈り申し上げます。

202012_200201_0024.jpg
大正ロマンっぽい衣装の小松さんと私。ミルクホールの雰囲気にはまってます。

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村