Rosa†Antica(ロサ・アンティカ) - アンティーク・レトロ雑貨店店主、女優、人形作家、由良瓏砂のブログ

09« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »11
09

18

23:52
Wed
2019

No.0267

Toru Nogawa×清水真理 「Alchemy theater― 錬金術の劇場―」

私の長年の友人であり、絵画のモデルを勤めさせて頂いている画家のToru Nogawa氏の二人展が、8月31日(土)~ 9月10日(火)有楽町のスパンアートギャラリーにて開催されました。

DM01_torunogawa_shimizu.jpg

Nogawa氏は毎年スパンアートギャラリーで、個展と二人展を交互に開催していて、今年はやはり私の古くからの友人である清水真理氏との二人展。
今年の展覧会タイトルは、 「Alchemy theater― 錬金術の劇場―」。
ご存知の方も多いと思いますが、スパンアートギャラリーは日本の錬金術研究の第一人者である独文学者、評論家の種村季弘氏のご子息である種村品麻氏が経営しているギャラリーですので、ぴったりのテーマだと思いました。
毎年、会期中にNogawa氏のメインモデルであるNaoko Shibuyaさんがピアノコンサートを開催し、私も朗読でご一緒させて頂いたこともあるのですが、最近はやはりモデルの一人である、DER ZIBETのISSAY氏が歌うことが多いように思います。
今年は9月7日(土) にNaoko Shibuya Salon Concert vol.9 『Le cinema ''ル・シネマ''』が開催されました。
例年通り、私も会場スタッフとして相方と共に伺いました。
いつもスタッフをご一緒するのは、同じくモデルの一人、オルガさん。
設営の前に、一度展示を拝見。
Nogawa氏の私を描いて下さった新作「柔らかな刻」を生で拝見できて感激!!

31670.jpg

昨年、Nogawa氏の開催している絵画教室のモデルをやった時のもので、自作の人形「マナセ」を抱いている姿を描いて下さったのが、何よりも嬉しかったのです。
皮膚や布の質感の滑らかさといい、表現力に益々磨きが掛かっていて、本当に素晴らしかったです。
もちろん、他の作品もそれぞれ素晴らしく、中でも奥の大きなISSAY氏とNaokoさんの絵は、暖色系の布の大胆な配色と人物の黒と赤の衣装が対照的で、インパクトがありました。
この絵の前でお二人が演奏するので、まるで絵から抜け出してきたような印象を与えるのです。
清水真理さんのお人形は、四大元素をイメージしたお人形たちの、衣装や髪の微妙な色彩が美しく、儚げでした。
ヘルマフロディトスなど、錬金術の象徴といえるお人形を作られているのもさすがです。

電子ピアノと椅子を配置し、会場設営が終わってリハーサルがスタート。
Naokoさんのピアノは19世紀フランスの印象で、とにかく優美。うっとりするような旋律です。
一方、ISSAYさんは一見クールながら、その実とても情熱的。声量が凄くて、キャパ50名程のスパンアートギャラリーでは小さすぎるくらい。
なのにご本人は「普段マイク通してるから後ろまで聞こえるか不安」と仰っていたそうで・・・。
ちなみに本番では、電子ピアノの音を圧倒していました。
ISSAY氏は筋肉のつき方がとても美しかったのでつい「何かトレーニングされてるのですか?」と尋ねてみたところ、ライブくらいで何もやっていない、とのお返事でした。
私は仕事後に直接来たのですが、二人展のお祝いでもあるので華やかな格好の方が良いかと、ドレスを持ってきていたので、着替えさせて頂きました。
Nogawa氏の絵には青系の色が多用されているので、ドレスも淡いながら水色のものにしてみました。

やがて開場時間も近くなり、お客様が並び始めました。
予定より、少し遅れてオープン。
私より相方の方が、受付の手順をちゃんと覚えていたという・・・。
立ち見も出てぎゅうぎゅうの状態で、コンサートがスタートしました。
前半はNaokoさんのピアノソロ、夢心地になったところで、ISSAYさん登場。
端正ながら情熱を秘めた美声を聞かせて下さいました。
終了後のレセプションパーティでは、顔見知りの方々とお話。
ISSAYさんのお客様は皆様優しくてフレンドリーで、私まで差し入れを頂いてしまったり、写真を撮って頂いたり、話し掛けて頂いて嬉しかったです。
一度に沢山の方とお会いする為、なかなか覚え切れなかったりで申し訳ないです。

31668.jpg

スパンアートギャラリーは建物の老朽化の為、現在の場所での営業は今年限りになるようです。
来年の展示とコンサートはどんな場所で開催されることになるのか、今から楽しみです。

