Rosa†Antica(ロサ・アンティカ) - アンティーク・レトロ雑貨店店主、女優、人形作家、由良瓏砂のブログ

02« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »04
02

10

01:21
Wed
2021

No.0358

西荻窪アンティーク散歩

ちょっと探し物があり、先日からあちこちのアンティークショップを回っています。
そういえばせっかく去年の7月に、大好きな西荻窪の近くに引越してきたのに、まだアンティークショップに全然行っていません。
倉庫状態の2階を片付けたら人形を飾る棚を買おう、と思いながら、片付かないので先延ばしになっていたのです。
丁度いい機会なので、西荻のアンティークショップ巡りをすることにしました。

西荻には「古本とアンティークマップ」というものがあり、アンティークショップや古本屋、レトロ喫茶などには大抵置いてあります。
これを手引きに、お店を回ることにしました。
ちなみに現在発行されているのは、vol.20。
西荻窪以外にも、吉祥寺や国分寺にも似た感じのマップがあったと思います。
(今も発行されているかどうかは分かりませんが)

家から自転車で西荻方面へ。
まずは五日市街道沿いの「CENTURY HOUSE]を目指しました。

20210207_125806.jpg
散歩中よく植物や花の写真を撮ります。

ところが、着いたのはいいけれど、お店が閉まっています。
お店の前には品物が置かれたままになっていますし、ガラス扉越しに中も見えるのに、何とももどかしい。
このお店の前は何度か通り、その度に気になったのですがいつも閉まっていました。
地図には不定休とはなっていますが、もしかしたら閉店してしまったのだろうか。

後ろ髪を引かれつつ、駅方面へと進路を変えます。
南口の商店街の「ひぐらし古具店」も閉まっていて、訪れたお客が残念がっていました。
神明通りの「アンティーク コレクションズ」はまあまあ品揃えが良さそうでしたが、店主さんに尋ねたところ「今はあまりないね」とのお返事。
他にも地図には何軒かのアンティークショップが載っていますが、閉まっているのか見当たらないので、駅前まで移動。

20210207_132253.jpg

「ラ・カージュ」は、鳥籠好きな私が気に入っているお店で、ここで、小さな鳥籠を購入したこともあります。
緑に覆われたお店の佇まいも大好きなのです。
久しぶりに入ってみると、相変わらず鳥籠は沢山ありましたが、以前に比べてアンティーク以外の雑貨などが増えているような。
こういうアンティークショップは時々あります。アンティークの仕入れは難しいですもんね…。少しだけ残念。

駅の北口に出てすぐのところに発見した、「リサイクルギャラリーNEWS」。
ここがなかなか、心憎い品揃え。
特筆すべきは、シャンデリアの豊富さです。
他にも気になるものも多くて、帰りにまた寄ろうかな、と思った程でした。
ビスクドールが充実した「西洋骨董 プルミエール」に向かいますが、ここもやはり開いていませんでした。無念!
一旦駅に戻り、西へ。

伏見通り沿いには、アンティークショップ以外にもおしゃれなお店が多くて楽しい。

20210207_140347.jpg
「blue water flowers」。多肉植物が多くてこれまた惹かれる店構え。

「木土藍楽」「とりとり」と覗きますが、やはり和ものにはそんなに惹かれません。
それより、私が一番行きたかった「道具屋 慈光」が近付いてきたので、否応なしにテンションが上がってきました。
しかし、どこまで行ってもお店が見当たらない…。
どうやら道を間違えたようです。

引き返して、今度は間違いなく慈光に辿り着きました。
というか、隣が謎の骨董店になっています。前はここも慈光だった気がするのですが…。
ツタンカーメン像がドーン!とあるのにびっくりしました。

慈光さんは流石の品揃えで、しかもとにかく安い。
レリーフ2点とハルシオンデイズのピルケース等々を購入。
まだ欲しいものはあったのですが、セーブしました。
あと、ロサアンティカの品揃えにそぐわないのは分かっているのですが、天球(多層球)がいつも気になってしまうのですよね。
本物の象牙だそうです。そのうち買っちゃうかも…。

