Rosa†Antica(ロサ・アンティカ) - アンティーク・レトロ雑貨店店主、女優、人形作家、由良瓏砂のブログ

06« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »08
03

31

22:41
Thu
2022

No.0430

高尾山登山

先日、以前からの懸案だった高尾山に登ってきました。
夏にビアガーデンに行こうという話なども何度か出ていたのですが、覚えている限りでは私にとっては初の高尾山です。
今回、インダストリアル・ダイエット部のメンバーを中心とした6人で挑みました。
悠雅くんは誘ったのですが、体力が持たなそうということで棄権。
ほぼ外に出ていないので、むべなるかな、です。

10時に京王線高尾山口集合、予定。
瞳ちゃん、紅子ちゃんが先に着いていました。

LINE_ALBUM_瓏砂撮影分_220331_1

全員揃ったところで、登山スタート。
それにしても紅子ちゃんが軽装、と思っていたら、ノブくんはコンビニのビニール袋のみという更なる軽装。
山を何だと思ってるんだ!

LINE_ALBUM_紅子撮影分_220331_0

高尾山に詳しいたかしくん、瞳ちゃんが6号路を推薦するので、3.3kmのこのコースにします。

R0011118.jpg

R0011119.jpg

ベンチにまでびっしりと野草を生やした民家

R0011120.jpg

お地蔵さんの群れ

R0011122.jpg

やがて「高尾山琵琶滝水行道場」の錫杖を象った道標が現れました。

LINE_ALBUM_瓏砂撮影分_220331_13

右手には、廃墟めいた病院が。なんでも精神病院らしいです。

R0011123.jpg

登ってゆくと「岩屋大師」という祠がありました。

LINE_ALBUM_瓏砂撮影分_220331_10

そしてその更に先には、琵琶滝が。
水行者がいることもあるという滝ですが、折しも社の清掃中。

山が深まるにつれ、鳥の声が聞こえてきたり、様々な植物が生えていたり、その度に気を取られて寄り道するので、大分ゆっくりと登っていたと思います。

S__6193192.jpg

変わった鳥の声が聞こえたので「何の鳥だろう?」とたかしくんが鳥の鳴き声を判別するアプリを入れようとするも、うまくダウンロードできず諦めました。
その近くには可愛い花が咲いていたので、瞳ちゃんが花を判別するアプリで調べて「ツルオドリコソウ」と分かったのですが、するとノブくんが音楽を聞かせて、踊らせようとし出しました。

LINE_ALBUM_瓏砂撮影分_220331

また、山腹の穴からクークーと動物の赤ちゃんの寝息みたいなものが聞こえてくるので「猪の巣があるのかも!」とライトで照らしますが、何も見えません。
気になりつつ歩いて行くと、すれ違った女性が「アズマヒキガエルの声だ」と教えてくれたそうです。
すっかりカエルに騙されました。

R0011127.jpg

これは、紅子ちゃんと見つけた斑点のある岩

S__79413285.jpg

ルートが途中から、沢を登ってゆく道になったりもしました。

R0011128.jpg

最後の方に心臓破りの階段があると聞き、戦々恐々としていましたが、最近整備されたらしく、そこまででもなかったです。

LINE_ALBUM_瓏砂撮影分_220331_11

そしてとうとう山頂へ!
ここまでの所要時間は、2時間強でした。

LINE_ALBUM_紅子撮影分_220331_1

皆思い思いにお弁当を広げたり、買いに行ったりしました。
私のお弁当は、悠雅くんが作ってくれました。

LINE_ALBUM_瓏砂撮影分_220331_9

慣れないので普段のご飯の5倍くらい時間が掛かったそうです。
紅子ちゃんは、瓶にジントニックを入れて持ってきていて、皆に振る舞っていました。

LINE_ALBUM_紅子撮影分_220331_3

強風に辟易したのか、登頂時沢山いた人もいつの間にか減っていて、我々も写真撮影後、4号路から下山することに。

R0011132.jpg

洞のある赤樫

LINE_ALBUM_瓏砂撮影分_220331_3

LINE_ALBUM_瓏砂撮影分_220331_2

途中でお団子や日本酒を買って食べたり、女坂と男坂に分かれるところでは、女性陣と男性陣で、逆の道を行ったりしました。
帰りは薬王院への参道を逆行する形だったので、何となく落ち着かない感はありましたが、見どころが沢山ありました。