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
09

09

23:54
Mon
2019

No.0266

H・P・ラヴクラフト聖誕祭 ~『ネクロスコープ』刊行記念、ブライアン・ラムレイのクトゥルー神話世界~

阿佐ヶ谷ロフトAにて毎年開催されている「ラヴクラフト聖誕祭」は、クトゥルー神話研究家の森瀬繚氏と、作家・ゲームクリエイターの朱鷺田祐介氏が主催するイベントです。
調べてみると、第一回開催は2012年。
その翌年の2013年3月15日から、命日を偲ぶ「邪神忌」も開始。
毎回、クトゥルー神話に縁のあるゲストを迎えて開催されています。
と言っても、ゆるいラヴクラフティアンである私は今までどちらも行ったことがなく、《哲学者の薔薇園》の常連のクトゥルフ勢の皆様のお話を聞くのみでした。
でも今回は、ブライアン・ラムレイ『ネクロスコープ』刊行記念ということで、薔薇園常連の一人である鵺さんこと、翻訳家の夏来健次氏が登壇するというのです。
しかし夏来氏、晴れがましい場は大の苦手という控え目な性格。
以前に豚蛇さんのクトゥルフ同人誌『玉石混淆』vol.3出版記念イベントを薔薇園で開催した際も、トークゲストの一人だというのに結局客席側から動かなかったくらいです。
一人では心許ないというので、同じく控え目だけどもうちょっと喋ることもある豚蛇さんを巻き添えにしてしまったとのこと。
薔薇園の常連お二人が登壇するなら行かない訳にはいくまいと、予約を入れたのですが、その前の予定の都合で残念ながらスタートからの参加は難しく、途中から伺うことになりました。

30435.jpg

ロフト系列のお店は何度も足を運んだことがありますが、阿佐ヶ谷ロフトAは初めてです。
着いたのはちょうど三部構成のうち一部目が終わった休憩時間の時。
ステージには森瀬、朱鷺田両氏に挟まれて、鵺さん豚蛇さんの姿が。
ステージ背後のスクリーンには「ラムレイの神話世界」ということで、神話生物の名前がずらりと並んでいます。
顔馴染みの皆さんは、クトゥルフイベントの時は大抵そうであるように、最前列に陣取っています。
休憩時間には物販でラムレイの本などを購入する方も多いようで、鵺さんはサインにかかりきりです。
何故か可愛らしいプーさんみたいな黄色いクマを象ったケーキが置かれています。
が、下の方の首の切り口?は赤く染まっています・・・。
後で森瀬さんのツイートを拝見したところ、グリーンランド西部で崇拝され、クトゥルーと同一視されるトルンガースクが、熊の姿をしているのだとか。
んー、ミ=ゴが雪男って言われているようなものかな?

この日の限定メニューは「本日の蜂蜜酒 チョーサーミード」「インスマス名物 白身魚の揚げ物」「絡み合う触手」でしたがご飯を食べる予定はなかったので、いつもならコーヒーを頼むところですが、この時はちょうどオカルティズム講座用の茶外茶の候補、コーン茶がメニューにあったので、頼んでみました。
コーン茶は美味しいとの噂通り、ほんのりポップコーン風味の甘みのあるお茶で、飲みやすかったです。

30433.jpg

そうしているうちに第二部が開始。
背景のスクリーンに挙がっている名前の生物たちを、豚蛇さんが解説していきます。
森瀬さん朱鷺田さんはとにかく弁が立つのですが、鵺さんなど振られないと本当に喋りません。
そこが却って、大御所らしさを醸し出していました。

豚蛇さんは、作品内のことで疑問がありラムレイに直接問合せて、返事をもらったそうなのですが、どうも日本に紹介される過程で色々齟齬が生じたりしているらしく、、色々聞いてもラムレイからは「そんなのは知らない」と言われることもしばしばだったそう。
ラムレイの奥さんから、レイ・チャールズの日本公演版のレコードを探して欲しいと言われ、見つけて送ったらお礼にサイン本をもらったなどのエピソードも紹介されました。
ラムレイは短編に定評がありますが、本人によれば長編に本分がある、との謂。
二部と三部の間の休憩で、私も「ネクロスコープ」上下を購入し、鵺さんいや夏来先生にサインして頂きました。

30434.jpg

最後には『ネクロスコープ』挿画の海野なまこさん新刊や、近日出版予定の森瀬さんの『未知なるカダスを夢に求めて』(ラヴクラフトで私が一番好きな作品!)の告知なども。
ドリームランドの地図にわくわくしました。
夏来氏はホームズ×クトゥルーもののアンソロジーの翻訳中だそうです。
そんなこんなで、イベントは穏やかに終了。

ちなみに『ネクロスコープ』、今下巻の1/3程まで読み進めているのですが、なんとまだクトゥルー要素が出てきていません!
かなり読みやすいので、読み終わったらラムレイの旧作にも手を出してみようかなと思っております。
夏来氏の翻訳書には、ラムレイなどクトゥルフものの他に、 ロバート・ブロック『サイコ』、スティーヴンスン『ジキル博士とハイド氏』 (創元推理文庫)などもあります。
見かけたら是非、お手に取ってみて下さいね!