目当ての物は見つかりませんでしたが、満足してお店を出ました。
はす向かいの「ノースウエスト アンティークス」も覗きましたが、こちらはアメリカンな感じなので、私の好みとはちょっと違うかな。

20210207_145728.jpg
小さなブティックの前に植えられた多肉植物。

帰りに喫茶店「物豆奇」にレトロ喫茶東京の取材を兼ねて寄ろうと入ったら、満席とのこと。

20210207_150228.jpg

帰ってお茶にするか、と思っていたら、「パティスリーレリアン」という可愛い洋菓子店を発見。

20210207_150922.jpg

ケーキがどれも綺麗で美味しそうだったのですが、自転車で荷物も多いので絶対崩れるだろうな、と思い、クイニーアマンと林檎とカスタードのブリオッシュで手を打つことにしました。
帰り道、「村田商會」さんで教えて下さった「アロマ珈琲」でコロンビア スプレモを購入して帰宅。

20210207_155530.jpg

暖かい日だったので、バルコニーでお茶しようと思い立ちましたが、ちょっと準備不足でした。
今度バルコニーの手入れをしてみようと思います。

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
01

29

04:26
Fri
2021

No.0356

アピシウス

相方の悠雅くんのお誕生日、今年は緊急事態宣言下とあって旅行に行くことは躊躇われましたので、都内のフレンチ・レストランを予約することにしました。
お店を探して予約をしたのは、誕生日である27日の、ちょうど一週間前。
普段予約が取りづらいお店も、今はチャンスかも知れない、と思っていたのですが、カンテサンスは三ツ星だけあって、この状況下でも予約が塞がっているようです。
最近はモダン・ガストロノミーやヌーベル・キュイジーヌのお店が多かったし、グランメゾンで伝統的なフレンチを楽しむのも良いかな、と思いました。
少し前に、とても気に入っているお店の一つだった芝のクレッセント閉店のニュースにショックを受けたのもあります。
由緒正しいグランメゾンと言えど、いつ無くなってしまうか分からないのだから、なるべく行っておこう、と思ったのです。
何だかんだ言ってレカンもロオジェもトゥール・ダルジャンもまだ行っていませんので、選び放題です。
ローマの美食家から名前を取ったという「アピシウス」が名前のインパクトがあっていいかな、と思い、ネット予約をしたところ、すぐに折り返しがありました。
アレルギー等をお伝えし、無事予約完了です。
ちなみに男性は上着着用なのが若干不安でしたが、相方の着る服はちょっと特殊だけどジャケットには違いないので、たぶん大丈夫、と自分に言い聞かせます。

さて当日、日比谷駅で下車。
ペニンシェラ東京を横目に、蚕糸会館へ。

2021127 アピシウス_210129_0

外階段を降り、予約時間数分前に、地下のお店に到着しました。
クロークでコートを預けると、すぐに席に案内されます。
ウェイティングバーは落ち着いた雰囲気で、大人の社交場という感じでした。
メインダイニングはテーブルの間隔が比較的近く、そしてギャルソンの数がとても多い!
入口付近のテーブルには、大きな林檎のオブジェが鎮座しています。
アールヌーヴォー様式の鏡やランプが、優雅な空間を演出しています。
お通し的に、アンチョビ詰めのオリーブを盛った皿が出されたのが、珍しかったです。

ランチメニューは3種類ありましたが、私も相方も一番安いコースにして、前菜は二人とも「宮城県産牡蠣のフラン キャビア添え サフランクリームソース」を。
メインは私が「国産牛肉とフォアグラのカイエット仕立て ペリグーソース」、相方が「アピシウス特製 冬のブイヤベース」。

2021127 アピシウス_210129_2

アミューズ・ブーシュは、サーモンやパプリカのクスクス仕立て。
フランスってモロッコ料理屋さん多いんですよね。
モスクでクスクス頂きましたが、正直あまり美味しいものではないな、と思ってました。
あ、イタリアのポレンタも。

2021127 アピシウス_210129_3

前菜の牡蠣は、ぷりぷりしていてすごく美味しかったです。
周りのクリームソースは茶碗蒸しみたいに固まっていて、その中にも牡蠣のピューレが入っているんです。
添えてある人参や大根は、綺麗に丸くくり抜かれていました。

