Rosa†Antica(ロサ・アンティカ) - アンティーク・レトロ雑貨店店主、女優、人形作家、由良瓏砂のブログ

11« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »01
11

27

13:13
Fri
2020

No.0345

贈る展

銀座中央ギャラリーにて開催されます、グループ展に参加致します。
クリスマスも近い為「贈る」をテーマにした、総勢20名の賑やかな展示になりそうです。

展示は一年ぶりくらいかな?と思っていたら、ギャラリー幻での「エディプスの禁忌」展が今年の1月でした。
その頃はまだコロナ前の情勢だったのだと思うと、何だか不思議な気がします。

今年は関西での展示即売会にアクセサリの方でお誘い頂いていて、ちょっと楽しみにしていたのですが、コロナで立ち消えになってしまったので、今回の展示に参加できて本当に嬉しいです。
主催は、2018年の鎌倉内藤医院での「ハート展」でご一緒した、ふらんそわーずこげちゃとらさん。
貴重な建築物である内藤医院については、こちらのブログをご参照下さい。
その内藤医院も、とうとう解体が始まったと聞きました。
とても感慨深いです・・・。

私はボックスアート作品を新作含む数点と、アクセサリーや雑貨などを展示販売致します。
12/1(火)、3(木)の終日在廊予定です。
他にも、いらして下さる日時が分かりましたらなるべく行きますので、ご来場予定の方は是非、ご連絡下さいね。

RIMG0068.jpg
こちらは旧作「Tresure hands」。

**********
贈る展
11/30(月)-12/5(土)12-19時(最終日 17時まで)
銀座中央ギャラリー403/411号室

出展者

★平面
上田博美/上田久世/かたくり三鬼緒/桂木絢女/佐藤創一/柴田伊津子/SEN/Memi/刀根千賀子/藤崎五十/ふらんそわーずこげちゃとら/まんまさちこ/渡邊萠

★立体
Aquirax/ミフユ/白野桔梗/凉木千鶴/瑞恵/真名/由良瓏砂

El0XBSRU8AAjV5j.jpg

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村

09

30

13:48
Wed
2020

No.0334

ロサパルティにて、人形・衣装・アクセサリ等の修理依頼開始します


古物商をやっているので、壊れたものや汚れたものを目にすることが多いです。
壊れたものって普通はゴミ扱いですが、アンティークの世界ですと、それがそうでないことも多いのが面白いところ。
綺麗にしてしまうことで、逆に価値が減じてしまう場合もあるので、仕入れた状態そのまま売る場合も多いです。

ただ、本当のアンティークまでいかない単に古いものや実用品の場合、汚損したままでは使用できませんし売れませんので、古物商側で直して販売することもあります。
扱う品物が多い業者さんですと、その手間を掛けられないのでそのまま売る、市場などに転売する、破棄する、などの選択になると思います。
私の古物の師匠マンタムさんは、そういう壊れた品物を自身の作品として生まれ変わらせ、アーティストとして他に無い独自の世界観を築き上げました。

新しいものが流通しないと経済が動きませんので、古いものを破棄するというのも決して非難すべきことではないと思うのですが、中には思い入れが強くて捨てられない、というものもあると思います。
私も思い入れのある私物に関しては、かなりしつこく直して使う方です。
また、友人知人から頼まれたものを修理することも度々あります。

最近立て続けに、お洋服の染め直しや繕い、人形の修理などのご依頼がありました。
そこで、ロサパルティでも修理依頼を承ることになりました。

特にお人形は、素材の手に入れにくさや構造の独自性から、自分で修理するのが難しいということがあると思います。
全ての汚損に対応できるとはお約束致しかねますが、まずはご相談下さいませ。
より適任の方をご紹介する、なども可能だと思います。

私が修理したお人形の、修理過程をロサパルティのサイトにアップするということも考えております。
家具の張替え過程なども載せておりますので、良かったらご覧になって下さいね。

DoWoICKV4AAo3-S.jpg

現在、ロサアンティカで扱っているお人形達です。
この中の幾つかは補修済みです。

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
09

24

09:01
Thu
2020

No.0333

ドールフェイスアクセサリ オーダー

先日、外来語のカタカナ表記のお話をしていて、複合語は間に「・」をつけないのが一般的だと知りましたので、Rosa Partiのカタカナ表記を「ロサパルティ」で統一することにしました。

