Rosa†Antica(ロサ・アンティカ) - アンティーク・レトロ雑貨店店主、女優、人形作家、由良瓏砂のブログ

12« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »02
11

08

20:43
Sun
2020

No.0341

ハロウィンイベント2020@ゴシックバー プラシーボ レポート

今年のプラシーボでのハロウィンイベントは、31日土曜日当日開催でした。
土曜日はアルバイトの日なので、16時のバイト終了後に渋谷から桜木町へ移動。
私がお店に入った時点で、既にほぼお席が埋まっている状態でした。

この日の出し物は「ドールパフォーマンス」。
私のジャン・ジュネ「アダム・ミロワール」朗読に合わせ、プラシーボスタッフでもある結さんが人形振りパフォーマンスをするのですが、なんとこの演目の為にマスターの大介さんが曲を作って下さいました。
LINEのビデオ通話で稽古はしたものの、やはり実際に合わせないと不安です。
音出しを相方に頼んだのでその練習も兼ね、お店の外でリハーサル。
私はホラーメイクブースもやることになっていたので、リハ後にお客様に傷跡メイクをして、それから着替え。
お客様が次々といらして下さり、申し訳ないことに入店をお断りした方もいらっしゃいました。

20201031_201108_1.jpg
プラシーボテーブルゲーム部のメンバーと。

「アダム・ミロワール」は、昔江ノ島にあった「天文館」という小劇場で、春詞音という劇団が上演したものを見たことがあります。
これはバレエ台本で、登場人物、装置、衣装、動きなどの指定がされています。
ただ、ジュネらしく男性のみの登場人物なので、私と結さんが上演するに当たって、台詞部分を付け足してアレンジしました。
ラストもちょっと捻ってあります。

バー営業中の20分くらいのパフォーマンスなので、想定外のことがあるだろうし、臨機応変に対応するしかないとは思っていましたが、その辺りはクリアできました。
ただ、段取りよりは演技に入り込むという意味で、もっと結さんと直に会って練習したかったな、という感想です。
またお声がけ頂いているところもありますので、機会があれば再チャレンジしたいと思います。

20201031_201108_0h.jpg
結さんと!パフォーマンスの衣装はお揃いのドレスでした。

20201031_201108_0g.jpg

パフォーマンス後は、何名かのお客様にホラーメイクを施術。
今回はホラーというか、傷跡メイクが多かったです。
第三の目のリクエストがあり、手持ちの材料で目を作るのが難しかったので、今度は既製品のドールアイを用意しておこうかと思います。

20201031_201108_9.jpg

20201031_201108_6.jpg
顔出しOKのお客様です。

残念ながら自分と結さん、マスター大介さんのホラーメイクを施す余裕がありませんでした。
以下は相方とアプリで撮ったもの。

20201031_201108_1i.jpg

20201031_201108_1f.jpg

20201031_201108_1b.jpg

頼んだ特製メニューのカクテルと、クレームブリュレ風味のフレーバーティ。
照明にめちゃくちゃ映えます。

20201031_201108_14.jpg

20201031_201108_16.jpg

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
10

23

04:01
Fri
2020

No.0338

コーヒー専門店パペルブルグ

アイドル活動をしている門松桃永さんは、《哲学者の薔薇園》と共にサロン・ド・シャルーンで営業していた「ヒナコルメルと處女美術館」のお客様として認識していたものの、面識はないままでした。
SNS上のやり取りで「『レトロ喫茶東京』の取材兼ねて、今度ご一緒しましょう」「同じSERAPHIMのワンピースを持っているのでお揃いで写真撮りたいですね」などと盛り上がり、喫茶店の候補もお互い幾つか挙げていました。
その後シャルーン小松社長も交えてお茶し、その日にツイキャス配信もしようという流れに。

お茶はどこでしようか、と相談していて、小松さんのお家からも行きやすいということで、八王子パペルブルグが浮上してきました。
私もTwitter上などで、素敵な装いのお嬢さんたちが写真を上げているのを見かけていて、気になっていたお店です。
それはいいかも、と話がまとまり、当日は北野駅付近のコンビニで待ち合わせることになりました。

私の相方の悠雅君も同行することになったので、そう送ったら「え、由良さんユニット活動してるんですか?!」と返信してきた桃永さんに、「え?この子天然なの?」と若干動揺した私。
そもそも、大人しいお嬢様かと思っていたらLINEではめっちゃテンション高いし、ドSだという小松さんからの情報も得て、大幅に印象を塗り替えつつあったところなのです。

さて当日。
合流に多少手間取ったものの、無事全員が揃いました。
初対面の桃永さんは、とりあえず写真で拝見していたとおりの可愛さでした。
が、お揃いだという話だったSERAPHIMのワンピースは、実は違うデザインでした。
やはりちょっと天然らしい・・・。