R0011141.jpg

天狗の腰掛杉

R0011134.jpg

薬王院飯縄権現堂。彫刻がすごい。

R0011139.jpg

高尾山薬王院本堂。奉納の「ヤクルト」の文字が目立つ

LINE_ALBUM_瓏砂撮影分_220331_8

天狗の像

LINE_ALBUM_瓏砂撮影分_220331_6

修行大師堂。木のたこと鉄のたこがいます。

R0011143.jpg

たこ杉。ひっぱりだこの像が可愛い。

R0011146.jpg

帰りは途中から、リフトで下山。

R0011149.jpg

紅子ちゃんと一緒に乗ったら、途中で記念撮影のカメラマンさんが唐突に現れるのに笑ってしまいました。
まっつんは怖くてずっと手摺を掴んで目を瞑っていたらしい……。

お土産物屋さんで、十割そばと紫芋のスイートポテトを購入。
さて、お楽しみの温泉です。

LINE_ALBUM_瓏砂撮影分_220331_5

京王高尾山温泉 極楽湯は京王を冠するだけあって、ほぼ駅ビル。
乳白色のマイクロバブルの檜風呂や露天の岩風呂など、十種類くらいの浴槽があり、ほぼ制覇しました。
最後にサウナに入ってから集合場所のお食事処に向かうと、もう食事を終えた人もいて、くつろいでいます。

S__6193195.jpg

ビールを飲む瞳ちゃんたちを尻目に、私は白玉ソフトクリームを頼みました。

LINE_ALBUM_瓏砂撮影分_220331_4

とても健康的な一日を過ごすことができました。
ご一緒して下さった皆さんありがとう!
次回登山は、もう少しレベルアップしようと思います。

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
03

04

22:11
Fri
2022

No.0425

すみだ水族館、こぼれや 囲

つい数日前まで、昼は営業、夜は人形制作の仕事と人形修理の仕事を並行して行っていました。
その合間のぽっかりと空いた休日に、悠雅くんがもんじゃ焼き屋に行こうと計画してくれました。
私を労ってご馳走してくれると言います。

もんじゃ焼きの前にどこか行く?と聞かれたので、方角が同じかな、と思ってスカイツリーを提案。
まだ入ったことのない、すみだ水族館に行くことにしました。

が、調べてみたら、押上と月島ってそこそこ距離がありました。
むしろスカイツリーよりは東京タワーの方が近かったですね。

20220223_142719.jpg

スカイツリータウンに行くのは3度目くらいかな?
ソラマチが結構好きなのですよね。
飴細工屋さんとか食品サンプル屋さんとか、職人芸を堪能できるお店が沢山あります。
今回、ソラマチを歩いてみたら、梅干専門店なんてものもありました。
店内にカウンターがあって、そこで頂くこともできるのです。
注文しようかと思ったのですが、結構人が並んでいたのでまたにしようということに。
悠雅くんは、お土産にハリネズミのぬいぐるみを買っていました。

B612_20220223_142956_041.jpg

ソラマチを出て、水族館へ向かいます。
広場に小さなスケートリンクがあり、ここも行列が出来ているのにびっくり。
人がいっぱいいて思い切り滑ることも出来ないようなリンクでも、滑りたい人が多いんですね。
ここでふと気付きましたが、スカイツリー自体の中にはまだ入ったことがありません。
展望台とかどうなんだろう。
20220223_163125.jpg

20220223_163201.jpg

すみだ水族館の入口で、WEB整理券が必要と言われ、スマホで取得してから入場しました。
水草水槽や熱帯魚水槽が多くて、ちょっとアクアショップとあまり変わらないなあ、と思ってしまいました。