2021127 アピシウス_210129_4

次はいよいよ、メインです。
フォアグラ入りのハンバーグを牛肉で巻き、更に皮と何かで包んでいる、との説明でした。
下には紫大根などが散りばめられたマッシュポテトが敷かれ、トリュフソースが周りを取り巻いています。
お肉とフォアグラの旨味が溶け合って、絶妙な味わいでした。

EsunLn7U4AcIHPa.jpg

相方が頼んだブイヤベースは、見た目よりもかなり濃厚なスープだそう。
鱈、金目鯛、チョウザメと3種類もの白身魚にアワビ、ホタテ、と2種類の貝という、豪華な具材。
中央の白子のベニエが絶品だといって、少し分けてくれました。
甲殻類アレルギーなので、海老もくれました。
蟹はダメだけど、海老は火を通していれば比較的大丈夫なのだそうです。

パンも二種類頂いたので、ここまでで大分お腹いっぱいになりましたが、最後にデザートワゴンが控えています。
ケーキは10種類くらい、他にアイスクリームとジェラートも数種類、とのことでしたが、パリブレストと苺とピスタチオのダッグワースだけ頂きました。

2021127 アピシウス_210129_5

相方は4種類頼んでいましたが、いつも全種類とか言うのに珍しいな、と思ったら、柄にもなく遠慮していたようです。
紅茶のアイスクリームを頼めば良かった!と残念がる相方。
そして私も、タルトタタンも頼めば良かったなあと後悔。
パリブレストのクリームが濃くて滅茶苦茶美味しかった!」

2021127 アピシウス_210129_8

ギャルソンが写真を撮って下さったのですが、「ポール・ギヤマンの絵も入れますね」と、粋な計らいをして下さいました。
帰り際にもシャガールの絵を見ましたし、後で知りましたがワイエスやビュッフェ、ユトリロの絵も飾られているのだとか。
いつも、フレンチレストランでも壁の絵に拘りのないお店が多いことを残念に思っていたので、アピシウスの美意識には少なからず感激しました。

お食事の後、支配人の永井氏が「何で知ったんですか?」と話しかけて来て下さったので「昔のアルバイト先で見田盛夫氏の本を出版していたので」とお話しすると、「見田盛夫さんはうちの店を気に入ってよくいらしてたんですよ」ととても懐かしがって下さり、晩年の様子などをお話して下さいました。
見田氏の「東京エピキュリアン」は今手元にないのですが、そういえばアピシウスについてはかなり好意的な記事を書かれていた記憶があります。

満足してお店を出て、相方の行きたいと言っていた、コニカミノルタプラネタリウムへ。
「Starry Island 南十字星を見上げて」というプログラムで、南半球の星空の素晴らしさはもちろんのこと、北極点を起点に南への旅をする、という映像が、
夜空の星の見え方がどのように変わっていくかがとても分かりやすくて、素晴らしかったです。
それ以上に素晴らしかったのは、銀河の中に突入していく映像。
遊園地のアトラクションのような臨場感でした。
後半の、世界の風景を旅していくという映像も綺麗でしたが、夢うつつの状態で見ていました。
売店で売っていた天球儀キーホルダーが可愛かったので、プレゼントにしました。

イトシアのラ・メゾン アンソレイユターブルで、ケーキを買って帰宅。
悠雅くんにとって、この一年が良い年になりますように!

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
01

26

23:23
Tue
2021

No.0355

aje antiques

お世話になっているセレクトショップ、コルメキッサの店長みゆきさんに、ロサパルティの社長小松さんが案内してもらったという、横浜市青葉区のaje antiques
そこで小松さんが購入したペンダントライトを取りに行くのに、ついていくことになりました。

aje antiquesの店舗は3店舗あるそうで、メインのお店が「ブランノワール」。
たまプラーザ駅で降りて小松さんの車にピックアップしてもらい、まずはブランノワールに向かいます。

