Rosa†Antica(ロサ・アンティカ) - アンティーク・レトロ雑貨店店主、女優、人形作家、由良瓏砂のブログ

01« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 »03
12

30

23:11
Sat
2023

No.0532

広島旅情・後編 原爆ドーム、呉

翌朝はまず、ホテルの朝食バイキングへ。
細かい仕切りのあるお皿だったので、取ったおかずが混ざらないのが良かったです。
前夜はケーキくらいしか食べていないので、かなりしっかり目に頂きました。

LINE_ALBUM_20231114ー15広島_231230_16

ホテルをチェックアウトし、ホテルから路面電車で数駅の原爆ドームまで徒歩で向かいました。

LINE_ALBUM_20231114ー15広島_231230_15

この日も良く晴れていて、原爆ドームの背後に輝く太陽が、まるで爆弾の炸裂する光のようだと思いました。

LINE_ALBUM_20231114ー15広島_231230_14

不謹慎かもしれませんが、この廃墟と化した建物の造形を、美しいと思ってしまったのは事実です。

LINE_ALBUM_20231114ー15広島_231230_13

原爆ドームから真っ直ぐに伸びた線上に、原爆死没者慰霊像や祈りの泉、平和の門などいくつものメモリアル碑が建っているのですが、この時はそのうちの幾つかしか気付きませんでした。

LINE_ALBUM_20231114ー15広島_231230_12

これは、動員学徒慰霊塔。

LINE_ALBUM_20231114ー15広島_231230_11

そして平和記念公園内にある、平和記念資料館へ。
長崎でも行きましたが、ひとつひとつの展示品を見ていると、何時間あっても足りないのですよね。
さすがにここは、修学旅行生が多かったです。
本当は、広島原爆死没者追悼平和祈念館にも行きたかったのですが、もう時間が無くなってしまったので、次の目的地へ向かうことに。
歩行者道路に、チェーンレストランで料理を運んでいるようなロボットに広告が付いているものが走っていて、ちょっとびっくりしました。

電車で向かったのは、呉。

LINE_ALBUM_20231114ー15広島_231230_9

目的の施設は、大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)です。

LINE_ALBUM_20231114ー15広島_231230_8

建物へ向かう途中に港が見え、巨大なコンテナ船が浮かんでいました。
あんなに大きな船を見たのは、初めてかもしれません。
常設展と企画展がありましたが、両方回る時間はなさそうなので、常設展のみのチケットを購入。

LINE_ALBUM_20231114ー15広島_231230_7

LINE_ALBUM_20231114ー15広島_231230_3

ここは全長は26mの巨大な戦艦大和をはじめ、様々な戦艦の模型が展示されています。

LINE_ALBUM_20231114ー15広島_231230_6

また、零戦や回天の実物の展示も。
一番衝撃的だったのは回天の前で、人間魚雷に乗り込んだ兵士の遺言の肉声が、スピーカーでずっと流れていたことです。
なんとなく、写真に撮ることはためらわれました。

LINE_ALBUM_20231114ー15広島_231230_5

大和ミュージアム以外にも、周辺には大きなクジラの形の建物(海上自衛隊呉史料館)などもあり、気にはなったのですが、他の施設を回る時間がなかったので残念でした。

LINE_ALBUM_20231114ー15広島_231230_10

名残惜しいながら広島空港へ向かい、空港でお土産を物色。
短い時間ながら、いろいろな体験をすることができました。

LINE_ALBUM_20231114ー15広島_231230_1

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示