20220223_151147.jpg

クラゲ水槽のある部屋は、とても見応えがありました。

20220223_151053.jpg

ゆらゆら揺らめくクラゲたちがライトアップされ、とても幻想的。

20220223_153329.jpg

ついいつまでも見てしまうのが、チンアナゴ。

20220223_153122.jpg

クロナマコは意外と敏捷でした。

20220223_155038.jpg

ペンギンたちの飼育場では、横に相関図の解説板があり、飼育員さんたちも含めた複雑な関係性が興味深かったです。
その下あたりにオットセイ水槽。ここは狭くてちょっと可哀想。

20220223_155741.jpg

20220223_160128.jpg

クラゲラボという、クラゲたちの飼育・研究環境をそのまま展示しているところが、何よりの見どころでした。
ここでは、ミズクラゲの幼生を一日ごとに展示しているのです。

20220223_160208.jpg

江戸リウムというエリアでは、たくさんの金魚たちや、品種改良前の鮒などが展示されています。

小規模な水族館でしたが、2時間程楽しむことができて満足。
小腹が空いたので、ソラマチの栃木県のアンテナショップでイチゴのアイスクリームを買い食い。
そして月島に向かいました。

月島のもんじゃストリートは、たぶん今回初めて行ったと思います。
下町らしい賑わいを見せるお店が並ぶ中、連れて行かれたのはビルの6階にある「こぼれや 囲」。
個室なので落ちつける、というだけでなく、なんと東京下町のソウルフードであるもんじゃを高級食材で作るという、画期的なお店!
昭和の時代、駄菓子屋で子供たちがお小遣いで買って食べていた食べ物ですよ?話に聞いただけだけど。
メニューには「海鮮7種のホワイトソース」「真蛸のジェノベーゼ」「国産鴨肉と九条ねぎの薄口醤油味」「江戸前穴子」などという魅力的な材料名が並びます。
写真も、まるで豪華なかき氷のようなビジュアルの美しさ。

迷った挙句、「山形牛リブロースとポルチーニ茸の明太焦がしバター仕立て」を注文。
2人ともそんなに食べる方ではないので、気になるものを厳選しました。
食べてから足りなかったら追加で頼もう、ということで。

20220223_180630.jpg

自分で焼くのかと思っていたら、有難いことに最初の一枚(一食?)は店員さんが焼いて下さるとのこと。
その手際の良いこと!
刻みながら混ぜる、と説明にあったので、そんなにスムースに刻めるの?と思っていましたが、見事に細切れになっていました。

20220223_181512.jpg

無事焼き上がったところで、といってももんじゃですからドロドロの状態ですが、小さなヘラで口に運びます。

うん、確かにもんじゃとは思えない高級感のあるリッチな味わい。
でもなんというか、食材の味がそれぞれに立っていて、ハーモニーはあまり感じません。
あとやっぱりドロドロである意義をそんなに感じないかも・・・。

ちなみに高級食材は分量的にはそんなに多くなくて、メインはキャベツと小麦粉です。
考えてみたらもんじゃだからこそ、高級食材でも千数百円という安さなんですよね。
これが鍋とか鉄板焼きとかなら数千円しちゃうんじゃないでしょうか。

20220223_184919.jpg

ということで、二枚目は悠雅くんリクエストのお好み焼き「たっぷりフロマージュ」を頂きました。
こちらは厨房で焼いたものを持ってきてくれます。
チーズがトロットロで美味しい!!

20220223_173918.jpg

ビルの6階なので景色も楽しめます。
今度は同じこぼれやの本店にも行ってみたいなあ。

20220223_174209.jpg

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
02

02

23:52
Wed
2022

No.0421

ヴィーナスフォート、ダイバーシティ

悠雅くんのお誕生祝い続きです。
翌朝は頑張って日の出の少し前に起き、ロビーに行ってみたのですが、残念なことに曇りがちで美しい朝焼けは見られませんでした。
R0010856.jpg

R0010864.jpg

どちらにしても、窓が南西向きなので日の出は見られないのですけれども。

R0010866.jpg

部屋に戻ってまた少し寝てから朝食へ。

R0010860.jpg

ビュッフェ形式の朝食では、私も悠雅くんも常に洋食メニューです。
座った席からは、スカイツリーも見えました。

Gs5iLv9V.jpg

この日は3月末に営業終了してしまう、ヴィーナスフォートに行こうという計画でした。
最近はご無沙汰でしたが、何年か前はよく年末に遊びに行っていたものです。
また、近くにあるジョイポリスのお化け屋敷なども時々行っていました。