駐車スペースにある、石造りのテーブルと椅子にいきなり度肝を抜かれました。
この椅子座っても引けないぞ・・・。

EsU9tBnVkAAZwJk.jpg

4661.jpg

ガーデンファニチュアーがゴロゴロと置かれたファサードを通り、建物に入ると、お店の奥からみゆきさんと、人形作家のみゅうずさんが手を振っています。

EsU9t_OU0Aghymb.jpg

店内は豪華なシャンデリアが何十と下がっていて、豪華極まりない様相です。
アンティーク好きの私からすれば、あるものすべてが魅力的に見えます。

このお店が素敵なのは、重厚な真鍮やブロンズのアンティークと、シャビーシックなブロカントの雰囲気がうまく溶け合って共存しているところ。
ペールブルーの色調が美しいものが多かったのでスタッフさんに尋ねると、オーナーさんの好みだということでした。

EsUNR0BUcAY-Uyk.jpg

EsUNQ4VVEAIp3ZB.jpg

二階のバルコニーから見下ろした、店内の様子。

EsUNP5SUcAU8XKp.jpg

いつまでも見飽きませんでしたが、他の店舗にも案内して頂けるそうなので、車に分乗しました。

数分で別の邸宅に到着。
こちらは、「アージェアンティークスアトリエ」。
入口にある螺旋階段が素敵でした。

EsU9vxTUUAIDl1H.jpg

中は、かなりみっしりと家具が詰め込まれています。
2階はその名の通りアトリエになっていて、家具やシャンデリアのリペアなどを行っているようです。
折しも、作業中のスタッフさんがいらっしゃいました。

3店舗目は、「ジャルダン ~秘密の花園~」。
ジャスミンの絡まるパーゴラが、まさに秘密の花園!

4662.jpg

ここが私は一番のお気に入りでした。
エントランスのパーテーションやディヴァンがとても瀟洒。

EsU_jDmU0AEOYW4.jpg

何と中には、お城の城門がそっくり置かれていました。(しかも予約済みだとか!)

EsU_kF-UwAAzR1z.jpg

しばし、住人になった気分を味わいます。

EsU_lJ8UcAEcU-.jpg

ブランノワールに戻ってコーヒーを頂き、再び置いてある品物を物色。
小松さんは、アトリエにあったウェッジウッドのジャスパーのジャグが気に入ったようで、お買い上げすることに。
みゆきさんみゅうずさんも、それぞれ気になったお品があったようです。
私はといえば、置いてある素敵なものたちに圧倒されて、もっと古物商のお仕事に力を入れよう!と心に誓うのでした。
誘って下さった小松さん、有難うございました!
シャルーンに照明を取り付けたら、内装ももうちょっと頑張ろうと思います。

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村

01

03

20:16
Sun
2021

No.0351

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
皆様、お正月は如何お過ごしでしょうか。
この先の情勢がどうなっていくのか、先の見えない世の中ですね。
昨年は私自身にとっても、ターニングポイントになる年でした。
近いうちに、改めて振り返ってみようと思います。

毎年、大晦日は祖師ヶ谷大蔵にあるバー古代楼で年越しをしていたのですが、昨年は喫茶茶会記で年越しのイベントを行いました。
そして今年は、友人がホームパーティをやるので来ない?ということなので、お邪魔することに。

30日から大掃除を始めましたが、家が新しいのでそんなに大変なところはありませんでした。
但し、2階は相変わらず片付いていませんが、ここは長期戦のつもりなので、想定内です。
夕方からお正月料理の買い物に行きました。

大晦日は相方が筑前煮を作り、私は《哲学者の薔薇園》で使用した蕎麦粉があったので、それを使って蕎麦打ちに挑戦!
蕎麦粉と小麦粉を混ぜ、水を加えて練るだけなので、力はいるだろうけどそんなに大変ではないでしょ?と思っていたんですが、それだけのことが結構大変でした。
水が少なかったのかなかなかまとまりません。
水を足して何とかまとめて、次は麺棒で伸ばし、打ち粉を振って折り畳んでは伸ばす、というのをやるのですが、これまたなかなか薄くならない。