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村


09

04

22:04
Wed
2019

No.0265

《哲学者の薔薇園》オカルティズム講座第四回「儀式的音楽」レポート

少し時間が経ってしまいましたが、8/16(金)に宇田川岳夫氏をゲストにお招きして開催した、オカルティズム講座第四回のレポートです。
宇田川さんは私が参加していたgROTTESCO△sEPHIRAHや主催しているMONT★SUCHTの公演観にいらして下さったり、というお付き合いはありましたが、主催されている隔月開催のDJイベント「盤魔殿」へは、お伺いする機会がないままでした。
4月に盤魔殿のお知らせを頂いて、初めて全容を知ったのですが、数秘術や魔術、シャーマニズムなどの研究者や実践家が大勢参戦するらしく、しかも会場が家から近い!
伺ってみたところ、人の詰めかけた会場ではDJイベントだというのに儀式が行われており、混沌としたエネルギーが渦巻いていてかなりカオティックな空間になっていました。
これは是非講師にお願いしたい、とお声がけし、過去に行った講演をまとめて、「魔術的音楽」のテーマで講義を行って頂くことになりました。

前もってお送り頂いた講義資料が、なんとスライド140枚分ほど。
これ全部を90分で喋るのは難しいのでは、と思ったのですが、とりあえず縮小してプリントアウト。
参加者にも配布予定だったとのことですが、さすがに膨大になってしまうので、後で希望者にpdfファイルでお送りすることにしました。

今回は宇田川さん頼りで、私は大してやることがなさそうですが、とりあえず当日お出しする飲み物を選定。
幻覚作用のあるお茶、といきたいところですが、流石に何かあったら困るので、茶外茶から探します。
とにかくたくさんあるので、入手しやすくて美味しそうなもの、ということで黒豆茶と玉蜀黍茶をピックアップ。
スーパーで黒豆を発見し購入。玉蜀黍は、ポップコーンの元として乾燥したものが売られています。
焙煎したら全部ポップコーンになるんじゃないか?と思い、今回は黒豆茶にすることにしました。



さて当日。飛び入りの方も入れて、程好く満席。
この日は何とホームグラウンドである渋谷DJ BAR EdgeEndでの盤魔殿Vol.27の開催日と重なっており、宇田川さんは講座終了次第そちらへ向かうとのこと。
前回「魔女術」でもご紹介した、ネオ・ペイガニズムあたりの紹介から入ります。
カリフォルニアで花開いたヒッピー・ムーブメントには、音楽関係者のみならず身体変工者ファキール・ムサファーなどもいる。
スロッビング・グリッスル、サイキックTVの中心人物であるジェネシス・P・オリッジが、奥さんと同一化する為に整形手術をしたという逸話も紹介されます。
「象徴学体系」の著者マンリー・P・ホールも周辺人物の一人で、彼の弟子にヤホア13を設立したFather Yodもいるとのこと。
異郷復興運動はハイペルボーリアを理想郷とするとなると、クトゥルフ神話とも繋がるのか?ちょっと気になります。

2019816_190904_0008.jpg

魔術の系譜ということで、イタリアの思想家ジュリア・エボラが紹介しているクレメルツの話。
エボラはフランスの伝統主義者ルネ・ゲノンの影響を受けているそうです。
ゲノンも第一回で軽く触れましたが、私も気になりながらまだ読めていない思想家です。
共産主義グループ赤い旅団がクレメルツを復刻したとのことで、今後の研究が待たれます。

「ヒトラーの女祭司」サヴィトリ・デヴィから影響を受けた、メンバーを殺害したブラックメタルのミュージシャン、ヴァルグ・ヴィーケネスについて。
アレクサンドル・ドゥーギンの新ユーラシア主義。
などなど、一つ一つを取り上げても一回の講座内容に匹敵する程のボリュームでした。
八幡書店の武田崇元氏が編集長を勤めていた「地球ロマン」という雑誌の紹介もありました。
執筆者は由良君美、四方田犬彦、武邑光裕、荒俣宏など錚々たる顔ぶれです。
元ZELDAの小嶋さちほ氏は、なんと今カタカムナを布教する為の音源を作成しているとか。
最後に、日本のオカルトシーンの要となる場所が静岡、群馬、京都にあるというお話。
カレント93のメンバーと親交のある、鈴木大治氏の経営する「あべの古書店」が静岡市にあるのだそうです。
鈴木氏とKONORI氏の活動していた劇団のお話などもあり、非常に興味深かったです。

