Rosa†Antica(ロサ・アンティカ) - アンティーク・レトロ雑貨店店主、女優、人形作家、由良瓏砂のブログ

12« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »02
01

05

23:29
Sun
2020

No.0288

エディプスの禁忌

開けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

本来でしたら、新年のご挨拶と共に、今年の抱負などを書き記したいところですが、noteに先に書いてしまいました。
宜しければそちらをお読み頂ければと思います。

そして昨年はシェアスペースSENさんの「ねこの下僕」展で幕を開けましたが、今年は有難いことに、8月のクトゥルフ展に引き続き、ギャラリー幻さんでの企画展「エディプスの禁忌」にお誘い頂きました。
今回私は旧作の姉妹の人形「テルル」と「セレン」他、大好きなジャン・コクトーの「恐るべき子供たち」をモチーフにした作品を出展予定です。
また、レセプションでは速瀬れい作「銀の螺旋の夜」「金の孔雀の夜」を朗読させて頂きます。
お気軽に遊びにいらして下さいませ!

**********
Gallery 幻 では近親愛をテーマとした企画展「エディプスの禁忌」を開催いたします。
ギリシア神話のオイディプス(エディプス)は父を殺し母と婚姻するという預言のもとに生まれた。そして、事実その通りの運命をたどることになった。
子供が異性の親に性愛感情を抱き、同性の親に嫉妬や憎悪する――人間の成長過程に内在するそんな近親相姦的欲望と葛藤をフロイトは「エディプス・コンプレックス」と呼んだ。呪われた宿命として万人の無意識にあらかじめ刻み込まれた預言。多様な性愛の形が称揚される現在にあっても忌避される近親愛。そのことが返ってその欲望の根源性を示している。
一方、近親愛は推奨すべき神聖なものとされることもある。民俗学者・柳田國男は古代より女性が男性の親族や近親者に呪術的な力を付与するとされていたことを「妹(いも)の力」と名付けて論じている。家族的愛情を越えた霊的な繋がり。切れることのない絆にして逃れられない呪い。
かつて、澁澤龍彥は近親愛を自己愛の変形と見抜いた。近親愛への想像力は誰よりも近く永遠に別れられない肉親、つまり自分自身への洞察を常に孕んでいる。それゆえ、近親愛はこれまで多くの文学や芸術にイマジネーションを与え、傑作を生み出してきた。澁澤はまたそんな近親愛を「手の届かない永遠の未来に突き放すべき真のユートピア」と讃えてもいる。その届かない文学的ユートピアを継承すべく、ここに作家8名による作品展を開催する。



会期 2020年1月10日(金)-1月26日(日)
休廊日 火・水曜
時間 15:00-20:00
観覧料 無料

出展 川口ヱリー / 瀧川虚至 / 艶子 / Dollhouse Noah / 七菜乃 / 古川沙織 / 真子 / 由良瓏砂

企画・会場 Gallery 幻 >>地図・アクセスはこちら

SNS用ハッシュタグ: #エディプスの禁忌

★レセプション
1月18日(土) 17時~20時
•参加費:1,000円(1ドリンク付) / 予約不要 / 差し入れ歓迎
•参加予定作家:未定
•平服&立食の親睦会。一般のお客様どなたもお気軽にご参加ください

★作品通販
•当店オンラインショップにて >> https://gallerymaboroshi.booth.pm/
•受付期間
1月19日(日)12:00 - 1月26日(日)17:00