FKK-EFVVcAAkJqa.jpg

豊洲駅の前で、白虎の像を見つけました。
虎という割にはかなりスリムです。幻獣だからかな。
江東区には東西南北の位置に、四神の像が設置されているそうです。
そのうち巡ってみたいです。

ゆりかもめでヴィーナスフォートに向かいます。
青海の駅を下りると、パレットタウンの観覧車がそびえ立っています。

R0010877.jpg

R0010867.jpg

R0010868.jpg

平日の昼間のせいか、人はあまり居ません。
中に入ると雑貨店の店頭の、70%OFFとかの値札が目に飛び込んできて、思わず熱心に見て回ってしまいました。
中には90%OFFのものも。
探していたものがあったらかなりお買い得です。

それからエスカレーターで2階へ。

R0010875.jpg

2階は一番ヴィーナスフォートらしい通路が続いています。
昼から夜へと、刻々と変化してゆく空の色が美しく、ところどころにイルミネーションが飾られています。
やがて水音が聞こえてきたと思ったら、そこは噴水広場でした。

R0010870.jpg

女神像がぐるりと取り囲んだ噴水の周りは、華やかに飾り付けられています。
広場に面した「コバラヘッタ」という、一瞬イタリア語みたいな店名のレストランには、何度か入ったことがあります。
今回はその向かいにある、ゴッフルというお店でエッグワッフルを買い食いをしよう、と言っていたので、どれを頼もうかしばし相談。
イチゴの入っているものが見た目が可愛かったのですが、悠雅くんの希望でキャラメルカスタードにすることに。

3aRkoP7C.jpg

エッグワッフルはポコポコした生地が可愛く、クリームたっぷりで美味しかったです。

テーブルに座っている時にちょうど定時になり、音楽が鳴り始めました。
それに合わせて照明も変化し、段々と盛り上がっていきます。
賑やかな音が鳴りやんでから、フロア内の散策をしてみました。

FKKU7T9VEAAxFI4.jpg

前に知人が働いていたSTRANGE LOVEは、フリーメーソンのレアなグッズなどを豊富に取り扱っている興味深いお店ですが、入口は封じられていて簡単には人を寄せ付けない感じでした。

R0010876.jpg

一番奥の教会広場では、ダンスカンパニー「DAZZLE」による新感覚エンターテインメントというのをやっています。
入口のプロジェクターで映像を見てみるとなかなか面白そう。
気になりつつも通り過ぎ、3階に行ってみることに。
アパレルショップが並び、やはり安くなっているのでつい買い物しそうになりつつも、思い止まり、次なる予定地に向かいます。

ヴィーナスフォートを出て向かったのは、ダイバーシティ前の実物大ユニコーンガンダム立像。
お台場にガンダム像があるというのは知っていたのですが、見るのは初めてです。
結構離れたところからでも、ガンダム像は見えました。

FKK-CUPVQAEND81.jpg

像のすぐ下まで来ると、像の大きさが分かります。
ユニコーンガンダムって知らないけれど、かなりリアルです。

R0010878.jpg

側にあるガンダムカフェにも入ってみました。
ガンダムにそこまで思い入れはないのですが、色々なグッズがあって面白かったです。

ダイバーシティに入ってフードコートで軽食をつまんでから、東京テレポート駅に向かいました。

FKK-DI_UcAQibdm.jpg

途中、シンボルプロムナード公園というところにリアルなバクがいたので写真撮ってみました。
帰りに渋谷に寄って、マークシティでチョコレートを購入してから帰宅。
3月末までにもう一度、行くことが出来れば良いのですが。

LINE_ALBUM_2022127_220129_4.jpg

ちなみにプレゼントは、自作のソーダライトのブレスレット。
気に入ってもらえて良かったです。

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
01

29

21:03
Sat
2022

No.0420

三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロス

今回の悠雅くんのお誕生日祝い。
どうしようと考えていましたが、どんどんコロナ感染者が増えている状況です。
でも、レストランでのお食事だけで終わらせるのはちょっと寂しい……。