車で15分程走って、パペルブルグに到着!
お伽噺の中に出てきそうな外観に、皆歓声を上げました。

R0019870.jpg

R0019871.jpg

ファサードには箒に跨った魔女の絵が描かれていて、ハロウィンの季節にぴったりです。
「ヘンゼルとグレーテル」の世界観をイメージしているのでしょうか。

20201018_201019_29.jpg
撮影:神崎悠雅

しばらく外で撮影した後、気付いて入口のボードに名前を書きました。
日曜午後早めの時間帯だったのですが、入口に何組か並んでいて、人気の程が伺われました。

20201018_201019_55.jpg
撮影:神崎悠雅

珈琲の良い匂いがするな、と思ったら隣の小さな小屋で、焙煎しているようです。
壊れた煉瓦塀や倒れた石柱の上に蔦が絡まっている、私のとても惹かれる雰囲気の場所だったので、ここでもしばらく撮影しました。

20201018_201019_50.jpg
撮影:神崎悠雅

20201018_201019_1.jpg
撮影:小松晋一朗

20201018_201019_11.jpg
一番のお気に入り♪
撮影:小松晋一朗

クロッキーモデルは定期的にやっているものの、写真の被写体がかなり久しぶりだったので、ポーズの取り方を忘れていましたが(笑)、シチュエーションに助けられて良い写真が沢山撮れました。

20201018_201019_49.jpg

R0019884.jpg
天使もも~なと、悪魔?悠雅。
撮影:由良瓏砂

肝心のお料理やお店自体については、この後「レトロ喫茶東京」にレポート記事を書きますので、是非そちらをお読み下さいませ。

R0019901.jpg
店内でのスナップ。内装もとても素敵でした。

桃永さんは、とにかく天使のように可愛らしかったです♪
外見だけでなく、性格もキュートなのです。
全然ドSではなかったですので、ご安心を。(まだ見ていない顔があるかも知れませんが)

お食事後にそのまま車でシャルーンまで行きましたが、車中ではアニメや漫画の話などで盛り上がりました。
ツイキャス配信では、小松さんの顔の左半分に、桃永さんがいつもしているメイクを施しました。
ところが、顔の右半分は私にホラーメイクをして、という無茶振り。
普通のメイクのつもりだったので白塗りや特殊メイク用の道具や血糊などは持ってきていなかったのですが、ある道具で目の周りと口の周りにホラー風味のメイクを施しました。
でも、半顔メイクの筈が意外と違和感なし。やっぱり大人しめだったのかな。

20201018_201019_16.jpg

桃永さんとはファッションの話でも盛り上がり、今度こそお揃いの衣装にしましょう、と約束しました。
《哲学者の薔薇園》で以前によく新宿御苑でやっていた撮影しながらのお散歩なども、また再開できればと思っております。
もしご興味のある方いらしたら、是非ご参加下さいね。

20201018_201019_13.jpg

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
10

15

23:44
Thu
2020

No.0337

ゴシックバー プラシーボ ハロウィンイベント

今年もやります!
野毛のゴシックバー プラシーボさんでのハロウィンイベント。

去年の記事はこちら。
告知
http://rosaantica.com/blog-entry-272.html
レポート
http://rosaantica.com/blog-entry-280.html

今年は、恒例のホラーメイクの他に、役者でもあるスタッフの結さんと一緒にドールパフォーマンスをすることになりました。
テキストはジャン・ジュネの「アダム・ミロワール」。
とても好きな作品なのですが、上演するのは初めてです。
ジュネの背徳的な世界観を堪能して頂ければと思います。

皆様、ぜひ遊びにいらして下さいませね。
とはいえ、まだまだ気軽に外出はしづらい、という方もいらっしゃると思いますので、ご無理はなさいませぬよう。

**********

★ゴシックバー プラシーボ ハロウィンイベント★

日時:2020/10/31(土)13-25時
場所:ゴシックバー・プラシーボ
    神奈川県横浜市野毛町1-5 港興産ビル1号館 2F
    045-242-1322
    http://bar-placebo.jp

由良瓏砂 ホラーメイクブース 1000円(ポイントメイク500円)18時~

由良瓏砂&結 ドールパフォーマンス19時半頃~
テキスト:ジャン・ジュネ「アダム・ミロワール」
※投げ銭制

prate2x.jpg

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
06

29

03:49
Mon
2020

No.0319

ダメイドナナ

友人の映像・CGアーティスト、ディレクターのブンサダカさんが、「ダメイドナナ」という配信サウンドドラマ番組企画を開始しました。
敢えてスポンサーなどは付けない同人活動なのですが、最近では同人からスタートするコンテンツも多いですよね。
スポンサーの意向ありきだと、思うままに作れないという面もあるのでしょうけど、自然発生的に盛り上がっていくのが楽しいという点も大きいと思います。