★特別カフェメニュー
展示の世界観をイメージしたカフェメニューが登場
※詳細準備中

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
11

27

18:47
Wed
2019

No.0280

ハロウィンイベント@ゴシックバー プラシーボ レポート

いつの間にか一ヶ月近くも経ってしまいましたが、野毛のゴシックバー プラシーボさんでのハロウィンパーティのレポートです。
ハロウィンイベントをやろう!と決まったのは、10/14のあさいまりさんの「夢見るお茶会ライヴ」で、プラシーボの面々とお会いした時のこと。
人形を飾って下さるというので、ハロウィンっぽい子をと、サーカスの少女をイメージした深雨ちゃんと、柩に入った死せる少女をイメージしたMichaelaちゃんを連れて行くことに。
ところが、いつも被っている深雨ちゃんの帽子が行方不明・・・。
仕方なく代わりのものを探し、黒いサテンのシュシュをカチューシャのように頭に付けることにしました。
そして、久しぶりに特殊メイクもやってみようと、メイク道具一式を用意。

当日は仕事後、相方と駅で待ち合わせ、桜木町へ。
入口で、遊びにいらして下さった知人のワダさんにばったり。
お店に入ると、マスターだいすけさんとスタッフたぬきさんが既にバッチリメイクしています。
元々ハロウィンっぽい店内に、ハロウィンの為に作成された、王冠作家YUMIKOさんの王冠「隻眼のアルカード」などが飾られています。
私も被らせて頂きました。

_191127_0033 (15)

プラシーボさんはとにかく、メニューが豊富!
特にオリジナルカクテルは、タロットカードや誕生石、ギリシア神話の神々など、そそられるメニューが沢山あります。
でも私がよく頼むのは、ハーブティーのブレンド。
気分や体調に合わせ、その場でブレンドして頂くのです。
ハーブの管理の大変さは、お酒や珈琲の比ではないのですが、そのハーブを数十種類も常備されているのは、「ゴシックと魔法のカフェバー」の名に違わぬ充実ぶりです。
この日は目の調子が悪かったので、アイブライトを中心にピンクローズやジュニパーベリーをブレンドして頂きました。

_191127_0033 (1)

トルコのティーセットも可愛い。
黒猫魔術店さんとのコラボで作った黒猫クッキーの残りも、皆さんにおすそ分け。

_191127_0033 (5)

お人形を飾りつけ。
この後、Michaelaちゃんはプラシーボで常設展示して頂くことになりました。

_191127_0033 (3)

自分のメイクをしつつ、ハロウィンメイクの希望を伺ったところ、常連のしもさんがやってみたいとのこと。
サンプル画像をお見せし、目元に蜘蛛の巣と蜘蛛を描くことに。
道具はアイライナーのみなので、割とさくっと完成。
プラシーボさんでもよく女性のお客様のメイクなどされているようで、メイク道具が色々あるそうなので、付け睫毛やヘッドドレス、小道具などをたぬきさんにバトンタッチしました。
アンニュイな雰囲気の、良い感じのメイクに仕上がりました。

_191127_0033 (32)

続けて、ワダさんの頬にケロイドが欲しいとのリクエスト。
こちらは、主に小麦粉を使いました。
食用色素を忘れてしまったので、つけてからファンデーションで着色し、フェイスカラーやアイシャドウの赤や黒、紫で変色した部分を表現します。
気に入って頂けたみたいで良かった!

_191127_0033 (30)

たぬきさんは致命傷が欲しい(笑)とのことでしたので、小麦粉プラスゼラチンを使い、広範囲に傷を作ってから、血糊スプレーで仕上げ。

_191127_0033 (27)

死体になりきったスナップが素晴らしい!
私は、ゾンビメイクに初挑戦しようと、薄い白塗りに目の周りを黒くし、ポツポツと斑紋を入れ、口の端も裂けた感じにしてみました。
LINEで画像送りつけた方々からは「怖い」と好評でした(笑)。

_191127_0033 (16)

_191127_0033 (11)
たぬきさん、お人形と。

ちなみに今回はプラシーボでの初の試みだったので、全て無料サービスです!!
次回は2月の謝肉祭時期にやりましょう、という話になりました。
ご都合合う方、是非遊びにいらして下さいね♪

_191127_0033 (8)

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
10

17

23:50
Thu
2019

No.0272

ハロウィンイベント@ゴシックバー プラシーボ

10/30(水)、急遽野毛のゴシックと魔法のカフェバー プラシーボさんで、ハロウィンイベントを開催することになりました。

日付:10月30日(水)
場所:ゴシックバー・プラシーボ
    神奈川県横浜市野毛町1-5 港興産ビル1号館 2F
    045-242-1322

私は19:30位から在店します。
お人形も2体くらい展示します。
また、特殊メイク道具を持って行きます。
お人形と一緒に写真を撮りたい方、ハロウィンメイクをされたい方、是非いらして下さいませ!