で、そのロサパルティのWEBサイトですが、お陰様で大分充実してきております。
何より、開設当初からの目標だった作家作品を取り扱う、ということが出来つつあるのが嬉しい。

それとはまた別に、私が作っている人形の顔のパーツを中心とした「ドールフェイスアクセサリ」のオーダーが、ちょこちょこ増えてきました。
minneのプロフィールに書いていますが、実は人形を作り始めるよりも早く、試行錯誤で作り始めたのがこのドールフェイスアクセサリ。
当時はファンだった作家さんに自分の稚拙な作品をプレゼントしたりしていました。
きっと有難迷惑だったと思います(笑)。

ブランクを経て製作を再開してから、危機裸裸商店Dangerous nudeやAbilletageなどセレクトショップや、パラボリカビスやマチモ、ミルククラウンカフェなどのギャラリーカフェ、トゥーティッキやニヒル牛などのレンタルボックスに作品を置かせて頂きました。
魔術堂、マジカルアーマでは今でも取り扱って頂いています。
その傍らで、たまにオーダー品も作成していました。

その後minneで販売を始め、時々はオーダーのご依頼もありましたが、積極的にはオーダーを受け付けてはいませんでした。
ロサパルティで、小松社長のオーダーでブローチを作ったのが、きっかけになったのかも知れません。

DF-b102.jpg
こちらが、小松社長のオーダー品。

オーダーはヘアピン等の小さなもので3500円~、ブローチなどは5000円~で受け付けております。
お人形のお顔は一から作っていますので、かなり手間隙が掛かっています。
そして、膨大な数のパーツからぴったりくるものを探し出して組み合わせ、可能な限り手縫いで仕上げています。
ですので安すぎる、と言われることが多いです。
商売っ気が無さ過ぎるのは自覚しているので、ちゃんと利益を出すように考えないと、と気をつけてはいます・・・。

ハンドメイド販売については、bon bon cherryハイジさんのYoutubeチャンネルがとても参考になって、よく見ています。
ハンドメイド作家さんも、そうでない方も、良かったらご覧になってみて下さい。

ということで、こちらもオーダー受付中です!
ロサパルティのサイト内にも近々ページを作成しますので、お待ち下さいね。

オーダー品の一部をご紹介します。

DF-b096.jpg

DF-b099.jpg
ピエロっぽいお顔とのリクエストで作成。

DF-f002.jpg
依頼者様をモデルに、とのリクエストで作成したミニ額。

DF-g003.jpg
こちらは、ブローチを額に入れました。使わない時には飾っておけます。

DF-h030b.jpg
こちらは、ヘアクリップのオーダーです。ヘアクリップは初めて作りました。

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
05

21

07:56
Thu
2020

No.0312

ドールハウスとジオラマ

たまに、ドールハウスが作りたくて堪らなくなります。
前に家に飾っているドールハウス額をご紹介したことがありますが(こちら)、飾り用はもうこれだけで十分なので、飾りたいというよりは作る過程が楽しいんですよね。
ですので、完成したものはminneに出品して、販売してしまいます。
ドールハウスに飾る小物たちは、市販品を使うこともありますが、身の回りのものをアイデアを駆使してうまく組み合わせて作れた時、何とも言えない満足感を覚えます。
ジオラマの方が広範囲の風景を再現しているものだと思いますが、思えば子供の頃から、こういうミニチュア作りが好きでした。
プラモデルで日本の風物詩シリーズというものがあり、「茶みせ」を買ってもらって作ったのが、私の原点だったかもしれません。
本当は西洋風のものが欲しかったのですが、残念ながらそういうシリーズは出ていなかったのです。
人間よりむしろ、人間の存在する風景そのものが好きなのは、絵画にも言えることで、「ピクチャレスク」と呼ばれる風景画に最も惹かれます。
で、やはり市販品では物足りなくなり、ミニカーを壊し、更にライターであぶって、箱に砂を敷いてそこにボンドで固定して、「事故現場のジオラマ」などを作っていました。