そうか、都内のホテルに宿泊すればいいんだ!
早速、食事付きのプランを探しました。

ご時世的に、ハイクラスのホテルでも手の届くプランを用意しているところが多くてテンションが上がりました。
が、夕食付きとなるとぐっと選択肢が減ります。
その中から、悠雅くんが気に入りそうなところを探して、三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロスを予約。

当日はなるべくホテルを堪能したかったので、17時にはチェックインすることに。
行ったことのない天王洲アイルをぶらぶらしてから豊洲へ、という雑な計画を立てました。
天王洲アイルをリサーチしてみると、アートスポットが多いらしいです。
これは期待大!

当日はお昼過ぎに出発。
天王洲アイル駅を出ると、人があまりいない広々とした空間が広がっています。

ボンドストリートのWHAT CAFEに行くと改装中らしく臨時休業でしたので、SOHOLMへ。

R0010822.jpg

プレートランチからタルティーヌと、チキンフリカッセを注文。

R0010821.jpg

R0010820.jpg

フリカッセはキノコと一緒にクリーミーに煮込まれた鶏肉に、トッピングのゴボウのフライがアクセントになっていて美味しい!
タルティーヌも生ハムとキノコに、サワークリームが爽やかで美味しかったです。
お店を出て、運河沿いを少し散策。

R0010824.jpg

それから建築倉庫ミュージアムに寄ろうとしたら、臨時休業とのこと。
情勢もあってか、全体的に休みのところが多そうでした。

LINE_ALBUM_2022127_220129_2.jpg

少し早いけれど、もうホテルの方へ向かおう、とりんかい線とゆりかもめを乗り継ぎ、豊洲へ。
チェックイン前に少しお腹を空かせよう、とららぽーとを散策。
そしてホテルへ向かいましたが、最初、入口が分からず右往左往してしまいました。

R0010851.jpg

真っ黒なエントランスから曲がりくねった通路を進むと、片側に鉱物を模したガラスのオブジェが並びます。

R0010852.jpg

R0010855.jpg

R0010853.jpg

テーマが「海中から天空へと誘う旅」とのことで、エレベーターで一気に36階のフロントへ。

R0010849.jpg
フロントまでのアプローチ。

ロビーから見える眺望は、感動的でした。
鳥のオブジェの置いてあるテラスは、上部が吹き抜けになっていて、高層階の風が感じられる空間。
客室は33、34階です。
自動ドアや客室へのエレベーターもカードキーを翳さないと開かないようになっています。

R0010848.jpg

R0010847.jpg

寝不足だったので部屋で仮眠を取ってから、レストラン「ザ・ペントハウス」へ。

LINE_ALBUM_2022127_220129.jpg

LINE_ALBUM_2022127_220129_0.jpg

豊洲市場直送素材のイタリアン、とのことですが、イタリアンといいつつフレンチの調理法も取り入れ、そこに和のエッセンスも加わっていました。

LINE_ALBUM_2022127_220129_3.jpg

まずはバースデープレゼントのシャンパン(私はノンアルコールスパークリングワイン)で乾杯!
窓からはほぼ正面にレインボーブリッジ、右の方に東京タワーが望めます。

R0010832.jpg

アミューズのしめ鯖は脂が乗っていて、レモンオイルの酸味が爽やかでマッチしていました。
前菜は2品。

R0010833.jpg

宮城サーモンのタルタルは美しい円形に形成されていて、ラビゴットソースも綺麗。

R0010834.jpg

穴子のフリットは、ワインソースとカレー塩の2種類の味付けで食べられます。

R0010836.jpg
ジャガイモのポタージュ。

驚いたのがメインが魚と肉、両方出てきたこと。

R0010838.jpg

目鯛のインパデッラ(フライパン焼きという意味だそう)は焦げた皮が香ばしい。
オリーブのサルサヴェルデの主張は強め。

R0010839.jpg

そして肉は、ポークとビーフの2種類!