仮装またはドールといらっしゃった方には瓏砂ドールポストカードを先着でプレゼント!

プラシーボ_191017_0001

8/21(水)の《真夏のホラーナイト!》でのお写真。
蘭郁二郎「穴」を朗読しました。

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村


10

08

23:55
Tue
2019

No.0270

Gallery 幻「知人の██氏に招かれてあなたはここへ来た」レポート

8月25日(日)~9月8日(日)まで開催されたGallery 幻「知人の██氏に招かれてあなたはここへ来た」。
もう一ヶ月経ちますが、素晴らしい展示だったので今更ながら写真で振り返ってみたいと思います。

搬入日の8/23には、作品だけ置いていってディスプレイはお任せだったので、私が会場の様子を実際に目にしたのは9/6のこと。
ちなみに搬入日に突然、出展者のhirocoさんのお誕生祝いのシアエガケーキが登場し、ちゃっかりお相伴に預かってしまったのでした。
Gallery 幻店長、艶子さんお手製かしら。素敵。

20190906 (19)

9/6の仕事後に伺ったところ、入口からもう怪しくてわくわく。

20190906 (22)

トルソーに「ネムリグサのお茶」を勧められます。
今回の展示はストーリー仕立てで、壁にテキストが貼ってあり、読みながら進むスタイル。
ギャラリーは「失踪した研究家の部屋」に仕立てられています。

右端、今回のメインヴィジュアルであるhirocoさんによる、背中にシアエガを背負った少女の写真作品。
寺坂マヨさんがこの作品を元に作ったストーリーの冊子も販売されていたので、一冊購入。

20190906 (25)

お友達の人形作家、ドールハウスnoahさんがちょうどいらしてました。
皆さん特製メニューの、「いんすます村名物 冷やし出汁茶漬け ザリガニトッピング」「コズミック・ホラー オレンジフロート」など頼んでましたが、もう品切れになってしまったそうで、辛うじて残っていた「宇宙からの色 わらびもちプレート」を注文。
どのメニューも「作品」と言いたくなる完成度の高さで、特に色彩の美しさといったら!

20190906 (44)

ストーリー原案・演出のar=maさんによる、魅惑のディスプレイ。

20190908 (3)

20190908 (4)

20190906 (27)

人形作家でもある、今村建朗さんの絵は、この展示の為に描かれたもの。

20190908 (7)

ホラーゲーム『SIREN』の屍人・闇人のデザインを手掛けた、髙橋美貴さんの作品。

20190906 (28)

棘女さん(上)、sgさん(下)の作品。

20190906 (29)

棚にも様々なディスプレイが。

20190906 (39)

由良瓏砂の作品。
クトゥルフ神話風標本Ⅰ(右)、Ⅱ(左)。

20190906 (35)

旧作だけでは何なので、ミ=ゴの模型標本を作っていたのですが、搬入日に間に合わず、8/30より展示。

20190906 (34)

エコールドシモンに通う、今村建朗さんの触手少女。

20190906 (37)

ar=maさんによる「無貌の面」、下は棘女さんの作品。

20190906 (33)

「無貌の面」は、鏡にライトを当てると、ニャルラトテップの姿が浮かび上がる・・・。

20190906 (45)

カウンターに並ぶ「神話印章の革断片」作品もar=maさん作。

20190906 (47)