20201231_194109.jpg

いい加減なところで妥協して、切っていったら、きしめんとかほうとうのような平たい麺になりました。
後の調理は相方に任せます。
出来てきたかけ蕎麦に、葱などの薬味も天麩羅もなかったので、すり胡麻だけ振りかけてみました。

20201231_201508.jpg

まずつゆを一口。さすがに美味しい!
続いて麺を食べてみます。
固い。練っていた時感じた通りです。
レシピの分量にとらわれず、もっと水を入れれば良かった。
そして酸味があって、お世辞にも美味しいとは言えません。
途中でギブアップした相方の分は冷蔵庫に仕舞い、開始時間から30分程遅れて友人宅へ。

テーブルの中央には、たこ焼き器がセットされています。
ちょうど、第二弾を作っているところでした。
中身は蛸の他に、ウインナーとにんにく。
たこ焼きはひっくり返して丸くなるのが楽しいんですよね。

20201231_223323.jpg

友人が漬けた沢庵なども頂きつつ、アベマTVで鬼滅の刃のアニメを見たりして、夜は更けていきました。
プロジェクターで壁にタイマーを投射してカウントダウンするよ!というので、数分前から待機。
年が変わった瞬間を激写できました!

しばらくだらだらしてから、近所の菅原神社へ。
学問の神様なので、《哲学者の薔薇園》についてのお祈りにはぴったりです。
が、去年とは違い、行列ができています。
去年は明け方くらいに行ったので、そのせいかもしれません。

20210101_013044.jpg

20210101_012624.jpg
道真公ゆかりの「撫で牛」

朝、友人宅をおいとまし、帰って昼くらいまで寝ました。
起きてお雑煮を作り、御節と一緒に頂きます。
今年は相方の実家から御節が届かなかったので、大分貧弱な正月料理です。

beauty_20210101134548.jpg

そしてちゃんと着物に着替え、何をするかというと、お正月恒例「桃太郎電鉄」!
途中まで調子良かったのですが、カードの使い方の上手すぎる相方が追い上げてきて、結局相方の大勝利。

20210101_163452.jpg
冬眠するカード使うの初めてだったので、タコっぽいキャラも初めて見た。かわいい。

コロナ感染者が増えているので迷っていましたが、用事もあったので、2日は鎌倉の実家へ。

20210102_132242.jpg
鎌倉駅前。例年よりやはり人が少ないです。

いつも歩いて行って「来るのが遅い!」と怒られたりするので、西口からタクシーを使いました。

20210102_145546.jpg

20210102_145645.jpg

弟が来ていて、いつになく色々話ができました。

20210102_134326.jpg
お正月料理もとても美味しかったです。特に鰤!

母から、鎌倉のお店で5000円分の買い物ができるという「縁むすびカード」というものを貰い、実家を後にしました。
叔母から頂いたコートのシルエットが綺麗だったので、帰り際、西口広場の時計台の下でちょっと撮影。

20210102_181028.jpg

年末にアビエタージュで購入した、ピアノマフラーも良いアクセントになっています。

靴がボロボロで買い換えたかったのですが、目当ての靴屋はもう閉店。
諦めて帰ろうとしていたら、「神戸旅靴屋」というお店を発見。
可愛いデザインの靴が多く、しかも全て革靴です。
ただ、残念なことに縁むすびカード」は使用できないとのこと。
どうしようかな、と思いましたが、試着して指の当たるところを伸ばして下さったりととても親切だったので、カードは他の店で使うことにして、購入しました。
よい買い物ができました♪

今日3日は「生贄」トークの時など話題に出た、タルコフスキー「サクリファイス」を鑑賞。
これについては、別に記事を書こうと思います。
明日は仕事初め。
今年も気合入れていきますので、宜しくお願いしますね!!