最近、数年ぶりくらいに念願叶って(まあ自分のさじ加減なんですが)ドールハウス作りに没頭していました。
壊れたティーカップを使用したティーカップガーデンをずっと作りたかったので、手始めにそれを。

teacup1.jpg

それから、実際に我が家のベランダでやっているような、ジャンクガーデン。

R0019236.jpg

そして、今までにも何度か作ってきている、テディベアのいるドールハウス額です。

dollhouse13a.jpg

事故現場に比べればかなり平和ですが、最近ちょっと凶々しいものも、作ってみたくなっています。

過去作品。

dollhouse8.jpg

dollhouse9.jpg

dollhouse10.jpg

もしお気に召したようでしたら、minneで購入して頂けるととても嬉しいです。
宜しくお願い致します♪

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
01

05

23:29
Sun
2020

No.0288

エディプスの禁忌

開けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

本来でしたら、新年のご挨拶と共に、今年の抱負などを書き記したいところですが、noteに先に書いてしまいました。
宜しければそちらをお読み頂ければと思います。

そして昨年はシェアスペースSENさんの「ねこの下僕」展で幕を開けましたが、今年は有難いことに、8月のクトゥルフ展に引き続き、ギャラリー幻さんでの企画展「エディプスの禁忌」にお誘い頂きました。
今回私は旧作の姉妹の人形「テルル」と「セレン」他、大好きなジャン・コクトーの「恐るべき子供たち」をモチーフにした作品を出展予定です。
また、レセプションでは速瀬れい作「銀の螺旋の夜」「金の孔雀の夜」を朗読させて頂きます。
お気軽に遊びにいらして下さいませ!

**********
Gallery 幻 では近親愛をテーマとした企画展「エディプスの禁忌」を開催いたします。
ギリシア神話のオイディプス(エディプス)は父を殺し母と婚姻するという預言のもとに生まれた。そして、事実その通りの運命をたどることになった。
子供が異性の親に性愛感情を抱き、同性の親に嫉妬や憎悪する――人間の成長過程に内在するそんな近親相姦的欲望と葛藤をフロイトは「エディプス・コンプレックス」と呼んだ。呪われた宿命として万人の無意識にあらかじめ刻み込まれた預言。多様な性愛の形が称揚される現在にあっても忌避される近親愛。そのことが返ってその欲望の根源性を示している。
一方、近親愛は推奨すべき神聖なものとされることもある。民俗学者・柳田國男は古代より女性が男性の親族や近親者に呪術的な力を付与するとされていたことを「妹(いも)の力」と名付けて論じている。家族的愛情を越えた霊的な繋がり。切れることのない絆にして逃れられない呪い。
かつて、澁澤龍彥は近親愛を自己愛の変形と見抜いた。近親愛への想像力は誰よりも近く永遠に別れられない肉親、つまり自分自身への洞察を常に孕んでいる。それゆえ、近親愛はこれまで多くの文学や芸術にイマジネーションを与え、傑作を生み出してきた。澁澤はまたそんな近親愛を「手の届かない永遠の未来に突き放すべき真のユートピア」と讃えてもいる。その届かない文学的ユートピアを継承すべく、ここに作家8名による作品展を開催する。



会期 2020年1月10日(金)-1月26日(日)
休廊日 火・水曜
時間 15:00-20:00
観覧料 無料

出展 川口ヱリー / 瀧川虚至 / 艶子 / Dollhouse Noah / 七菜乃 / 古川沙織 / 真子 / 由良瓏砂

企画・会場 Gallery 幻 >>地図・アクセスはこちら

SNS用ハッシュタグ: #エディプスの禁忌

★レセプション
1月18日(土) 17時~20時
•参加費:1,000円(1ドリンク付) / 予約不要 / 差し入れ歓迎
•参加予定作家:未定
•平服&立食の親睦会。一般のお客様どなたもお気軽にご参加ください

★作品通販
•当店オンラインショップにて >> https://gallerymaboroshi.booth.pm/
•受付期間
1月19日(日)12:00 - 1月26日(日)17:00

★特別カフェメニュー
展示の世界観をイメージしたカフェメニューが登場
※詳細準備中

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村