R0010841.jpg

十和田湖高原ポークは脂が多かったのですが、柔らかくて悠雅くんが気に入っていました。
私はローズマリーソースの掛けられた放牧牛のローストの方が好きでしたが、レア肉が苦手な悠雅くんは残していたので、私のポークと交換すれば良かったです。

R0010845.jpg

デザートは苺と抹茶のロールケーキやマカロン、ゼリーなど数種類が盛り合わせられ、焼き菓子も三種。
内容的にも申し分なかったですし、お腹一杯になりました。

LINE_ALBUM_2022127_220129_1.jpg

R0010846.jpg
ロビーのバー。

部屋に戻ってからは大画面モニターでYouTubeを観たり、スマホで動画作成したり、思い思いの時を過ごしました。
23時過ぎに36階の大浴場へ。
やはり黒を基調とした、スタイリッシュな空間です。
浴槽は内湯、外湯とあり、外湯の方はやはり上部が吹き抜けで、顔に当たる空気の冷たさが心地良い。
広々としたフロアには照明が凝った模様の影を落とし、オブジェのような石造りのソファが置かれていました。

折角のロケーションなので朝日を眺めようと思い、早く寝るつもりでしたが、結局動画作成に熱中してしまい、2時くらいまで起きていてしまいました。

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
11

23

00:42
Tue
2021

No.0409

土肥温泉・後編 安楽寺、清雲寺、土肥金山

翌朝、日の出が6時半くらいとのことでしたので、その時間に一旦目覚ましを合わせました。
日の出は山側なので、山から太陽が顔を覗かせるのを待つつもりでした。
が、日の出時間より前からかなり明るくなっている上、なかなか太陽が出てこないので、私は耐えきれず二度寝。
次に起きたのは8時近く。

LINE_ALBUM_20211116_211119_24.jpg

朝食の前に、ひと風呂浴びることにします。
お風呂を出て着替えている間に仲居さんが来て、朝食のお膳を並べてくれました。

LINE_ALBUM_20211116_211119_23.jpg

量は相変わらず多いのですが、夕食とは違って一度にテーブルに並べられました。
朝食を終えて荷造りし、名残惜しいながらもチェックアウト。
フロントでは「女性のお客様に」と、観葉植物をプレゼントして下さいました。
更に、「入口の赤い暖簾の前がお勧めフォトスポットですのでぜひ」と、記念写真を撮って下さいました。

LINE_ALBUM_20211116_211119_17.jpg

LINE_ALBUM_20211116_211119_21.jpg
お花の前でも

ホテルを出て、海とは反対の方向に向かいます。
向かったのは、吉祥山 安楽寺。曹洞宗の寺院です。
土肥金山の坑道だったというこちらのまぶ湯が、土肥温泉発祥の湯なのだとか。

R0010375.jpg

入口には、大きな楠が立っています。

R0010373.jpg

鐘楼もある立派なお寺でしたが、人けはまったくありません。
まぶ湯は、敷地を脇に回って少し行った先にありました。

R0010368.jpg

坑道に入ってすぐに湯船があり、その脇に湯かけ地蔵がありました。

R0010370.jpg

自分の体の悪い部分と同じ箇所にお湯を掛けて祈願すると、病気が良くなるそうです。
前にフィールドワークをご一緒した猫蔵さんが紹介されていた蝋燭地蔵やしばられ地蔵の例にも見られるように、お地蔵様には、身代わりの役割を持っているものが多いのですね。
私はちょうどお腹の調子が良くなかったので、お湯を掛けたかったのですが、置いてあるはずの柄杓がありません。
お湯はかなり熱かったのですが、仕方なく掌で掬ってお地蔵様にお湯を掛けました。

LINE_ALBUM_20211116_211119_11.jpg

次に、程近くにある日蓮宗の一楽山 清雲寺へ。
黒門、赤門の二つの門が特徴的です。

R0010376.jpg

R0010378.jpg

ここには90枚もの、「日蓮聖人一代記額絵」が飾られていると言います。
本堂に向かう途中、右手に気になる石段がありました。

R0010390.jpg

かなりの急勾配で、両側に聳え立つ杉の木が、直線的な視覚効果を強調しています。
右には十二支の石像が、不規則な間隔を開けて並んでいました。
R0010389.jpg