最後の最後で、私がYBO2の故・北村昌士氏に引き合わせてもらった、Neither/Neither Worldについて紹介。
こちらの記事もご参照下さい。

2019816_190904_0004.jpg

終了後、急いで盤魔殿へと向かう宇田川さん。
宇田川さんには、これからも《哲学者の薔薇園》でイベントを開催して頂ければなと思っております。
盤魔殿も、機会があれば是非行ってみてください!

2019816_190904_0011.jpg

そして次回9/20(金)のオカルティズム講座第五回、テーマは「錬金術―精神の変容―」
《哲学者の薔薇園》のコンセプトの根底となっている学問でもあります。
「相反物の一致」という構造を内包する学問である錬金術の、歴史と思想、象徴体系、その成果などについてご紹介します。
お申し込みはこちらからどうぞ。

takabatake.jpg
告知画像:Toru Nogawa[Le Requiem] カンバスに油彩

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。




にほんブログ村
08

28

23:55
Wed
2019

No.0264

お顔をちょうだい 老婆の呪面

もともとホラーは好きですが、最近特にホラーづいている私。
noteにも、ホラー映画ネタで記事を書いてみました。

そしてもう2週間も前になってしまいますが、うかい亭の翌々日、友人知人が多数出展している、有楽町の交通会館で開催している「幻獣神話展」を、知人でゲームプロデューサーのこばん氏、CGアーティストのブン氏と観に行ってきました。
幻獣神話展は相変わらず素晴らしかったのですが、近くのギャラリーで幻獣神話展出展者の山田雨月さん個展が同時開催中で、そこにあった山田さんとるるい宴青木氏のコラボ帽子にロックオンされてしまい、翌日改めて買いに行ってしまいました・・・。
青木氏は以前からクトゥルフモンスターの帽子を編んでいるのですが、今回はブルガリアのお祭りに登場する「クケリ」をモチーフとした山田氏の「ムウムウ」デザインの帽子を編まれていて、それがなんとも可愛らしく、つい手を出してしまったのです。
それはともかく、交通会館の最上階が回転する展望レストランだとのことで、「レトロ喫茶東京」の新任ライター瑠璃さんが取材に行ってきたばかりの「スカイラウンジ」で、会場でばったりお会いした銀座オプティミストのまちさんも交えて会食。

2019813_190828_0029.jpg
頂いたのは、「ふわとろチキンオムライス ボルドレーズソース(ハーフサイズ。スープ、サラダ、プティデザート、コーヒー付き)」

展望レストランは楽しかったけれども若干酔ってしまったのですが、ブンさんのあまりにも波乱万丈なエピソードに圧倒されっぱなしで、回転の酔いもどこかへいってしまうくらいでした。



そして、相方と次なる目的地の東京タワーへ!
お化け屋敷「お顔をちょうだい 老婆の呪面」が目的です。
ちなみに相方はホラー映画とか大嫌いで、一緒に観ていても「怖い」と途中で去ってしまうのですが、自分で体験する方は大丈夫という、ちょっと変わったタイプ。
東京タワーはいつぶりだろう。前回来た時は、水族館で主のような巨大ウツボに会いました。
つい二日前に行ったうかい鳥山亭と同じうかいグループの、とうふ屋うかいを横目に見ながら、東京タワーに到着しました。
祝日なのでそれなりに混んでいます。
さっそく地下へ。こちらは、運良くそんなに混んでいませんでした。

2019813_190828_0022.jpg

部屋の中でVRゴーグルとヘッドフォンを付けて、ストーリーを体験してから、ウォークスルーへと進むようです。
待っている間、前のグループの男性二人組がものすごくギャーギャー叫んでいます。
「そんなに怖いのかな」と、ワクワクしてきました。
さて、いよいよ入場。
ペア3組の計6名で輪になって、スタッフさんの指示に従い、ヘッドフォンとゴーグルを装着しました。
ダイバーシティ東京プラザのMRお化け屋敷「コリドール」程ではないだろうけど、かなりリアルな体験ができるかな、と期待したのは、東京ジョイポリスの「生き人形の間 赫」がヘッドフォンだけだったのにかなり怖かったので、ゴーグルまで着けたら相当なのではないか、と思ったからです。
ゴーグルを着けると、妖しい仮面の手招きする古い長屋の間を通り抜け、古びた座敷へ。
囲炉裏端に車座で座る、仮面を着けた人々の姿が見えました。
暗がりから、出刃包丁を持った老婆の姿が現れて・・・。