会場写真は6日に撮ったものと8日に撮ったものが混在しております。

最終日8日はレセプションパーティで、私は豚蛇さん作の巻物「妖神乱舞」を朗読したい!と主張したところ許可して頂いたので、楽しみにしていたのですが、何とこの日は台風直撃。
クトゥルフ神話展の幕切れに相応しい天候となりました。
当然のことながら、予想した程のお客の入りはありませんでしたが、有難いことに薔薇園の常連さんたちは、悪天候にもかかわらず駆けつけて下さいました。
シアエガをはじめ、展示作品のモチーフとなっている10柱の邪神の詩を朗読。

34047.jpg

この日はなんとar=maさんのお誕生祝いの、エルダーサインケーキが登場!
またしてもお相伴に預かってしまいました。

20190908 (6)

今回の展示に参加できて、本当に楽しかったです。
いらして下さった皆様、出展者の皆様、ギャラリー 幻の小林様、本当に有難うございました!

**********
展示情報

会期:8月25日(日)~9月8日(日)
    休廊日 28(水)、29(木)、2(月)、3(火)、7(土)
時間:15:00~20:00
料金:無料

出展 ar=ma / 今村建朗 / sg / 棘女 / 小林義和 / 髙橋美貴 / 寺坂マヨ / hiroco / 由良瓏砂

ストーリー原案・演出 ar=ma
企画協力 寺坂マヨ / hiroco
主催・企画・会場 Gallery 幻 

レセプションパーティー

9月8日(日) 18時~20時
•参加費:1,000円(1ドリンク付) / 予約不要 / おつまみ差入歓迎

**********
ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
08

22

02:28
Thu
2019

No.0263

知人の██氏に招かれてあなたはここへ来た

さて、もう一つのイベントは、千駄木ギャラリー幻で開催のクトゥルフ神話作品展。
ギャラリー幻さんへは以前からチラシを置かせて頂いたりとお世話になっていて、もちろん展示も何度か拝見しに伺っていますが、
考えてみたら展示に参加させて頂くのは初めてです。
以前「三隣亡展」及び「ク・リトルリトル・ショップ・オブ・ホラーズ」に出展した標本作品をお気に召して頂けたようで、有難いことにお誘いを頂きました。
折角参加するのだから、新作も作ろう!と意気込んでいたのですが、残念ながら全く時間が取れず。
一応アイデアは固まっていて、材料もある程度揃っているので、あとは制作時間だけなのですが。
もし会期中に作れそうでしたら、追加納品するかも知れません・・・。

**********
クトゥルフ神話作品展「知人の██氏に招かれてあなたはここへ来た」

ある日、あなたは知人の██氏から妙な相談を受けた。
ここ数日、氏の父親が行方不明になっているという。
「父は、失踪する前に何か奇妙な事件について調べていたようだ……」

そして今日――知人の██氏に招かれてあなたはここへ来た。



この度、Gallery 幻 では「日本的クトゥルフ神話:畏怖と異形の美」をテーマに企画作品展を開催いたします。
作家H.P.ラヴクラフトのホラー小説と彼に続く多くの創作家によって紡がれてきたクトゥルフ神話。
これまで弊廊では2017年『クトゥルフ神話展』、2018年『クトゥルフの晩餐』と二回の企画を開催しました。
今回の展示では和洋折衷な弊廊の空間を舞台としつつ、原点であるラヴクラフトの小説のような、畏怖、狂気、恐ろしくも異形の美をイメージした作品を各作家が制作します。

※注:この企画は美術作品展です。LARP、TRPG等のゲームイベントではありません。

会期:8月25日(日)~9月8日(日)
    休廊日 28(水)、29(木)、2(月)、3(火)、7(土)
時間:15:00~20:00
料金:無料

出展:ar=ma、今村建朗、sg、棘女、小林義和、髙橋美貴、寺坂マヨ、hiroco、由良瓏砂

主催・企画・会場:Gallery 幻
企画協力:ar=ma / 寺坂マヨ / hiroco

※レセプションパーティー詳細準備中

Ct18bK3UsAAvRV_.jpg

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村