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。




にほんブログ村

10

30

23:50
Fri
2020

No.0340

京王フローラルガーデンアンジェ ナイトBBQ

京王多摩川にある京王フローラルガーデンアンジェは、私の大好きな催事であるGo Green Marketの会場なので、何度か訪れたことがあります。
9月、黒い瞳ちゃんが「まだ夏は終われない!花火もやっていないし、お祭りもバーベキューもしていない!」と力説していた時、電車の中で見つけたのがナイトBBQの吊り広告。
必要な道具は全て用意してくれるという至れり尽くせりの施設のようなので、よしここに行こう、と話がまとまりました。
ただし、スケジュールの都合上、実現は10月末の日曜ということに。
私の相方の悠雅くんは「絶対寒いよ有り得ない」などと言います。
多少の不安を抱えつつ、近くなってきたので瞳ちゃんを幹事に据えて予約。

当初『インダストリアル・ダイエット」メンバーで持ち上がった企画でしたが、それ以外の音楽関係のメンバーが増え、私が会った事の無い方も3人ほどいる、という状態になりました。
私のやっている演劇ユニット、MONT★SUCHTメンバーの繭麗ちゃんも誘い、益々よく分からない顔ぶれになりました。

当日は前の予定が早めに終わった繭麗ちゃんと落ち合い、お茶をすることになりました。
駅で瞳ちゃん、たかしくんとバッタリ。

92350.jpg
京王フローラルガーデンアンジェ入口のディスプレイ。

92355.jpg

ガーデン入口にある、ゆるいハロウィンディスプレイの前で撮影して、散策するという彼らと別れてティールームへ。
私たちもガーデンを散策して、秋薔薇でも撮影しようかな、と思っていたのですが、お茶をしている間にガーデンの閉園時間になってしまいました。
入口で今度は悠雅くん、まっつんと会い、再び撮影してから入場。

S__30908462.jpg

92351.jpg
中に入ったところにも、ハロウィンディスプレイが。

バーベキューヴィレッジはガーデンの奥の方にあります。
まず最初に、スタッフさんからダッチオーブンやフリードリンクシステムの説明を受けます。
飲まない私たちにとって素晴らしいことに、アルコールとノンアルコールが別会計できるというシステム。
それぞれの色の腕輪を付け、カップは毎回交換を、などとの説明を聞き、ドリンクをもらってきて乾杯。

92358.jpg

92357.jpg

分厚いステーキや、玉ねぎやピーマンなどの野菜を、主に瞳ちゃんともう一人の男子とで焼き始めました。
私は少し前に焼肉屋さんで「宇宙人なの?」と言われた程の焼肉音痴なので、大人しくしていようかと思ったのですが、焼く人がなかなか食べられなくて可哀想なので、途中で焼き係を変わりました。

S__30908464.jpg

やがて遅れてきた人も揃い、再び乾杯。

S__30908469.jpg
集合写真。

コース内容はビーフステーキ、豚バラ、スパイスチキン、野菜、ポテトチーズ焼き、などで量的にはそんなに多くなくて、ちょうど良いくらいでした。
予約した後で悠雅くんが「ミスジステーキやプルドポークという良いお肉の入った少し高いコースがいい」と言い、2、3日前にコース変更を申し出たのですが、変更できなかったのが残念でした。
ソフトドリンクは、珈琲紅茶など温かいものの中に、ホットのジュースが色々あったのが面白かったです。
ゆずとかアップルはまだ分かりますが、マンゴー、白桃、ぶどうなどはどうなんだろう?と試しにホットマンゴージュースを頼んだら、意外と美味しかったのでびっくり。

92352.jpg
池を取り囲んで、バーベキュースペースが並びます。

S__30908471.jpg
モントザハトチーム(悠雅くんいないけど)。

この日は暖かい日で、コートではなくジャケットを羽織っていたのですが、やはり日が落ちると肌寒くなってきたので、オーブン前で暖を取りました。
外にも2、3組のお客が来ていましたし、この時期のBBQが非常識と言う程ではないと思うのですが、完全屋外なので雨とか寒い日だったらちょっと辛かったかも。
大勢の人が集まったので「人狼をやりたい」と主張し、最後に1ゲームやることになりましたが、瞳ちゃんがへべれけであんまりまともなゲームにならず(笑)。
しかもゲーム中に終了時間が来てしまったので、電車の中でまでやっていました。

S__30908482.jpg
またも入口のディスプレイ前で。

お付き合い下さった皆さん有難うございました。楽しかった!

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村