これ以上はネタバレ防止の為、言わないでおきますね。
で、怖かったかどうかというと、「生き人形の間」には負けるかなあ、という感じでした。
音声が特に、臨場感がなかった為かと思われます。
むしろ、ウォークスルー部分は短かったですが、結構怖かったかな。
「(6人)一緒に行かれますか?」とスタッフさんに聞かれて、どうせなら、と2人で行くことにしたのですが、短い割にお化け何人も出てきたし。 
出口で仮面を着けて、スタッフさんが記念写真を撮ってくれます。

2019813_190828_0052.jpg

2019813_190828_0051.jpg

後から知ったのですが、この後参加することになったゴシックバー・プラシーボ《真夏のホラーナイト!》の参加者の一人であるキャンドルアーティストの櫻井園子さんが、なんとここでMCをされてたそうなのです!
あまりの偶然にびっくり。

お化け屋敷を出て、メインデッキで「天の川イルミネーション」&プロジェクションマッピングが始まるらしいので行ってみよう、と展望エレベーターへ。
天井にはきらきら光る、天の川のイルミネーション。

2019813_190828_0014.jpg

少し待つと、映像が始まりました。
床や窓に、ひまわり畑や金魚、花火などの映像が投影されます。
割とあっという間に終わるのですが、すぐにまた始まるので、何度でも楽しめます。
相方が撮ってくれた写真が、とても幻想的でした。

2019813_190828_0047.jpg

2019813_190828_0034.jpg

一つ下の階では、「にしのあきひろ 光る絵本展」が開催中でした。
にしのさんの絵本は、キャラクターがちょっと好みではないのですが、世界観がとても素敵だと思います。
フットタウンへ戻り、お土産物屋さんを覗いて、マザー牧場カフェでパフェを食べて、帰路に着きました。

2019813_190828_0001.jpg

次はどこのお化け屋敷に行こうかな。

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
08

22

02:28
Thu
2019

No.0263

知人の██氏に招かれてあなたはここへ来た

さて、もう一つのイベントは、千駄木ギャラリー幻で開催のクトゥルフ神話作品展。
ギャラリー幻さんへは以前からチラシを置かせて頂いたりとお世話になっていて、もちろん展示も何度か拝見しに伺っていますが、
考えてみたら展示に参加させて頂くのは初めてです。
以前「三隣亡展」及び「ク・リトルリトル・ショップ・オブ・ホラーズ」に出展した標本作品をお気に召して頂けたようで、有難いことにお誘いを頂きました。
折角参加するのだから、新作も作ろう!と意気込んでいたのですが、残念ながら全く時間が取れず。
一応アイデアは固まっていて、材料もある程度揃っているので、あとは制作時間だけなのですが。
もし会期中に作れそうでしたら、追加納品するかも知れません・・・。

**********
クトゥルフ神話作品展「知人の██氏に招かれてあなたはここへ来た」

ある日、あなたは知人の██氏から妙な相談を受けた。
ここ数日、氏の父親が行方不明になっているという。
「父は、失踪する前に何か奇妙な事件について調べていたようだ……」

そして今日――知人の██氏に招かれてあなたはここへ来た。



この度、Gallery 幻 では「日本的クトゥルフ神話:畏怖と異形の美」をテーマに企画作品展を開催いたします。
作家H.P.ラヴクラフトのホラー小説と彼に続く多くの創作家によって紡がれてきたクトゥルフ神話。
これまで弊廊では2017年『クトゥルフ神話展』、2018年『クトゥルフの晩餐』と二回の企画を開催しました。
今回の展示では和洋折衷な弊廊の空間を舞台としつつ、原点であるラヴクラフトの小説のような、畏怖、狂気、恐ろしくも異形の美をイメージした作品を各作家が制作します。

※注:この企画は美術作品展です。LARP、TRPG等のゲームイベントではありません。

会期:8月25日(日)~9月8日(日)
    休廊日 28(水)、29(木)、2(月)、3(火)、7(土)
時間:15:00~20:00
料金:無料

出展:ar=ma、今村建朗、sg、棘女、小林義和、髙橋美貴、寺坂マヨ、hiroco、由良瓏砂

主催・企画・会場:Gallery 幻
企画協力:ar=ma / 寺坂マヨ / hiroco

※レセプションパーティー詳細準備中

Ct18bK3UsAAvRV_.jpg

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村