Rosa†Antica(ロサ・アンティカ) - アンティーク・レトロ雑貨店店主、女優、人形作家、由良瓏砂のブログ

05« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »07
03

12

01:03
Tue
2019

No.0228

3.11の私的記録

2011年3月11日に発生した東日本大震災の記録を残していたことを思い出し、1年以上ぶりにmixiにログインしました。
以下は2011年3月21日に記された、私の日記です。
ちなみに当時、職探しをしながら配膳のアルバイトなどで糊口を凌いでいました。
「新しく始めた仕事」というのは、繋ぎで見つけたポスティングの仕事です。

**********
忘れたり消えたりしないうちに、地震発生時の記録を記しておこうと思います。

3/11、新しく始めた仕事の研修の為、12時半頃池袋に到着。
14時過ぎ仕事を終え、ファミリーレストランへ。
14:46地震発生。揺れが段々大きくなり、店内のお客の大多数が外へ飛び出す。
荷物を置いたままの人も多く、無用心だなと思う。
悠雅くんに「地震大丈夫?」とCメール送信するが、返信なし。
その後も余震が続く為、外に出てみるが人がところどころに固まっている他はそれ程の混乱はなし。
16時半から新宿で仕事だったので、もう少しお店にいようと思うが、「電車が止まっている」との声が耳に入り、駅に向かう。
駅では改札口前で駅員が「電車は全線停止、振替輸送もありません」とアナウンスしている。
駅前は人々でごった返している。どうしようか少し迷うが、16時過ぎに地図を確認して新宿まで歩き始める。
明治通りを南下しつつ、絶え間なく悠雅くんの携帯、家の電話、勤務先に架け続けるが全く繋がらず。
メールチェックしたところ、悠雅くんからの地震発生直後の安否確認メールを受信。
家の状況を確認するメールを返信。
道路はやや混雑しているが、歩道はそこまでの混雑はなし。
大久保通りで曲がり、新大久保駅前を通って17時頃新宿駅西口へ。
停めてあった自転車に乗り、勤務先に到着。

予定されていた謝恩会などのキャンセルが相次ぐ中、一組のみ一時間ほど遅れて到着し、懇親会を開催。
勤務中も皆携帯で情報確認、連絡を取り続ける。
メールもネットもダメだが、mixiのみ繋がるとの声も。
メールチェックするとZaroff石井さんより「人形は無事です」との連絡。
実家に安否確認メール。ほどなく、無事だったとの返信あり。
悠雅くんからは「死を感じた。壁にヒビが入り、家の中は雪崩がすごい」とのメール。
営業担当者らは帰れないお客様の為、一フロアを開放する準備をしている。
皆帰り道を心配する中、大江戸線は復旧したとのニュース。
予定より一時間ほど早く帰される。
山手通りには帰宅者らしい人の姿も多く、何となく大晦日の風景を連想した。

家はガラス製品や陶器などが多少壊れたり欠けたりしていたが、大事なものはほぼ無事。
本棚が倒れたとのことだったので人形の損傷を覚悟していたのだが、大きい方の本棚は無事で、自作の人形は少々破損があったものの作家ものの人形はみな無事だったのが何よりの幸いだった。
水槽も水が周囲にこぼれて半分以下になっていたが、魚もエビも亀も元気だった。
片付けに追われる中、翌日の仕事がキャンセルとの連絡。
TVは落下した際に液晶が壊れて黒点やラインが出ている状態だが、ずっと点けたままの状態にしておいた。
どこのチャンネルもCM無しで地震の報道が続いている。
被害状況が明らかになるにつれ、予想以上の災害だったことが実感されてきた。仙台の親戚の安否が気になる。
とりあえずリビングと寝室を片付け、重いものや壊れやすいものは下に下ろし、被災地域などの友人やメンバーに安否確認メールを送って2時過ぎに就寝。
夜中にも、何度か余震で目が覚め、ぐっすり眠れなかった。



ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示