Rosa†Antica(ロサ・アンティカ) - アンティーク・レトロ雑貨店店主、女優、人形作家、由良瓏砂のブログ

09« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »11
04

14

10:47
Sun
2019

No.0235

上野紀子さんのこと

子供の頃、大好きだった絵本があります。
「ほしのきかんしゃ」というお話です。
主人公の「わたし」は、黒い服に黒い帽子をかぶった女の子。
「わたし」がバスを待っていると、機関車がやって来ます。機関士はピエロです。
つい飛び乗ってしまいますが、機関車はやがて空に羽ばたき始めます。
実はその機関車は、星たちにサーカスを見せる、サーカス団のものだったのです。
星たちと一緒にサーカスを楽しんだ「わたし」は無事、元のバス停に帰してもらいました。
今度はちゃんとバスが来て、バスに乗り込むと、乗客はみんなどこかで見たことのあるような顔・・・。

私は弟、妹の三人兄弟なのですが、私たちが大好きだった従兄がいました。
従兄も三人兄弟だったのですが、なぜか真ん中の彼だけうちがお気に入りだったらしく、よく一人で泊りがけで遊びに来ていたのです。
私が中学生の時大学受験でしたから、5つくらい上でしょうか。
その従兄が来る度に、一緒にこの「ほしのきかんしゃ」を読んでいました。
この絵本を読むのは彼と二人だけの楽しみだったので、どこかしら秘密を共有するような、わくわく感があったものです。

帽子を目深にかぶって目の描かれない黒い服の少女は、この絵本の作者、上野紀子さんの定番キャラクター「チコ」だと知ったのは、ずいぶん後のこと。
「ほしのきかんしゃ」は小学校低学年向けくらいの本でしたが、それでもミステリアスな雰囲気はかなり出ていて、私の趣味嗜好の形成に強く影響を与えていたと思います。
上野紀子さんは、ご主人の作家 中江嘉男さんと組んで沢山の絵本を出していて、もっと一般向けの「ねずみくんシリーズ」なども知られていますが、シュルレアリスム色の色濃いチコの出てくる物語には、大人向けのものも沢山あります。
その中の一つが「宇宙遊星間旅行」。
2017年11月にも、喫茶茶会記でのプラネタリウムイベントで、朗読させて頂きました。
171120星空と読み解く未来の夢_180421_0002

D37PXjmUIAIUYS-.jpg

その上野さんが、今年2月に逝去されたと知ったのは、3月も半ばのことでした。
大好きな作家さんを偲んで、また「宇宙遊星間旅行」を読みたいな、と思いました。

明日になりますが、4月15日の喫茶茶会記でのプラネタリウム朗読会。
いつも司会を引き受けて下さるカヲルさんが、素晴らしいオープニング映像を作って下さいました。
同じく司会をお願いしている長南さんのタロットブースもございます。
スタートは恐らく、19時半くらいになると思います。
お仕事帰りにでも、是非遊びにいらして下さいませ。



4/15(月)15-23 「プラネタリウム朗読会」@喫茶茶会記
チャージ500円
https://rosarium.red/

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示