R0010385.jpg

「厄除け長寿の石段」といって七十七段あり、それぞれの干支の厄年の段に設置されているようです。

R0010382.jpg
一番上の猪のみ、黒い石でした

石段を登りきった上には七面堂があり、七面天女(七面大明神)が祀られているのだそうですが、外からは見えず。
上から石段を見下ろした景色がまた圧倒的で、目が眩む思いでした。

R0010381.jpg

石段を下り、改めて本堂へ向かいますが、扉が閉まっていてどこから入るのか分かりません。

R0010379.jpg

左手の社務所で日蓮聖人の額絵はどこで見られますか?と尋ねると、パンフレットを下さり「どうぞご自由にお入り下さい」と仰って頂きました。
靴を脱いで本殿に上がると、両翼に大きな額絵がずらりと連なっています。
かなり優れたものだと思うのですが、上の方にあるのは良いとして、残念なことに少々暗すぎていまいち良く見えません。
それでも、無料でしかも間近でこれだけのものを見られるのは凄いことだと思いました。
日蓮聖人は実家の鎌倉付近にも縁のお寺が多いので、何となく親しみを感じます。
とはいえ生涯についてはほとんど知りませんので、これを機に少し調べてみたいと思いました。

そしてそこから、歩いて10分程の土肥金山に向かいました。
もちろん今は閉山していますので、観光地として整備された状態です。
砂金採り体験ができるそうなので、それ込みのチケットを購入しました。
坑道へ向かう途中、金の像のが中央に設置された池があり、悠雅くんが池の縁に立つと金色の鯉が沢山集まってきました。

LINE_ALBUM_20211116_211119_6.jpg

餌の販売機が横にあったので、100円玉を入れて購入。
最中の中に入った餌を撒くと、鯉たちはものすごい勢いで押し寄せてきます。
中には他の鯉たちの上に乗り上げる子まで。

R0010395.jpg

坑道入口には、撮影用に偽物のつるはしが置いてありました。

LINE_ALBUM_20211116_211119_3.jpg

奥へ進んでいくと、電動からくり人形が鉱夫たちの生活を再現しています。
また、解説のアナウンスも流れていて、分かりやすかったです。
人形の出来がとても良かったので、片端からカメラに収めました。

R0010397.jpg

R0010398.jpg

R0010399.jpg

R0010400.jpg

しかし、お土産で販売している金のマスクを人形に被せるのはやめて欲しかった…。

坑道を出て、黄金館という資料館に入りました。
ここのジオラマも、とても出来が良かったです。
また、金塊を触ったり持ってみたりもできました。
そして、砂金採り体験へ。初めての経験です。
パンニング皿というお皿を使い、スタッフさんが器用に見本を見せてくれました。
砂をすべて捨てたお皿の底に、一粒だけ砂金がキラキラと光っていました。
採った砂金は小さな瓶に入れて、持ち帰ることができます。
真似してやってみますが、全然採れません。
悠雅くんがじれったがって、お皿を取り上げて器用にやってみせてくれました。
手つきは良かったのですが、やはり底に砂金は残っていません。
30分はあっという間に過ぎました。
別のスタッフさんに「採れません…」と泣きつくと、代わりにやってくれました。
その手際の良いこと!あっという間に二粒。
合計四粒、すべてスタッフさんが採ってくれたものです。ありがたや。

お土産を物色してから、バスが一時間に2本しかないので、少し早目にバス停に向かいました。
バス停の側には世界一という花時計がありましたが、時計は残念なことに動いていません。

LINE_ALBUM_20211116_211119_1.jpg

花時計の周囲は、素足で歩くと健康に良いという、石が並べられた健康歩道が設けられていました。
試しに靴を脱いで歩いてみると、ものすごく尖った石が並べられたエリアがところどころにあり、「無理!」と音を上げました。
足の裏にはツボが集まっているので、もう少し鍛えたいところです。

LINE_ALBUM_20211116_211119_0.jpg

帰りもバスと電車を乗り継いで、無事帰宅。
悠雅くん、楽しい旅行を有難う!

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村