72893.jpg

ブンさんとはコロナ前に、とある画期的な展示の企画を進めていましたが、コロナでそれも白紙に戻ってしまいました。
コロナでエンターテイメント業界が打撃を受ける中、彼が以前から温めていたアニメの企画を、実現する好機と思われたようです。
4月にブンさんから、声を手伝って欲しいとのお声がけを頂き、事務所の許可も得られたので、今月半ばに情報解禁しました。
私は13号サティンと、2号ニコというキャラクターの声を演じさせて頂きます。

72892.jpg

サティンはいわば敵役。
最初にキャラクターシートを頂いた時、絵もほとんど無い状態でしたが、設定を見て私は9号か13号っぽいな、と思ったら、まんまと13号のオファーを頂いてしまいました。
特に悪役好きな訳ではないのですが、やはり影のあるキャラクターに惹かれます。
ちなみに9号は、巫女というか陰陽師っぽいキャラクターです。

02号c

そして、もう一人はサティンとは差があるキャラクターということで、ニコのオファーを頂きました。
これが、役作りが難しい!
自分と正反対なのですが、役者としては難しい役こそやりがいを感じます。

サティンの声は早速、紹介ムービーで使って頂きました。
良かったら聴いてみて下さいね

ついにダメイド13号の正体発表!CVも交渉成立!由良瓏砂さん

他のダメイドたちの声も、ニコ生やふわっち、ポコチャなどの配信サイトで人気の配信者さんなどが担当していて、それぞれに魅力的です。
ぜひ、推しキャラを見つけて下さいな。

**********
Twitterアカウント

ダメイドナナ
@damaid7

原作:佐高ふみ
@bunsadak

キャラクターデザイン:柳我聖
@ryuga0u0

1号イチゴ、7号ナナ:小嶋りか
@k_ojima_rika

2号ニコ、13号サティン:由良瓏砂
@yurarosa

9号九狐:いつかさおとめ
@psvita3ds

10号イオ:咲良いお
@_4drop

11号トーイ:ノイズ
@Noise_kill_xxx

16号ワンムー:歌花芯都
@S_UK_R_N

18号ヒトヤ:雨詩
@a_ameuta6
**********

同人アニメなので、皆様の応援あっての企画です。
ぜひ、チャンネル登録して下さいね!
宜しくお願い致します。

ダメイドナナ 公式チャンネル

7月11日(土)、《哲学者の薔薇園》ツイキャス配信にて、原作者ブンさんとのトークライブを配信致します。
まだ謎に満ちたダメイドたちの秘密が、明るみに出るかも?!
是非チャンネル登録の上、ご視聴下さいませ!

《哲学者の薔薇園》キャス

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
05

27

00:44
Wed
2020

No.0314

西村宣造氏モデル作品

前回のブログで紹介させて頂いた、画家のToru Nogawa氏と先日電話で話していて、7年前に亡くなった画家の西村宣造さんが、私をモデルに絵を描いているNogawaさんのことを羨ましがっていた、と聞きました。
「えー、宣造さんも私を描いてたのに」というと、「でも群像でしょ?ソロで描きたかったみたいよ」とNogawaさん。
それで思い出したのですが、宣造さんは亡くなる少し前に、私と相方の悠雅くんに絵のモデルになって欲しい、と仰っていたのです。
二つ返事でOKし、普段の二人の生活をスケッチしたい、というように仰っていたので、いつになるかと楽しみにしていたのに、結局その作品は形にならないままになってしまいました。

このブログでも、前に宣造さんについて描いたことはありましたが(こちら)、絵を紹介したことは無かったと思いますので、この機会にご紹介します。

私が講師を務めていた木村龍さんの人形教室「いおぎい国天使商会」は、三鷹の南浦交差点の角にある、緑色に塗られた長屋の右端にありました。
隣は宣造さんのアトリエ、そのまた隣は大家の野村千鶴子さんがやってらしたカフェギャラリー「忘れな草」でした。
いつも教室の生徒や近所の常連さんが集まる楽しい場所で、そこに集う人たちを描いた宣造さんの鉛筆画が「下連雀雑技団」シリーズ。

i0400.jpg
セーラー服で、お尻を向けて眠っているのが私です。隣が千鶴子さんと、千鶴子さんの旦那さん。右端が龍さんの生徒の元子さん。
手前で四つん這いになっているのが木村龍さん、跨ってるのがコミマキちゃん。左奥が確か宣造さん。

i0401.jpg
これも真ん中の寝ているのが私。左に龍さん、右に千鶴子さん。
余程寝ている印象があったらしい・・・。

i0402.jpg
これは右から2番目が私かな?右端が元子さんで、隣が確か紗恵美ちゃん。

i0403.jpg
これは踊り子が紗恵美ちゃん、首は宣造さん本人で、左で歌ってるのが円乗さん、後ろが龍さん、右に千鶴子さんと旦那さん。
下が私とコミマキちゃん、かなあ?たぶん。。

手元にはないけど、モナリザに扮したミケちゃんの絵もありました。

宣造さんのモデル、やりたかったな。。

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村